ママライフ

【メルカリ攻略】ヘビーユーザーが教える売れるコツ

家にいながら、要らないものを売れるフリマアプリ。すでに使っているという人も多いのではないでしょうか。
「出品してもなかなか売れない…」人や、「これからはじめたい」という人のために、メルカリヘビーユーザーである筆者がフリマアプリ「メルカリ」で商品が売れる出品方法を紹介します。

写真が命! 写真を撮る3つのポイント


メルカリは、写真の一覧から商品を選ぶので、第一印象の写真はとても重要です。
同じ商品ならキレイな写真の方を購入したいと思うのが消費者心理。いくつか押さえておきたいポイントをご紹介します。

1.直射日光・夜の写真撮影はNG!
直射日光が当たっていたり、蛍光灯の下で撮ると、実際の色とは違って写ってしまいます。写真で見た色と実際届いた商品の色が違うと、悪い印象を持たれてしまいます。写真を撮るときは、自然光の中で撮りましょう。

2.角度を変え数枚撮る
メルカリで商品の状態を、実際に確認できるのは写真だけです。できるだけ多くの写真をのせると、買い手も購入を検討しやすくなります。正面、裏側、横、中身、下、斜め、タグのアップなど、角度を変えて数枚撮ることをおすすめします。

3.汚れ・傷があるときは必ず写真をのせる
取引終了後に、互いに評価するシステムがあります。悪い評価ばかりついていると、取引したいと思ってもらえません。傷や汚れがある場合、隠したくなるかもしれませんが、そうすると評価が下がるばかりか、トラブルの原因にも。どの程度の傷なのか、あえて写真で見えるようにすると、納得した上で購入してもらえます。

売れる説明文の書き方

写真では伝わらない・分からない情報は、説明文で補います。買い手が知りたいと思う情報を考えて書きましょう。説明文に盛り込んだ方がいい内容を紹介します。

1.購入時期&購入価格
同じ商品でも、10年前に購入したものと1年前に購入したものでは、状態が違います。購入時期と購入価格を提示して劣化状況を伝えましょう。中古で買ったものは、中古で購入した旨を書いて問題ありません。

2.使用期間&使用頻度or使用回数
購入時期が同じでも、毎日使っていたものと月に1回しか使っていないものでは、商品の状態が変わってきます。使用感は写真では伝わりきらないので、どの程度使ったものなのか書くと購入する側も安心できます。

3.機能性
バッグならポケットがいくつある。家電ならスペックを記載すると親切です。商品情報が分からない場合は、ネット検索し、その情報を参考に書き込みましょう。
商品名と説明の隣に「テンプレート」ボタンがあるので、文章を作るのが苦手な人は活用するのもいいですね。

意外と迷う料金設定のポイント


できるだけ高く売りたいというのが、売り手側の正直なところ。ですが、相場からはずれていると一向に売れないのが現状です。商品が売れないを回避する料金設定のポイントをご紹介します。

1.メルカリは「送料込み」が基本
メルカリは、送料込みが主流です。送料を購入者負担にすると、よっぽどのことがない限り売れません。送料は、出品画面の「簡単配送ナビ」で調べられるので、送料がかかることを前提に販売価格を考えましょう。

2.出品数が多い商品は、相場より安くするとすぐ売れる
全く同じ状態の商品大量に出品されていることがあります。同じ商品なら1円でも安い方が選ばれるので、相場より10円でも安くするとすぐに売れます。相場は出品画面で商品名を入力すると、自動的に教えてくれる機能があるのででラクに調べられます。

3.商品を買ってもらいやすくする裏ワザ
商品を買うか買わないか迷っている人に有効な裏ワザがあります。それは、出品時は相場と同じくらいにして、「いいね」がついてから値下げする方法です。商品を値下げすると、いいねをつけている人に通知がいくシステムになっています。「安くなったから買おう」と思っている人もいるので、時間を空けて値下げするのもひとつの手です。

誠意な対応をすればトラブルを回避できる


メルカリで1番怖いのはトラブルです。筆者はトラブルになったことはありませんが、コメントの返信がない、いつまで経っても発送されない、商品の状態が思ったより悪かったりすると、不愉快に思う人もいることでしょう。
取り引き後、お互いに3段階評価をつけるので、不誠実な対応をしていると、評価が下がってしまいます。誠実に対応をしていれば問題が起こることはほとんどありません。お互い気持ちよく取り引きができるよう、参考にしてくださいね。

この記事を書いたライター

三浦麻耶さん
miuramaya.jpg

おしゃべり大好き男の子のママです。 好奇心旺盛な息子のおかげで、はたらく車、新幹線、恐竜、虫、宇宙と、男の子ワールド全開な毎日です。

三浦麻耶さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。