ママライフ

【海外子育て】悩んだ末に小6の子が現地校を選択!いきなり壁が

日本にいても子どもの幼稚園・学校選びは悩みますが、事情の異なる海外だとなおさら。
オーストラリアに暮らすようになって、まず悩んだのが小学6年生になる子どもの教育についてでした。

海外での学校選び、親の思いと子どもの思い

わが家が悩んだ選択肢としては、現地でしかできない経験や友人を作ることのできる家の近くの現地校か、大きく環境が変わる海外だからこそ、安心して日本の教育を連続して受けられる日本人学校かという2択でした。
せっかく違う土地に来ているのだし、現地の生活に触れ、英語を習得してほしいという思いが強かったわが家。そして、小学生の送迎が必須のオーストラリアでは、家から近い公立の学校の方が送迎もラクで、費用も私立である日本人学校の半分だということもあり、まず子どもに勧めたのが現地校でした。

6年生の子に話を切り出すと、不安ながらも英語を話せるようになりたい!と意欲満々。日本人学校でも英語はネイティブの先生が教えてくれるとのことでしたが、日本人学校では進級して中学部になると、現地校に入り直す子が増え、中学部全体で片手で数えられるほどしかいないという年もあるといいます。友達がかなり狭い範囲になってしまうのはイヤだという子どもの主張もあり、同世代の多い現地校へ入れることにしました。

日本より2年間長い義務教育

オーストラリアの義務教育は、7月までに5歳になる子が、その前の1月にキンディという学年に入学になるため、日本でいう年中~年長さんから始まります。
オーストラリアは小学校が7年制、中学・高校にあたるハイスクールは6年制で、ハイスクール4年目の(高校1年生)までが義務教育です。
つまり、キンディから始まり、1年生がyear1、高校1年生にあたるyear10までが義務教育となるので、日本より2年間義務教育が長いということになります。
そのため、現地の6年生にあたるyear6には、日本でいう5年生と6年生が混在します。
義務教育期間だということで、エリア内の公立の学校ならすんなり入らせてくれるのだろうと考えていたのですが、現実はそう甘くありませんでした。
 

学年が高ければ高いほど、すんなり現地校に入れるわけではなかった

家の近くの現地校に連絡をすると、中学校にあたるハイスクールに入るためには、英語の授業についていけない場合は、まずハイスクール付属の英語強化校で授業を受けなければいけないことが判明しました。
そこは、「IEC(インテンシブ・イングリッシュ・センター)」と言って、英語が母国語ではない子をまとめてサポートしながら、現地での授業について行けるようになるまで、半年から1年ほど通う「特別教室」のようなもの。
英語で算数や理科・社会・体育などを学んでいきます。ハイスクール付属の英語強化校は、いくつかのハイスクールごと1か所設置させており、通う学校にはない場合が多いです。
11歳になっていれば、小学生の期間であっても、先にハイスクールに入れるというので、まずは通う予定のハイスクールとは異なる、地域のIECに通うことにしました。
ちなみに、小学校5年生までであれば、公立の小学校であれば即座に受け入れてもらえます。

ゆっくりとランダムに学んでいくオーストラリアのカリキュラム

オーストラリアの義務教育は、期間は長いのですが、学年で比較すると日本に比べて、算数や理科のレベルは2~3年ほど遅れているといわれてます(OECD学力調査より)。
つまり小学6年生なら、3〜4年生のレベルの算数を勉強しているということ。

一度習ってきたことを英語で学び直す形なので、IECでの授業は内容的にはさほど難しいものではないようです。
国語にあたる英語と、オーストラリアの歴史などを学ぶ授業は初めて出てくる言葉が多いので覚えるのが大変なようですが、英語も中1のはじめのレベルからの開始だったため、どうにかついていけているよう。
日本と違うのは、パソコンを多用し、自分で発表するということが多いところでしょうか。

一番驚いたのが、日本のように少しずつ段階を踏んで理解させるというような積み上げ式の学習ではなく、その時々でランダムだということ。それは算数で特に顕著で、日本でいう小学校3年生と5年生で習う内容が混じったものが、ハイスクールで出てきたりするようです。
そして、学期に1度はある遠足をはじめ、遊びの要素がとても多くあります。英語で必要な教科を集中的に学ぶというIECでも、ビーチに行ったり、カードゲームやビデオ鑑賞が行われたりと、けっこうイベントが多いです。

英語は着々と力をつけているけれど、親としては悩みも

ワークブックはありますが、教科書もなく、算数や理科などを体系的に学ぶ仕組みとなっていないオーストラリアの教育。
長い義務教育期間に、ゆっくりと時間をかけて学ぶシステムになっているようで、日本に比べて内容はだいぶ易しいですが、自分で考えて発表するという機会や、楽しいイベントに重きを置いているようです。

現地校での教育を受けはじめて、ひとつの学期が終わりました。英語は着々と力をつけているのがわかります。
しかし、算数や理科などの内容は、新しいことを身につけている感じがまったくありません。日本にいれば習っていたであろうことを習得していっていないことを、親としては若干焦るようになりました。
現時点では、現地校と日本人学校の教育のどちらが子どもにとってよいのだろうかと悩みますが、今はのんびりした現地校に通うわが子を見守っていきたいと思っています。
 

この記事を書いたライター

結生さん
koyanagiyuki.jpg

北から南まで、移り住んで7カ所目。現在オーストラリアにて、子だくさん子育て中。食べることや旅行が大好きで、いろいろなところに子どもたちと一緒にお出かけしています。FPの資格を活かして子どもとお金に関する記事なども執筆中。

結生さんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。