ママライフ

ネットスーパーを利用して10年のママが教える大きなメリット

日々の食料品や日用雑貨の買い物はどうしていますか? 買い物に出かけると、子どもが迷子にならないよう気にかけたり、お菓子をねだられたり、途中で「トイレ!」と言われたり(笑)。
食事のメニューや家計のことを考えながら落ち着いて買い物をしたいのに、実際はなかなか難しいところ。
そこで、忙しいママへのおすすめは、ネットスーパーの活用です。
ネットスーパー愛用歴約10年の経験と、FP資格を持つママとしての視点から、効率的な活用術を紹介します。

使ったこと、ありますか?ネットスーパーのしくみとは

近年、浸透しつつある、ネットスーパーという販売形式。とはいえ、「ネットスーパーの存在は知っているけれど、実際は使ったことがない」「食材の宅配サービスは使ったことがあるけれど…」という声も、よく耳にします。
ネットスーパーは、スーパーの商品がネット上で注文ができて、指定した時間帯に自宅まで届けてくれるサービスです。
配達指定は一週間サイクルなどではなく、当日○時~○時や、明日の○時~○時、と注文してから配達までの時間が短いことが特徴です。同じスーパーの実店舗で買えるものの多くがネットスーパーでも買えるように、取扱商品も拡大傾向。キャッシュレス決済やポイントシステム、各種キャンペーンも充実してきています。

こんなに便利!ネットスーパーのメリットと、効果的な活用術とは?

さて、ネットスーパーを活用すると、具体的にはどんなメリットがあるのでしょう?

1)自宅のパソコンやスマホで買い物ができるので、出かける手間と時間が省ける
2)自宅で在庫を確認しながら注文できるので、重複購入がなく、ムダがない
3)配達してもらえるので、重いもの(飲料ボトル・米など)や、かさばるもの(ティッシュペーパー・おむつなど)を自分で運ぶ必要がなく、まとめ買いも可能
4)ネット上で商品を「買い物かご」に入れると、注文金額が即時計算されるので、予算調整や管理がしやすい
5)冷蔵品・冷凍品を適切に管理して配達してくれる
6)自分の都合の良い時間帯(子どもが園に行っている間や、子どもが寝た後の夜間など)に注文・受け取りができる

どうでしょう?これだけでもかなり魅力的ですよね。

さらに、効果的な活用方法が!
ネットスーパーも各社の特色が反映されています。A店は生鮮品の鮮度が良い、B店は低価格戦略、C店は商品の取り扱い範囲が広いなど。特色をしっかり把握して、買いたいものとタイミングによって「使い分け」が可能です。
例えば、ティッシュペーパー・洗剤などの日用品や、食料品でもハムなどの加工品や冷凍食品の場合、同じ商品なら安く買える店の方がよいのは当然。そういったものを買うときには、B店を活用します。しかし、鮮度の良い野菜や魚など、品質にこだわって買いたい場合には、値は高めでも、品質に安心感があるA店を選択。とにかく一度に済ませたいというときは、C店を選択します。
店によってPCやスマホの操作画面の違いはありますが、私の経験上では、慣れてしまえばそんなに違和感なく対応できます。
私自身のネットスーパーの活用頻度は、週1回を目安にしています。食材量や予算の管理がしやすいためです。

買い物の効率化で生まれた、母娘の時間

ネットスーパーのありがたさをもっとも感じたのは、実家の両親が体調を崩し、サポートが必要になり、私自身の時間・パワーともに余裕がなくなった時でした。
忙しい中で、少しでも家での娘とのふれあいのときを確保したい。そんな時、ネットスーパーを活用した買い物の効率化は、いつも以上に大きな意味があったと思います。

デメリットは?それをカバーするための工夫とは?

ママにとってメリットがたくさんのネットスーパー。ではデメリットはないのかというと…ゼロではありません。

例えば、子どもが「買い物はネットでポチっとしたら、人が届けてくれるもの」と思って育ってしまうという問題。今どきといえばそうですが、ちょっと残念な気もしました。ママがどのように商品を選んで買い物しているのかを見せ、生鮮食品はその良し悪しの見分け方などを実際に教えてあげたいという気持ちがあるからです。
そこで、月に1度でも、夫がいて余裕のもてる週末などに、スーパーの実店舗に行き、子どもと会話しながら買い物をする機会を設けました。また、「ママは昔おばあちゃんとこういうふうに買い物に行ってたけれど、今はネットスーパーのように便利な仕組みができた」という話をしたりしています。

配送料として300円程度かかるのがデメリットとも言えますが、幼児がいる世帯は割引になったり、一定金額以上購入すれば配送料無料になるサービスを設けている店もあるので、うまく活用しましょう。
ほかに、注文商品が欠品となってしまい困ることも。ただ、希望すれば代替品を届けてくれます。その場合、元の金額と同じかそれ以上のもので対応してくれるので、かえってラッキーだったという経験もあります。
配達指定時間には自宅にいなくてはならず急用時に困るという点は、最近では不在中でも指定した場所に置いてくれる「留め置きサービス」も出てきているので注目です。

それから、ポチリミスにもご注意ください。うっかり数量を間違えてしまい、わが家にきゅうりが大量に届いたというハプニングも(笑)。実物が見えないので、間違いに気づきにくいのです。バラ売りを3本注文するのか、3本入りを1袋注文するのか、なども気をつけた方がいいですね!

忙しい現代のママたちにとっては、メリットいっぱいのネットスーパー。時間も予算も効率的に管理しながら、上手に活用してみてください!

この記事を書いたライター

石川友美さん
ishikawatomomi.jpg

手先はそこそこ器用、でも子育てはそうそう器用にできるはずもなく。自身も家事育児に奮闘中の一児の母。そんな中で日々考える、「自分らしい彩り」。インテリアコーディネーター&カラーコーディネーターの資格あり。

石川友美さんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。