ママライフ

子どもの口内炎、どうケアする? 予防する? 歯医者さんに聞いてみた

子どもの世話の中でもなかなか骨が折れる歯磨き。わが家もなだめて褒めて、気分を上げてといろいろ手を尽くして磨いています。
ある日、私の不注意から子どもに口内炎を作ってしまいました。

連れて行った歯医者さんで、口内炎の「できた時の対処法」「予防」「歯磨きの仕方」について詳しく話を聞くことができたので紹介します。

IMG_1115

話をしてくれたのは、日進通デンタルクリニックの永津義隆先生。どんな質問も丁寧に答えてくださる先生です。

口内炎の種類、できやすい場所は?

口内炎とひと口に言っても、いろいろなものがあります。日常的によく遭遇するものとして、免疫力の低下、睡眠・栄養不足などの体調不良のときによくできるアフタ性と呼ばれるもの、ウィルスが原因によるウィルス性のもの、そして外傷などによってできるもの。
今回は、仕上げ磨きを頑張りすぎて、歯肉を傷つけてしまったためにできた外傷による口内炎の話です。

場所は犬歯のあたり。実はこの場所は歯磨きで1番力の負荷がかかりやすい場所なんだとか。
奥歯から前に向かった歯並びと、前歯の横並びがちょうど交差する場所で歯並びの一番外側に位置し、カーブを描いているために歯ブラシの面が歯に当たりにくい場所なのだそう。
毎回、歯磨きしづらいなと感じていた場所です。

221675156a593bb46ac4a3d443fd5e62_s

できてしまった時の歯磨きは?食事は?

口内炎ができてしまったら、歯磨きは次のようにしてあげてください。
まずまわりを歯ブラシで磨き、痛い部分付近の歯はガーゼで拭くだけ。
口内炎のピークは大人と一緒で2~3日。痛みが引いたようなら、歯磨きをしても大丈夫とのこと。

痛い間の食事については、辛いものなど刺激物は避けるようにし、飲み込みやすいものでストレスを減らしてあげてください。

作らせない為にはどうしたらいい?

なかなかおとなしくしない子どもに歯磨きをするのはかなりの苦行。動きに対抗してついつい力が入ってしまいますが、歯ブラシを2本の指で軽く持つくらいの力加減で磨いてあげればよいそうです。口内炎ができやすい犬歯の部分については、歯ブラシをなるべく歯に平行にあたるよう気をつけましょう。

IMG_1123

こんな口内炎は歯科か小児科へ

2~3日で治り始める口内炎ですが、もしもずっと痛ければ受診をおすすめします。一気にできたものや、数が多いものは、ウィルスなど何か原因がある場合も。
その場合は歯医者ではなく、小児科を優先して受診してください。体の不調が口から現れている可能性があるとのこと。悩んだらとにかく受診するのが安心かもしれませんね。

口内炎の予防と、対処についてお話しましたが、基本は2点。
・口の中は清潔に
・できた時は安静に
この2つをしっかりと覚えておいてほしいとのことでした。

仕上げ磨きから口内炎を作ってしまうとは、全く想定外の出来事でした。
今後、口内炎を作らせないよう、歯磨きのときの力加減に気をつけたいと思います。

取材協力/日進通デンタルクリニック 永津義隆先生

この記事を書いたライター

幸森 陽子さん
kuniedayouko.jpg

2歳女児を持つ働くお母さん。お出かけと美味しいものが大好きで、家族で毎日を楽しみたい♪知ってよかったと思えるような情報を愛知から発信できればと思っています!

幸森 陽子さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。