ママライフ

段ボールを使って3歳から裁縫レッスンを始めよう

ママがやっていることを自分もやってみたい!というようになった我が家の息子。料理の支度をすれば食材を切ってみたい、裁縫をしていると縫物をしてみたい!というような感じ。「やってみたい!」という気持ちを大切にしたいけれど、裁縫は針を使うのでケガをしたら大変。そこで子どもが安心して裁縫できるようにと考えたのが、段ボールを使った裁縫レッスン。家にあるもので簡単にできる方法を紹介します。

家にあるもので材料を揃えよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家にあるものを使って裁縫キットを作ってみましょう。

《材料》
・段ボール(なければ厚紙)
・穴あけパンチ
・毛糸
・ひも通し(なければ細めのストローやヘアピンなどで代用)

《段ボール裁縫キットの作り方》
1.A4よりひとまわり大きいくらいのサイズの段ボールまたは厚紙を用意したら、まわりの辺に2cm間隔で穴あけパンチを使って穴をあけていく。
2.ひも通しに毛糸を通す。ひも通しがなければ、穴に通せる太さのストローなど、棒状のものに毛糸をセロハンテープなどで付ける。

<記事が続きます>

男の子でも楽しめる裁縫レッスンスタート!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

段ボールに開けた穴に、縫い物をするときのように毛糸を通していきます。ひも通しは子どもの手で持ちやすく、穴開けパンチで開けた穴は大きめなので、やり方を教えてあげれば簡単に裁縫体験ができます。
この作業に慣れてきたら、段ボールではなくフエルト布地に変えて、あらかじめ縫い合わせるところに穴を開けておいてあげれば小さな袋など、簡単に作れるようになります。

応用編で靴ひも通しやリボン結びの練習も
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

段ボールの両サイドを折りたためば、靴ひも通しや型結び、リボン結びの練習ができます。いろいろな方法を楽しんでみてくださいね!

安全に挑戦できるように工夫する

子どもの「やってみたい!」の気持ちを大切にするためにも、「危ないからダメ」ではなく、安全に挑戦できるように工夫してみるということが大切です。そして、失敗することも大切だと思います。こうすると危ないから、ママはダメって言ったんだな。ということを体験をすれば子どもにも伝わります。

我が家の息子は、3歳くらいからこの段ボール裁縫を始めて、5歳くらいのときには自分で針と糸を使って裁縫できるようになりました。初めから針を使わせるのは不安だけれど、こうやって安全なものを用意して練習していくことで安心して裁縫もできるように。
興味があるときに挑戦することで、子どもは集中して物事に取り組んでくれます。そのチャンスを見逃さないようにしてあげたいですね!

<文・写真:やまさきけいこ>

この記事を書いたライター

やまさき けいこさん
keikoyamasaki.jpg

フットワークの軽さをいかした取材記事や、自身の資格や経験をもとに主婦に役立つ情報記事などを執筆。幼児絵画インストラクターの資格も生かしながら、「日常をもっと楽しく」をモットーにフリーで活動中。

やまさき けいこさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。