ママライフ

ビニール遊具を来年も使いたい!劣化しない片づけ方

夏休みも終わり、水遊びの遊具をそろそろ片づけようと思っている人も多いのでは。そこで今回は、浮輪やビーチボール、プールなどのビニール製遊具を劣化させずにきれいに保管する方法を紹介します。

きちんと保管しておかないと使用できない状態に!?


暑い時期にしか使用しない、ビニール製の水遊びの遊具。ビニールプールなど、かさばるものは保管場所に困ることも。わが家では、屋外用物置にまとめて片づけておいたところ、1年後に取り出してみたら、ビニールが張りつき、カビが生えていて大変なことになっていた!という苦い経験があります。
そんな失敗談を整理収納アドバイザーの友人に話したところ、いくつかの指摘がありました。

・洗ったつもりでもきちんと遊具を洗えていなかった
・ビニール製品をまとめてそのまま圧縮袋に入れたので張りついてしまった
・屋外の高温多湿になりやすい環境がよくなかった

アドバイスをもらって、さっそく収納方法を見直すことにしました。

片づける前に!ビニール製遊具の洗い方


収納する前に、遊具の汚れをしっかり落とします。そのときに、水洗いだけではプールの塩素や、海でついた汚れなどが落ちないので、台所用洗剤などの中性洗剤を使用して洗います。


洗い終わったら、しっかり乾かすことも大切。水気が残っているとカビが発生する原因になってしまうこともあるので、タオルで軽く拭いてから、直射日光に当てずに陰干しで乾かすのがポイントです。

ビニール遊具の保管方法

遊具をきちんと洗って完全に乾いたら、収納していきます。空気をしっかり抜いてコンパクトにたたんでいくのですが、そのときにもいくつかのポイントがあります。

【ベビーパウダーを使ってビニールが張りつかないようにする】
折りたたんだ部分の密着しているビニールが張りつきやすくなるので、ベビーパウダーを少し振りかけてサラサラにしてから収納します。

【空気穴を上にしてたたんでいく】
買ったときのパッケージの中をイメージして、折りたたんでいきます。空気穴を上にしてたたむと、空気をしっかり抜くことができます。

【個別にチャック付き保存袋に入れて収納】
折りたためたら、チャック付き保存袋に個別に入れて保存します。ビニールプールなど大きなものは、購入時の箱や大きめのビニール袋などに保存します。

【室内の冷暗所で保管】
高温多湿になりやすい場所は避けて、なるべく室内の冷暗所に保管します。

私は昨年からこの方法を試してみてみましたが、保存袋から出したときにビニールの張りつきや、ヌメヌメした感じ、イヤな臭いもなく、そのまま気持ちよく使うことができました!
少し手間に感じるかもしれませんが、きちんとお手入れすればお気に入りのアイテムを長く使うことができます。ぜひ、みなさんも試してみてください。

この記事を書いたライター

やまさき けいこさん
keikoyamasaki.jpg

フットワークの軽さをいかした取材記事や、自身の資格や経験をもとに主婦に役立つ情報記事などを執筆。幼児絵画インストラクターの資格も生かしながら、「日常をもっと楽しく」をモットーにフリーで活動中。

やまさき けいこさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。