ママライフ

失敗から学んだ赤ちゃん連れキャンプのマストアイテム

わが家には、やんちゃ盛りでつねに落ち着きのない5歳の息子、気になるところには自分で行きたい歩きはじめたばかりの1歳の娘がいます。
この夏、キャンプ好きの友達に誘われ、合計3家族で、東京から約1時間強で行ける神奈川県唯一の村、自然あふれる清川村へキャンプに行ってきました。

キャンプなどのアウトドアには初心者なわが家。お友達に声をかけてもらったことをきっかけに今回赤ちゃん連れでのキャンプに挑戦してみたのですが、考えていたよりずっと楽しく、キャンプグッズをまったく持っていなくても気軽に楽しむことができました。
今回は赤ちゃん連れのキャンプ場の選び方や持っていけばよかったものなど、行ってみて分かったことを紹介します。

赤ちゃん連れキャンプで絶対にゆずれないこと

5歳の息子だけであれば、水分補給とほどよい休憩を取らせられれば、多少の暑さ寒さも気にせず、楽しくワイルドに過ごせます。でも、体力もそこまでない1歳の娘がいることを考え、今回は以下3点をマスト条件にキャンプの計画をたてました。

1.自宅から近い(1時間前後)キャンプ場であること
まだまだ長い時間座っていることのできない娘。行きや帰りに多少渋滞に巻き込まれてもそこまで時間がかからない距離というのはマスト条件でした。
とはいえ移動中にはなるべく寝ていてほしいので、午前中のお昼寝タイムに合わせて出かけるなど工夫をしました。

2.冷暖房完備のバンガローに泊まる
私が行った時期は8月と真夏だったこともあり、熱中症がとにかく心配。上の子が楽しく遊んでいるのを横目に見つつ下の子を涼しい場所に逃がせる場所があるキャンプ場にしました。
冷暖房完備・バス・トイレ付のバンガローに宿泊し、お風呂・トイレ・おむつ替えもラクチン。さらにガスコンロもあったため、娘の食事はバーベキューとは別で簡単に用意することができました。

3.帰りがけに温泉施設がある立地
遊びに遊んで、夕方ごろ帰路につく場合は、近くに立ち寄れる温泉やスーパー銭湯などがあると便利。汗や汚れをさっぱりして少し簡単に食事もできて、そのまま寝ちゃって朝までということになっても、お風呂に入れているだけで本当に気持ちがラク。
帰りの運転前のリフレッシュにもなるので、キャンプ準備と当日の子どもとの遊びに疲れたパパの一休み休憩にもおすすめです。

わが家の失敗談に見る教訓

・初日のお昼ごはんの下調べ不足
キャンプ初日はお昼頃到着して、そのままキャンプ場近くの川で釣り体験。「釣った魚はその場で食べられる」ということだったので、「お昼ごはんはその近くで釣った魚と何かが食べられるかな」と準備しませんでした。
実際は川のすぐそばの小さい小屋が事務所になっており、その近くで魚を焼くところはあるけれど、その他に軽食などはなく、食べるところの準備もないためほぼ立ち食い。赤ちゃんがいるわが家には少しハードルが高かったです。

結局娘は食べられるものを現地調達はできず、お茶と朝ごはんに食べたおにぎりの残りを食べさせて、あとはお菓子でなんとかごまかしました…。
飲み物はクーラーボックスに大量に入れていたので、その点は良かったのですが、やはり最低1食分は「何もない」という事態を想定して、パンなど何かしら簡単につまめるものを用意するべきだったと思いました。

・簡単な日よけテントなどの準備不足
川遊び用にと、レジャーシートやイスは持って行っていたのですが、日よけになるタープなどを持っていませんでした。ひと休みする場所は必然的に木陰につくることになり、そうすると遊ぶ場所から少し離れてしまい、娘を休ませながら息子を見るというのが難しく…。遊ぶ場所の近くにタープなどで日よけを作ればよかったと思いました。

歩きはじめの娘には、ゴツゴツした川辺は歩きづらく移動は抱っこ。遊ばせるときは平らな川辺をみつけて座らせ、休ませるときは持って行ったイスを活用しました。

・万全の虫除け対策!のはずが…
赤ちゃんの薄い皮膚に虫刺されは危険! できる限りの虫除け対策をと、私が用意したものは以下3つ。

・バンガロー用に電池式の虫除け
・屋外用に強力なタイプの蚊取り線香
・動きまわる子どもにはこまめにハッカ油スプレー

特にハッカ油スプレーは重宝! こまめにシュッシュしたおかげか、キャンプ場や川辺で遊んでいるときには、虫刺されに悩まされることはありませんでした。
しかし! 帰りがけに温泉に寄ったわが家。たっぷりなお湯に癒されお腹もいっぱいになり幸せな気持ちで帰宅。2人の子どもも思惑通り車で寝てくれ、そのままベッドに直行。朝まで起きずにウシシ…と思っていたら翌朝の1歳の娘の目が、虫刺されで試合後のボクサーのように。
温泉までは常にシュッシュしていたのですが、お風呂の後はもうキャンプ場も離れていることもあり、何もしていませんでした…。「虫除けはこまめに最後まで油断せず」を改めて心に刻みました。

今回わが家がお世話になったのは

【谷太郎キャンプ場清川リバーランド】

都心から約1時間ほどでアクセスも良好。神奈川県愛甲郡清川村にあるキャンプ施設。5分ほどの距離には【道の駅 清川】があり、地元農家さん毎朝届けてくれる新鮮野菜や卵がそろっていて、20分ほどの距離にはスーパーもあるので、現地付近での食料調達に困ることはありません。
コテージは冷暖房完備、バス・トイレもあり、調理器具も食器もあらかたそろっていてガスコンロもあり、清潔なお布団も用意されています。
バンガローの隣では屋根付きの場所でバーベキューもでき、魚のつかみ取りもできちゃいます。
今回は3家族でコテージ・バンガローを借りたので、それぞれを行き来しながら楽しみました。

息子は川で遊び、虫をみつけ、大自然の中で走りまわって大満喫していました。娘も川で石を拾っては落としたり、夜は花火にくぎ付けになり、初めての経験がたくさんできました。
これからの時期の子連れお出かけに悩んだら、都心からすぐなので、秋キャンプをぜひ!

谷太郎キャンプ場清川リバーランド http://k-riverland.jp/

この記事を書いたライター

水玉445さん

水玉と草間彌生をこよなく愛する、5歳男子・1歳女子の母。ファッション、カルチャー、アート系の雑誌チェックが日課の活字中毒。ヒマさえあれば何か読んでます。 水玉アイテムのお洋服探しがライフワーク。

水玉445さんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。