ママライフ

ワーママ必見!「入学前にも利用できる?」「夏休みは?」学童保育のあれこれ


この春、我が子が保育園や幼稚園を卒園し、ランドセルを背負って小学校へ通う姿を想像するのは、とても喜ばしいことでしょう。その一方、働くママにとっては、放課後や長期休みの過ごし方に不安があるかもしれませんね。
筆者は、小学4年生、6歳と3歳の保育園児の子どもがいるフルタイム勤務のワーママで、第1子が小学1年生の頃から学童保育を利用していました。
多くのワーママが学童保育を利用すると思いますので、今回の記事では、筆者の体験を交えながら学童保育のギモンについてお答えします!

「学童」ってどんなところ?

新学期から学童への入所を考えている場合、お住まいの地域によりますが、前年の秋~年始にかけて募集が行われている場合が多いです。

学童は、大きく分けると以下の3種類から構成されています。
1.公設公営
自治体が主体になって運営しています。放課後に学校の敷地内などで運営されている場合が多いです。
2.公設民営
自治体の補助金交付を受け、学校の敷地外で運営しています(筆者の子どもはこのタイプの学童に通っていました)。
3.民間
自治体の支援がないため、保育料は高額ですが、送迎サービスや英語教育などを実施したりしている場合が多いです。

なお、各学童で定員が設けられていますので、定員に達すると入所することができません。お子さんの通いやすさや費用などを考慮し、早めに入所希望の学童を決め、アプローチしておくとよいでしょう。

それぞれの学童によって詳細は異なりますが、筆者の子どもが通っていた学童(公設民営)の概要を紹介します。

項目 内容
対象児童 近隣区域の小学1年生〜6年生
開所時間 平日:放課後~19時半まで(19時~19時半は延長保育)
長期休暇など:7時半~19時半まで(7時半~8時、19時~19時半は延長保育)
入所金 10000円
保育料 12000円/月(割引制度あり)
延長保育料 朝夕ともに300円/回(夕食の提供なし)
その他の費用 給食代、おやつ代、教材費、傷害保険料など
過ごし方 まずは、その日の宿題を終わらせます。その後は、学童内あるいは近隣の公園で自由に遊んだり、子どもたちによるイベントが開催されたり、日々楽しく過ごせる工夫が施されています。
指導員 自治体ごとに「放課後児童指導員」有資格者の配置人数が決められています(筆者の子どもが通っていた学童には、約50人の児童に対し、常勤指導員2名、非常勤指導員2名がいました)。
保護者会 学童の運営や、学童内・町内でのイベントへの協力など、それぞれの家庭に担当が割り振られます(年に数回、週末に活動)。

新1年生の卒園後から入学式までの預かり先は?

共働き家庭の場合、「卒園~3月31日までの預け先」と「4月1日~入学式までの預け先」の準備を忘れずに行いましょう。
3月31日までの預け先は主に卒園した園になるかと思いますが、もし卒園式以降に園に通うことができない場合、パパやママが交代で有休を取ったり、親族やファミリーサポート(※)・ベビーシッターなどの対応が必要になります。なるべく早めに対応策を練られるように、園に確認を取りましょう。

4月1日以降であれば、入所予定の学童で入学前のお子さんも受け入れてくれる場合がありますので、確認してみてください。もし学童での対応が難しい場合は、3月31日までの対応と同様の準備をしておきましょう。
なお、筆者の子どもの通っていた学童の場合、4月1日から受け入れ可能でした。実は、子どもが通っていた保育園から同じ小学校に行く子がひとりしかいなかったので、親子ともども入学がとても不安だったのです。しかし、入学式前から学童に通うことで、小学校内の知り合いが増え、安心して入学式を迎えることができました。

※ファミリーサポート(ファミリー・サポート・センター事業)とは、乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦等を会員として、児童の預かりの援助を受けることを希望する者と、当該援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行うものです(参照:厚生労働省HP)。
各自治体ごとに窓口が異なりますので、詳細はお住まいの自治体のホームページなどで確認しましょう。

お迎え時間までのタイムラグの埋め方は?

学童の預かり時間が終わってから親がお迎えに行くまでに、仕事の都合などでタイムラグが発生する場合もあるでしょう。その場合、筆者の友人の多くは以下の対応を取っていました。参考までに紹介します。

1.学習塾に通わせる
学習塾だと、夕方からスタートする教室が多いので、活用している人が多かったです。塾がない日でも自習室を使える場合もあり、重宝しているようでした。
2.ファミリーサポートやベビーシッターを利用する
学童から自宅に一緒に帰ってもらい、親が帰宅するまで過ごしてもらう家庭も多かったです。シッターさんとの交渉次第で夕食を食べさせてくれる場合も。

習い事はできる?

公設公営の学童の場合は難しいかもしれませんが、公設民営や民間の学童の場合は、学童の時間の途中に習い事に行って、戻ってくることが可能なところもあります。どうしても平日に習い事に通わせたい場合は、入所前に学童に確認するとよいでしょう。
なお、今では週末に習いに行ける教室も増えたので、土日に習い事をしている子も多かったです(筆者の子どもも週末に3つの習い事をしていました)。

長期休暇(夏休み・冬休み・春休み)は学童に通える?

長期休暇の間も、ほとんどの学童が開所しています。しかし、以下については事前に確認しておくとよいでしょう。

・開所時間と祝日近辺(年末年始、お盆休み)の開所有無
・中抜けして習い事に行ってもよいか?
・昼食の準備は?(給食があるのか、弁当持参なのか)

ちなみに、筆者の子どもが通っていた学童では、長期休暇期間中にショッピングモールに映画を見に行ったり、陶芸教室に行ったり、大きな公園に遊びに行ったりと、毎週イベントが開催されていて、とても楽しそうでした。
昼食は、週に1回お弁当の日がありましたが、学童で宅配弁当を頼むことも可能でした。

学童は共働き家族を支えてくれるパートナー。入所が楽しみですね!


学童では、指導員をはじめ、上の学年のお兄さん、お姉さんと交流できます。小学校だけでなく学童にも入所となると、心配なことも多いかもしれませんが、一緒に宿題をやったり、保育園とはまた違ういろいろな遊びを教わったり、楽しいことも待っています。
筆者の場合、小学校生活で気になったことは何でも、学童のベテラン指導員さんに相談していました。いつも的確なアドバイスをくれたので、本当に助かりました。

学童は、子どもだけでなく、パパやママも応援してくれる心強いパートナーです。ぜひ一緒に学童生活を楽しんでくださいね!

この記事を書いたライター

nanahiさん

小学4年生の女の子、6歳と3歳の幼稚園児の男の子のママ。元メーカー人事で、採用・育成・労務管理など幅広く担当。夫の転勤を機に退職し、現在はフリーランスとして活動。国内・海外を子どもと一緒に旅しては、雰囲気の良いカフェに訪問するのが大好き。語学学習も趣味で、今は英語と中国語を学習中。

nanahiさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。