ママライフ

雨の日だからできる!水滴で遊ぶ「にじみ絵」

6月に入り、しばらく雨が多くなりますね。薄暗くジメジメとした日が続くと、気分もどんより雨模様に…。遊び盛りの子どもは、外で身体を動かすことができず、ストレスがたまってしまうこともあるでしょう。

そんなモヤモヤを吹き飛ばす、雨の日が楽しみになるアート活動を紹介します。雨の力を借りて、素敵なにじみ絵を描いてみましょう!

子どもと一緒にベースの絵を描こう

まず、ベースとなる絵を画用紙に描きます。子どもと一緒に楽しみながら描きましょう!

<材料>

・画用紙 ・水性カラーペン ・油性カラーペン

P1010255

<描き方>

画用紙にカラーペンで自由に絵を描きます。
後で雨の水分で濡らして作品を仕上げることを踏まえ、ラインや色をクッキリと残したい部分は「油性ペン」で、ぼかしたりにじませたりしたい部分は「水性ペン」で描くといいでしょう。

最初に油性ペンを使って、輪郭や強調したい部分を描きます。

P1010256

P1010263

次に、水性ペンで模様などを描き加えます。
ベースの絵が完成しました。

P1010268

絵を雨で濡らしてみよう!

雨が降ってきたら、先ほど描いた絵を雨があたるところに、しばらく置いておきます。
絵に雨粒が当たることで、水性ペンで描いた部分のインクがにじみ、絵が変化していきます。

土砂降り雨だと、絵に当たる雨の勢いが強すぎて、水性ペンのインクが一気に流れてしまうことが…。おすすめは小雨のとき。絵が徐々に変化していく様子がわかりますよ。

P1010420

雨粒があたり、水性ペンで描いた部分がにじんできました。

P1010424

P1010444

好みのにじみ具合になったら、絵を雨があたらない場所に移動させます。雨で湿った紙が乾いたら完成です。

P1010443

絵の変化を楽しもう!

雨の強さや雨粒の大きさ、絵を放置する時間の長さによって、インクのにじみ方が変わります。
「雨」と一言に言っても、降り方はその時々で違います。インクがにじんで絵が変化していく様子を確認することで、雨の降り方の変化も感じ取ることができますよ。
制作過程に「雨」という自然現象を取り入れることで、予想外の素敵な作品に仕上がるのも魅力のひとつです。

”どんな絵になるかな” と考えながらベースの絵を描いたら、雨の日が待ち遠しく感じられるかもしれませんね。

<文・写真:フリーランス記者 又多 実千恵>

この記事を書いたライター

又多実千恵さん
matadamichie.jpg

ハンドメイドが大好きな男児2人の母。生活の中にアートを取り入れることで、自らの手で何かを創造することの楽しさや、身の回りの物の美しさに気づくきっかけになればいいなという思いから、親子アートサークル「AtelierM」を主宰。

又多実千恵さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。