ママライフ

秋冬大活躍のキノコをダメにしない保存法と大量消費レシピ

食欲の秋は、おいしい食材が盛りだくさん! わが家では旬のキノコを使った料理を頻繁に作ります。
今回はキノコのおすすめの保存方法と、キノコをたくさん使った子どもが喜ぶ簡単レシピを紹介します。

キノコは冷凍保存が便利でおすすめ

キノコを買ってきて、冷蔵庫にしばらく入れたままにしておいたら傷んでいた…なんてことありませんか。そんなことにならないためにも、買ったらすぐ冷凍保存しておくのがおすすめです。

保存方法はとても簡単。それぞれ石づきを切り落として、調理しやすい大きさに切り、保存袋に入れて冷凍庫へ。だいたい1か月くらいは、おいしく食べられます。種類に分けてもいいですが、画像のようにミックスしてもいろいろな料理に使えるのでおすすめです。

キノコをたくさん使った万能常備菜

【材料】
・シメジ・・・1袋
・エノキ・・・1袋
・シイタケ・・・中サイズ3つ
・料理酒・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ2
・かつお節・・・5g

【作り方】
1.キノコの石づきを切り落として、それぞれひとくちサイズに切ります
2.フライパンにキノコと酒を入れて、炒めながら火を通します
3.キノコがしんなりしてきたら、しょうゆ、みりんを加えて弱火で煮詰めていきます
4.グツグツしてきたら、かつお節を入れて汁気がなくなるまで煮詰めたら完成

チーズとキノコの相性は抜群。チーズトーストの上にのせて食べるのが、わが家の人気メニュー。
常備菜として冷蔵庫にあると便利なキノコソテーは、そのまま食べても、焼いた肉の上にのせても、うどんに入れても、卵焼きの味付けに使ってもおいしいです。

キノコの軸を使った甘みそ煮

【材料】
・シイタケの軸・・・3個分
・エノキ(下半分)・・・1/2袋
・料理酒・・・大さじ2
(調味料A)
・みそ・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ1

【作り方】
1.シイタケの軸とエノキの下半分を1cmくらいの大きさに細かく刻む
2.1.をフライパンに入れ、料理酒とともに炒める
3.火が通ったら、調味料Aを加えて汁気がなくなるまで煮詰めたら完成

料理によっては、キノコの軸の部分を取り除くこともありますよね。でも風味豊かな軸部分を捨てるのは、もったいない! 佃煮風に仕上げれば、おにぎりの具にもなります。

和風キノコリゾット

【材料】
・キノコ(シメジ・エノキ・エリンギ・シイタケ)・・・50g
・炊いたごはん・・・1杯分
・オリーブオイル・・・大さじ1
・水・・・200㏄
・めんつゆ(2倍濃縮)・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1

【作り方】
1.フライパンにオリーブオイルとキノコを入れて炒めます
2.キノコに火が通ったら、水、ごはん、めんつゆを加えて煮詰めていきます
3.汁気が少なくなったら塩で味をととのえて完成

やさしい味わいなので、朝ご飯にもおすすめ。アレンジでバター大さじ1、パルメザンチーズ大さじ1を加えてもおいしいので、試してみてください。

キノコをたくさん使ったレシピを紹介しましたが、いかがでしたか。シチューやカレー、グラタン、ピザ、中華丼など和、洋、中、いろいろな料理で活躍するキノコを使って旬の食材をおいしくいただきましょう。

この記事を書いたライター

やまさき けいこさん
keikoyamasaki.jpg

フットワークの軽さをいかした取材記事や、自身の資格や経験をもとに主婦に役立つ情報記事などを執筆。幼児絵画インストラクターの資格も生かしながら、「日常をもっと楽しく」をモットーにフリーで活動中。

やまさき けいこさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。