ママライフ

子ども2人は任せておけ!ママを1泊旅に送り出したパパの泣き笑い記録

わが家は私と夫、5歳の息子、1歳になったばかりの娘の4人家族。夫婦ともに働いていて、子どもは2人とも保育園に通っています。夫は平日はかなり忙しく、朝の保育園の送り以外はほとんど子どもと関わる時間はなし。当然、私の育児・家事のウエイトが大きい毎日です。
そんなある日、夫が疲れきっている私を見かねて、「リフレッシュしておいで」と女友達との1泊2日の旅行に送り出してくれたのです。私的には、娘がまだ幼く、寝かしつけなどにも不安があったのですが、夫は「なんとかなるから」と。
帰宅してから聞いた、パパの泣き笑いの2日間を紹介します。

パパと子どもたちの普段の様子と私の心配

5歳の息子はパパ大好きっ子。パパと一緒にいるだけでテンションが上がり、ご機嫌に。私が不在時は、妹大好きお兄ちゃんとして、パパを助けてくれるであろうことが予想されるので、心配なし。
娘は以前、生後7か月頃でパパに初めて預けたときは、ギャン泣きして大変だったことがありましたが、今では数時間のお出かけでも、私がいなくなればパパとの時間を楽しんでいます。パパと一緒に数時間外出しても、家を出てから帰るまで一度も泣くことがないという状態です。
また、お風呂もパパが2人の子どもを一緒に入れるところから、パジャマに着替えさせるまでの1セットは難なくやってくれるようになりました。

ただ、娘は一度機嫌が悪くなると、ものすごい大きな声で泣きながら、ママ以外の近寄ってくるすべての人を拒否します。そうなったときにどうするのか…。
そして、今回の旅での一番の不安がもうひとつ。それは授乳。いまだに夜寝る前や夜中の寝ぐずりの時などは授乳をしていたので、寝かしつけや寝ぐずりをどうやって乗り切るのかが気になっていました。

「送り出すときの気持ち」を聞いてみると

まず、夫に私を送り出すと決めたときの気持ちを聞いてみました。
「最近の息子に対するせっぱ詰まった様子を見ていて、『これはリフレッシュが必要だろう』と考えて。家のことや子どものこと、仕事から離れて出かけたらいいんじゃないかと思った。ちょうど友達からの誘いもあったから、『行った方がいいよ』と。ママ自身は不安も迷いもあったようで、旅行前にいろいろ心配をしてオタオタしていたけれど、こちらとしては1泊2日だし、下の子の寝かしつけをしたことがなかったので、その点は不安というか、想像がつかなくて。『最悪、何も食べなかったとしても水分はとれるから何とかなる』とあまり深く考えていなかった」とのこと。
不安感よりも、「とにかく気持ちよく旅行に行かせよう」と考えていたそうです。

旅の当日の過ごし方は?

いよいよ旅の当日。夫の考えた作戦は、「ママが家から出かけて娘が残されるとギャン泣きするので、子どもたちと自分が出かけているうちに、ママに出かけてもらう」というもの。
いつもは連れていかない息子のスイミングに一緒に行くと、娘は待合室でウキウキと遊び始めたそうです。その間に、私は出発。
家に帰ったときはママはいない状態でしたが、そのことに娘は特に疑問は持たなかった様子。そのまま息子と遊んでいたそうです。
夫が気を遣ったことは、機嫌が悪くならないように、いつもより家の中のルールをゆるくすること。たとえば、普段は食べないテーブルで食べてみたり、長い時間は見せていなかったテレビをつけたままにしてみたり。
雨が降っていたこともあり、とにかくゆっくりゆったりと過ごしたようです。特に娘がニコニコしながら遊ぶモノには飽きるまで徹底してつきあったそう。

ママ不在に気づいた娘がギャン泣き!どう乗りきった?

さて、夜ご飯もおわり、お風呂も楽しく無事終了。
そろそろ“寝かしつけ”という未知の時間が迫ってきたときには、さすがに一抹の不安を感じたとのこと。でも、『なるようにしかならないだろう』と自分に言い聞かせつつ、ママがやっているように、寝る部屋に「おやすみだよ〜」と連れて行き、ベッドの上に置いたら…その瞬間からギャン泣きがスタート。一気にすべてを察したかのように、泣きに泣いて約20分が経過したそうです。

初めはなんとかしなきゃ!と、ママの見よう見まねでトントンしたりなどできることはがんばってみたという夫。しかし、娘から手を振り払われ、激しく頭をいやいやと振られ…。『もうパパにできることはないな…』と感じてからは、ただただ見守りに徹することに。真っ暗な部屋の中で触らず話しかけず、ベッドから落ちないように見守ること、1時間…。そのうち娘が泣きつかれウトウトしてきたときは、声を殺してガッツポーズ!

娘には「お母ちゃんじゃなくてごめんね」と思いながらも、スヤスヤ寝ている姿を見てひと安心。その後も何度か寝ぼけて起きて泣いて、を繰り返したけれど、必殺“見守る作戦”で乗りきったそう。その後は、いつの間にか自分自身も寝落ちしていた、と笑っていました。

ママなしの1泊2日過ごしてみて思ったことは?

夫にこの1泊2日の感想を聞いてみると、まず「強がって全然大丈夫!と送り出したものの、どうなるのかなと多少なりの不安もあった。初めてひとりで、子どもとつきっきりの2日を過ごして、これを毎日続けているママは本当に大変だなと痛感した」とのこと。
それから、「今回、娘には淋しい想いをさせてしまったけれど、案外、自分もできるじゃん!という小さな自信も芽生えた。この旅行以降、娘もだいぶ自分に慣れたなということが実感できるし、自分もこれまで以上に楽しく娘と向き合えるようになったと思う」と話してくれました。

今回夫に話を聞いて、娘の夜の涙に申し訳なく思いつつも、3人にとって濃い時間を過ごしていたんだなとホッとひと安心。
そして、息子が生まれて以来の本当に自分だけのための時間を過ごすことができた今回の旅行は、もちろんリフレッシュにもなりましたが、それ以上に今の時間のありがたさも感じました。日々、息子に怒ってばかりになってしまっていましたが、「こんなふうに、四六時中一緒にいてくれる時間はあとどのくらいなのかな」と考えて。
大変な毎日なのは変わりないけれど、今この時間を大切にして、たくさん楽しいことを一緒にしたい!と思わせてくれました。
そして最後に、夫が私の日々の大変さをちょっとでも感じてくれたことに「ニヤリ」としてしまったのでした(笑)。

読者限定 RIZAPトライアルモニター募集中!
「シェイプアッププログラム」を4万9800円(4回・税別)でお試し。
さらにモニター謝礼として1万円のキャッシュバック!
さらにモニター終了者から抽選でクオカード3000円分を100人にプレゼント。
さらに本コースへの入会金5万円無料。
店舗により受け入れ制限がかかる場合が想定されますのでお早めにお申し込みください。
申し込みはこちら ⇒
http://r.living.jp/rizap/enfant/blog201907
申し込み〆切:2019年8月31日(土)

この記事を書いたライター

水玉445さん

水玉と草間彌生をこよなく愛する、5歳男子・1歳女子の母。ファッション、カルチャー、アート系の雑誌チェックが日課の活字中毒。ヒマさえあれば何か読んでます。 水玉アイテムのお洋服探しがライフワーク。

水玉445さんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。