ママライフ

子乗せ自転車歴7年!本当に使える防寒対策グッズ5選

本格的な寒さがはじまる前に準備しておきたい自転車の防寒対策。最近は、便利なアイテムもたくさん販売されていますよね。そこで今回は、息子が2歳、娘が1歳のときから子乗せ自転車歴7年の筆者が、実際に使ってみていいと思った防寒グッズを紹介します。

防寒対策は子どもの肌荒れ予防にもなる

大人よりも皮膚が薄い子どもは、肌が乾燥しやすくて荒れやすいもの。わが家の子ども達は、夏でも皮膚科で処方される保湿クリームを使うほどの乾燥肌。冬に自転車で冷たい風にあたっていると、頬や手が赤くカサカサになってしまうことがあり、ひどいときはあかぎれしてしまうことも。

皮膚科の先生に相談したところ、防寒対策も肌を守ることにつながるとのこと。それから意識して自転車に乗っているときにも防寒対策をすることにしました。

冷たい雨風を防いでくれるレインカバー

雨の時だけでなく、冬の寒いときに風よけとしても活躍してくれるのがレインカバー。とくに前に乗っている子どもは、じかに風を受けてしまうのでカバーをしておくだけで安心です。

自転車の前部分のチャイルドシートに装着するレインカバーは、上部分が取り外せて折りたためるタイプのものを購入。雨が降ったときだけ上の部分を装着するようにしていました。
後ろのチャイルドシートのレインカバーも上部分が取り外せて、サイドにチャックがあるものを購入。サイドにチャックがあれば、乗り降りするときがスムーズです。レインカバーは、UV効果のある晴雨兼用で使えるものを選びました。

しかし、わが子は寒くても天気がいい日にレインカバーを装着することをとてもイヤがり…。そこで、さまざまな防寒アイテムを試すことにしました。

わが家のヘビロテはこれ!本当に使えるアイテム5選

1.クリップ付きのヒザ掛け
7年前にはまだ、子乗せ自転車の防寒アイテムも豊富ではなかったので、ヒザ掛けを手に持たせていたのですが、下にずり落ちるとタイヤに巻き込んだりして危ないんですよね。そこで、落ちないようにクリップがついたヒザ掛けを使っています。
家にあるヒザ掛けに、100円ショップで売っているベビーカー用のヒザ掛けクリップを利用してもいいですね。

2.首の後ろから装着する耳当て
自転車に乗っていると耳が冷えて痛くなることありませんか? わが家では、ヘルメットの邪魔にならない首の後ろから装着するタイプのものを使っています。ヘルメットの耳にあたる部分に装着できる専用のイヤーマフも販売されています。

3.輪っかタイプのネックウォーマー
首元から冷たい風が入るのを防ぎ、温めてくれるネックウォーマー。巻きつけるタイプのものよりも輪っかになっているものを使えば、車輪などの巻き込み事故も防げるので安心です。

4.5本指の手袋
走行中、子どもの手がキンキンに冷えきってしまうことも。わが子は手を自由に動かせる方が落ち着くようで、自転車に乗るときは必ず5本指の手袋を着用しています。

5.レッグウォーマー
寒い時期は、スカートやハーフパンツの下にレギンスを履いていたのですが、足元にレッグウォーマーを履かせてると格段に温かい! これもマストアイテムです。

わが家で失敗したと思った防寒グッズは

いろいろな防寒対策グッズを試してみましたが、どんなにいいと思うものを選んで購入しても子どもが気に入ってくれないことも。そうすると装着すること自体が大仕事になってしまい大変です。
防寒グッズは、高額なものが多いので、一度試してみてから選ぶのもいいですね。わが家の場合は、自転車屋さんで防寒グッズを試せるコーナーがあったので、実際に試してみました。

不評だったのは、身体に巻くようにして装着するボタン付きの毛布と自転車チャイルドシート用のハンドルカバー。
巻き毛布は、動きにくいのと足部分の防寒にならないという点。そしてハンドルカバーは、とっさの動きに対応できないため、結局5本指手袋に変更しました。

わが子達は、身体をしっかり包んで防寒するようなアイテムよりも、動きやすくて温かいものがいい!ということだったので、今回紹介した5つのアイテムを毎年使っています。
寒い日も子ども達と快適に自転車移動できるように、みなさんもお気に入りのグッズをみつけてみてください。

この記事を書いたライター

やまさき けいこさん
keikoyamasaki.jpg

フットワークの軽さをいかした取材記事や、自身の資格や経験をもとに主婦に役立つ情報記事などを執筆。幼児絵画インストラクターの資格も生かしながら、「日常をもっと楽しく」をモットーにフリーで活動中。

やまさき けいこさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。