ママライフ

子どもに時計を正確に読ませたい!超アナログ時計を手作りしてみた

小学生になると算数で時計を読むテストがあります。2年生の息子は、なんとなく理解できていると思っていたのですが、テスト結果を見てビックリ!
そこで、ちゃんと時計が読めるようになるために100均アイテムを使って学習用時計を作ることにしました。

小学校で勉強する時計の読み方

学校でおこなわれた懇談会に参加したしたときに、「小学校で時計を読む勉強をするのは、2年生まで。つまり、2年生までに読めるようにならないといけないということです」と先生に言われました。

保育園で絵本を使ったりしながら時計を読む練習もしていたし、1年生のときは時計のテストもできていたので、大丈夫だろうと思っていたのですが…。なんと、時計がぜんぜん読めていなかったのです。
テストの内容を見てみると、3時、3時半というわかりやすい時間は読めても、2時42分のように短い針が1と2の間にあったりするとわからないようでした。

家の時計を見てみると、細かい文字盤がない!


息子のテストの結果を見て、家の中にある時計を見まわしてみたところ、わが家には、細かい文字盤が書かれている時計がないことに気がつきました。

友達と遊びに行くときや習い事に行くときに使っているのは、デジタルの腕時計だったのです。そこで、文字盤の時計を読む環境作りから始めることにしました。

【100均アイテム】で作る子どもの文字盤時計

子どもが時計を読めるようになるために、100均アイテムを使って文字盤がわかりやすい時計を手作りすることに。

【材料】
・手作り時計キット
・単3乾電池1本
・文字盤
・のり
・厚紙


手作り時計キットは、100円ショップ『セリア』で購入。文字盤を作って、パーツを取りつけるだけで簡単に時計を作ることができます。


文字盤は、インターネットで無料ダウンロードしたものを使用。

【作り方】
1.ダウンロードしてプリントアウトした文字盤をハサミで切り取り、のりで厚紙に貼り切り抜く。
2.文字盤の真ん中に穴を開けて、手作り時計キットをはめて完成!


子どもと一緒に作っても約5分と、あっという間に作ることができました。セットに入っていた時計の針が白で見にくかったので、子どもが油性ペンで好きな色を塗りました。

勉強という意識ではなく、時計を読むことが楽しめるように

時計を読む勉強をしよう!と言うと身構えてしまい、苦手意識が出てしまっていた息子。しかし、一緒に作った自分の時計が嬉しくて毎日見て読んでを繰り返すうちに、約5日間できちんと時計が読めるように。
いままでデジタル表示だった腕時計も、息子が好きなキャラクターの文字盤の時計に変えて日常的に見る時計の環境を整えました。

作った時計を見たときに、息子が「この時計なら簡単に読めるよ!」と言った言葉に、子どもの学習は家の環境づくりも大切なことなんだなと痛感しました。もっと早く作ってあげればよかった! 
時計キットがあれば好きな文字盤の時計を簡単に作ることができるので、ぜひみなさんも試してみてくださいね。

読者限定 RIZAPトライアルモニター募集中!
「シェイプアッププログラム」を4万9800円(4回・税別)でお試し。
さらにモニター謝礼として1万円のキャッシュバック!
さらにモニター終了者から抽選でクオカード3000円分を100人にプレゼント。
さらに本コースへの入会金5万円無料。
店舗により受け入れ制限がかかる場合が想定されますのでお早めにお申し込みください。
申し込みはこちら ⇒
http://r.living.jp/rizap/enfant/blog201907
申し込み〆切:2019年8月31日(土)

この記事を書いたライター

やまさき けいこさん
keikoyamasaki.jpg

フットワークの軽さをいかした取材記事や、自身の資格や経験をもとに主婦に役立つ情報記事などを執筆。幼児絵画インストラクターの資格も生かしながら、「日常をもっと楽しく」をモットーにフリーで活動中。

やまさき けいこさんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。