ママライフ

早生まれは大変?園生活を振り返っての先輩ママの反省と気づき

幼稚園入園時、早生まれの子どもは3歳になったばかり。一方4月生まれの子どもはすぐに4歳です。この時期の発達の差はまだまだ大きいですよね。早生まれの子どものパパやママは、保育参観や行事のとき、まわりの子と比べてしまい、焦りを感じることもあるかと思います。

筆者の息子も3月生まれ。卒園して園生活を振り返ると、「もっとこうしていればよかった」と思うことも…。そこで、早生まれの子を持つ親が、園生活を送る上で気をつけたいことを、先輩ママと幼稚園の先生に聞いてみました。

先輩ママが、入園してから意識的に気をつけたこと


今まで周囲と比べていなかった人でも、集団生活では「まわりの子はできるのに…」と焦ってしまうこともあります。早生まれの子を持つママが意識的に気をつけていたことを聞いてみました。

まだ上手に話せなかったので、嬉しいとき、悲しいときの子どもの気持ちは、代わりに親が言葉にして伝えてあげた。
M・Oさん(3月生まれ)

できることはよりほめて、苦手なこともチャレンジできるように応援した。
Y・Aさん(3月生まれ)

特に気をつけたことはなかったが、まわりと比べないことを心がけていた。
K・Kさん(2月生まれ)

まわりに早生まれの子が多かったので、無意識ではあるが同じ月齢の子と遊ばせていた。
A・Oさん(1月生まれ)

園生活のできごとはしつこく聞かず、本人が嫌がらない程度で聞いていました。
H・Hさん(3月生まれ)

筆者の息子が年少のときは、登園の別れ際に「ママと一緒にいたい、幼稚園に行きたくない」と泣いていましたが、慣れない場所で頑張っているのだから、否定せず気持ちに寄り添うように心がけました。
また、自宅に帰ってきてからは、わがままを言ったり甘えてくることもありましたが、頑張って疲れているのだと気持ちを受け止めるようにしていました。

先輩ママが園生活を振り返って、もっとこうすればよかったと思うポイント


いくら気をつけていても、過ぎてみてから気づくこともたくさんあります。園生活を振り返って、もっとこうすればよかったと思う後悔ポイントも聞いてみました。

「できないこと」に目を向けるのではなく、「できたこと」に気づいて、もっと小さなことでもたくさんほめてあげられたらよかった。
M・Oさん(3月生まれ)

園では集団生活なので、まわりに合わせなくてはいけないと時間が気になり、急かしたり怒ってしまったことを反省している。もっと子どもの目線で教えてあげたり、応援してあげたかった。
Y・Aさん(3月生まれ)

運動会などのイベントで、年少さんが自由に振る舞う姿を見て、この年齢の子どもはこれでいいのだと気づきました。わが子が年少時に、同学年の子と同じ行動ができないことも悩まなくてよかったのだと思いました。
A・Oさん(1月生まれ)

言われたことへの反応がなかったり、落ち着きがなかったり、できないことに対して少しストレスを感じてしまった時期がありました。今考えればまったく気にせず、どしっと構えて見守ってあげていればよかったです。
H・Hさん(3月生まれ)

筆者の場合、息子が行事の前日まではやる気満々なのにも関わらず、本番になるとやる気がなくなるため、手放しでほめてあげられませんでした。後になって、まわりの友達と同じようにできなかったことを本人も気にしていたことを知り、不安があることや緊張していた気持ちに気づいてあげられなかったことを反省しました。

幼稚園の先生からのアドバイス


幼稚園の先生いわく、早生まれで入園する保護者は、不安を抱えていることも多いそう。そこで、保護者がどんな心構えでいればいいか教えてもらいました。

「早生まれの子は4月5月生まれに比べると約1年の差があります。発達の状況も1年差があるので、まわりと比べるとお子さんもお母さんも辛くなってしまいます。発達が追いつくのは小学校中学年以降。長い目で成長を見守りましょう。
また、ひとりで遊んでいたり、集団でひとりだけ違う行動をしていると気になるかもしれませんが、ひとり遊びは成長過程でとても大事なこと。ひとりの時間を満足に過ごすことで、徐々に友達との関わりに興味を持ち始めます。
早生まれに限らず成長速度は人それぞれなので、できないことではなく、いいところを見つけてほめて伸ばせるといいですね」。

今思い返すと、まわりと比べるのではなく、半年前、1年前の子ども自身と比べればよかったと感じています。
小学校中学年になるまでにできるようになるには、今はこれくらいできればいいと段階を踏んで、成長過程を見守るのがよさそうです。
とはいえ、いくら頭でわかっていても不安になることはありますよね。そのときは園の先生に相談してみてくださいね。きっといいアドバイスをもらえるはずですよ。

この記事を書いたライター

三浦麻耶さん
miuramaya.jpg

おしゃべり大好き男の子のママです。 好奇心旺盛な息子のおかげで、はたらく車、新幹線、恐竜、虫、宇宙と、男の子ワールド全開な毎日です。

三浦麻耶さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。