ママライフ

100均グッズでクリスマスリース!お手軽アレンジでお正月飾りにも!

クリスマスに向け、ドアや壁にリースを飾るご家庭も多いのでは。今回は100円ショップのアイテムを使った、手軽なリース作りのアイデアを紹介します。
クリスマスが終わったら、少しアレンジしてお正月用のリースにチェンジ! 手作りのリースを長期間楽しめます。

P1080328-2

写真左:クリスマス用リース。サンタやツリーのデコレーション 写真右:お正月用リース。飾り串や水引を利用

 基本のリースを作ろう

最初に「クリスマス用」・「お正月用」共通の基本となるリースを作ります。

<材料>
・ドーナツ状に切り取った段ボール(外周17cm・内周8cmで作成)・麻紐
・松ぼっくり・松の枝の造花・赤いボールピック・紅白の毛糸(リボンでもOK)
・ワイヤー・ハサミ・ニッパー

P1080187

<ポイント>
・基本のリース台は、段ボールに麻紐を巻き付けて作成。麻紐の風合いが洋風(クリスマス)にも、和風(お正月)にもマッチ
・「紅白の毛糸」、「松ぼっくり」はクリスマス、お正月どちらにもピッタリ
・「松の枝の造花」は、小枝なら「もみの木」とイメージが似ているので、クリスマスの飾りとして
・「赤いボールピック」はクリスマスの「ヒイラギの実」や「リンゴ」、お正月の「南天」や「千両・万両の実」として使用

<作り方>
※最初に、段ボールの内周の穴に、麻紐玉が通るサイズか確認してから始めましょう

P1080096

ドーナツ状の段ボールの外周に、ハサミで1.5cmほどの切込みを一ヶ所入れます。
切込みに麻紐の端から20cmほどの部分を引っ掛け、ドーナツ状の段ボールに麻紐をぐるぐると巻き付けていきます(端から20cmの部分でリースを吊るすための輪を作ります)。

P1080098

巻き付ける位置を少しずつずらしながら、段ボール全体が隠れるようにぐるっと一周、麻紐を巻き付けていきます。この作業が少し大変ですが、根気よく続けていきましょう。
途中で麻紐が絡まってしまったら、一旦紐をハサミで切って絡まりをほどいてから、リースの裏面で結び、続けて巻いていけばOKです。紐がなくなってしまった場合も同様に、リースの裏面で結んで続けます。

ボール全体を巻き付けられたら、最初に段ボールの切込みに引っ掛けた麻紐を、リースの内周側にくぐらせるようにひと巻きし、巻き終わりの麻紐と合わせてしっかりとかた結びして留めます。

P1080107

P1080108

麻紐の端を結んで、リースを吊るすための輪を作り、リース台が完成です。

リース台に基本のリースのデコレーションをします。
紅白の毛糸の端を、リースの裏面の麻紐に引っ掛けて結び、リース台に巻き付けます。

P1080196

真ん中上部(リースを吊るす輪がある部分)の外周で巻き終わるようにし、リボン結びします。

P1080199

松の枝の造花や赤いボールピックは、巻き付けてある麻紐の隙間に挟み込むようにして挿します。

P1080208

松ぼっくりは、笠の下部分の隙間にワイヤーを巻き付け、余ったワイヤーでリース台にねじり留めます。

P1080213

P1080215

ワイヤーの先は、麻紐の中に押し込んでおきます。

P1080219

紅白の毛糸・松の枝・赤いボールピック・松ぼっくりをデコレーションして、基本のリースが完成です。

P1080280

クリスマス用にアレンジしよう

先ほど作成した基本のリースに、クリスマス用の飾りを追加してデコレーションします。
今回は、クリスマスケーキを購入した際に付属されていたピックや、手元にあったリボンを使用しました。
(100円ショップなどにも、かわいいピックや小物がたくさんあります)

P1090494

ピックはリースに巻き付けてある麻紐の隙間に挿し込むだけです。

P1080285

リボンはグリーンとゴールドのものを蝶々結びし、ワイヤーでリース台にねじり留めます。

P1090500

あっという間にクリスマスリースが完成しました!

P1090525

お正月用にアレンジしよう

クリスマスが終わったら、先ほどデコレーションした、クリスマス飾りのピックやリボンを抜き取り、代わりにお正月用の飾りをデコレーションします。

今回は、100円ショップで購入した、お節料理などに使う「飾り串」と、お祝いでいただいたご祝儀袋についていた水引を使いました。

P1080192

串は麻紐の隙間に挿し込みます。

P1080312

水引はワイヤーを巻き付けて、リース台にねじり留めます。

P1080310

あっという間に、お正月用のリースにチェンジできました!

P1080328

基本のリースが作れたら、あとは「クリスマス」「お正月」、それぞれに応じたピックや飾りを、麻紐の隙間に挿し込むだけです。幼い子どもも一緒に作れますよ。飾りを接着剤などで固定していないため、取り外しが簡単でクリスマス仕様からお正月仕様へのチェンジもスムーズです。

何かと慌ただしい年末、時間がない中でも季節感のある手作りアイテムで、お家を彩ってみませんか。

この記事を書いたライター

又多実千恵さん
matadamichie.jpg

ハンドメイドが大好きな男児2人の母。生活の中にアートを取り入れることで、自らの手で何かを創造することの楽しさや、身の回りの物の美しさに気づくきっかけになればいいなという思いから、親子アートサークル「AtelierM」を主宰。

又多実千恵さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。