ママライフ

親も子も大満足!夏のキャンプは北海道へ。わざわざ行くにはワケがある

夏休みに家族で北海道キャンプはいかがですか?

そろそろ夏休みの計画を立てる時期でしょうか。
京都住まいのわが家、現在は中1、小5、小3の子どもが小さい頃から、1年おきに北海道に行っており、これまでの合計は6回!
北海道以外でもキャンプ経験はあるものの、真夏のキャンプは結構過酷。その点、北海道は涼しいです。夏休み期間でも、エアコンのないバンガローや、テントでのキャンプも気持ちよく過ごすことができます。
子どもが乳児の頃は、添い寝無料のホテルなどを利用していたのですが、そのうち幼児料金・子ども料金とホテル代もかさむようになり、徐々にキャンプ派へと移行。現在では、テント生活もお手のものとなりましたが、子どもが小さい頃は、便利で快適、安全なバンガローやロッジを利用していました。

今回は、北海道のキャンプ初心者・子連れでも安心の、そして、飛行機での移動を想定して、手ぶらで泊まれるおすすめのキャンプ場をピックアップしてみました。ぜひ、夏の旅行の参考にしてみてくださいね。

北海道宗谷ふれあい公園

日本最北端の地宗谷岬近くにあるキャンプ場。広大な敷地に、芝生が広がりパークゴルフ場もあります。

【おすすめポイント:親】雨が降っても楽しめる
BBQコーナーが室内に! 寒い時期や雨の日も、BBQを楽しむことができます。
またロッジ内には、寝具や冷蔵庫・ポットもそろい、キッチンやテレビ、お風呂もついています。

【おすすめポイント:子ども】室内遊びスペースが充実!
ロッジ内のトイレは、洋式水洗で、子どもでもいつも通り使えます。
BBQコーナーのあるビジターセンター内には、すべり台やウォールクライミングなどの室内遊具、ベビースペースもあり、雨が降っても飽きずに楽しむことができます。

親がBBQの準備をしている間、手伝いもせず、ひたすらここで遊んでいた子どもたち!

十勝エコロジーパークオートキャンプ場

十勝川温泉のすぐそばにある道立公園のキャンプ場。広大な公園内にあります。

【おすすめポイント:親】立地がよく、近くの温泉も活用できる
コテージはきれいで自宅並みに設備が整っています。帯広から約20分程度なので、買い出しも便利で、近くに温泉があるのも魅力。
キャンプ生活に慣れていたら、きれいな芝生スペースにテントを張るのも楽しいです。

【おすすめポイント:子ども】1日いても遊びきれないほどの遊び場
広い広い芝生広場を走りまわるだけでも、子どもたちはおおはしゃぎ!
それだけでなく、思い切り跳びはねて遊べる「ふわふわドーム」という遊具、水遊びのできる人工の川など、あっちへこっちへと遊びまわることができます。

丸瀬布いこいの森オートキャンプ場

キャンプ場の敷地内を北海道遺産にもなっている森林鉄道蒸気機関車が走ります。その迫力は圧巻!

【おすすめポイント:親】使用料が安い!
上の2カ所がホテルと大きな差もなく快適に滞在できる施設であるのに対して、こちらのバンガローは設備的には少し野外生活寄り。トイレは外にあり、布団ではなく、寝袋持参もしくはレンタルです。
でも、何といっても使用料が安い!それにせっかくキャンプに来たのだから、少しくらい野外生活を楽しみたくありませんか? そんな家族にはおすすめです。わが家も寝袋デビューの時は、きょうだい2人で入ってみたり、寝袋に入ってぴょんぴょん飛んでみたりと、子どもたちは大喜びでしたよ。

【おすすめポイント:子ども】蒸気機関車が間近に!
森林鉄道蒸気機関車が敷地内を走り、乗車も可能。運行日には30分間隔で走っているので、乗り物好きなお子さんなら、常に機関車が走っているのを間近で見ることができる、なんとも贅沢な空間です。

選ぶポイントはトイレやレンタルグッズ

子連れでのキャンプで一番気になるのがトイレ。オムツがはずれたばかりの小さい子がいる場合は、できればトイレは室内にほしいもの。そして、北海道までは飛行機で行くことを考えて、レンタルグッズが充実しているところがおすすめです。
どんな旅を目的としているのかや、子どもの年齢なども考慮して、子どもたちにとっては遊び場でもある宿泊場所をセレクトしたいですね。

時期によっては、人気のあるロッジやバンガローは、テントサイトとは違って、予約が始まると同時にいっぱいになってしまうところもあります。
狙ったところがいつから予約開始なのかは、早めにチェックしておくといいですね。

北海道宗谷ふれあい公園 http://soyafureaikoen.com/
十勝エコロジーパークオートキャンプ場 http://www.netbeet.ne.jp/~ecopark/index.html
丸瀬布いこいの森オートキャンプ場 http://www.auto-net.or.jp/guide/detail/oho_ikoinomori.html

この記事を書いたライター

鳥山 由紀さん
matunagayuki.jpg

絵本専門士、絵本セラピスト(R)。 乳児親子向け施設、小学校等絵本読み聞かせの他、絵本に関する講演・執筆、講座の開催等。2016京都新聞「心に響く大人の絵本」連載、2017・2018京都市保育士会機関紙「ほほえみ」連載。3児の母。 ブログ「えほんらへん」http://ameblo.jp/ehonrahen/

鳥山 由紀さんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。