ママライフ

親のストレスを生まない「子どものお手伝い」は?

さまざまなことに興味を持ち始める幼児期に、自立にも役立つ“お手伝い”をさせてあげたいものです。
失敗も温かく見守りながらいろいろな経験をさせたい、という理想はあるけれど、“自分でやった方が早い”とついつい敬遠してしまうのも、忙しいママの本音では?
私と幼稚園時代の娘の失敗談と、その中から見つけたホントに役立ったお手伝いを紹介します。


これ本当にお手伝い? ママの手間が増えて本末転倒の思い…

娘はお手伝いをしたい!というタイプ。そのやりたがりパワーを生かそうと、いろいろトライさせてみたのですが、大変だな…と感じたのは次のような状況でした。

【お手伝いしてもらうための下準備が必要】
ゆで卵の殻をむきたいという娘のために、わざわざたくさんのゆで卵を茹で、テーブルに新聞紙を広げるなど手間が…。
【お手伝い中のフォローにあたふた】
和え物など簡単な調理を頼んだら、「これはどうやればいいのー?」の質問攻め。おまけに「あっ、こぼしちゃった!」などアクシデントへの対処で大慌て…。
【お手伝いしてもらった後のやり直し作業】
洗濯物をたたんでもらったけれど、ずれていたので後でそっとやり直し。二度手間なうえに、子どものプライドを傷つけないようにと気を遣い…。

このように手間がかかることが多く、これは本当にお手伝いなのか?と本末転倒の思いをすることも。
そんな中でコレはよかった!というお手伝いがいくつかありました。その例を「衣・食・住」から1つずつ紹介します。

「衣」 洗濯物は“グループ分け”することから

洗濯物をきちんとたたむことは、3~6歳くらいの幼児にはまだ難しいものです。でも、乾いた洗濯物をハンガーや洗濯ばさみからはずし、パパ・ママ・自分に分ける作業なら、楽しんでできていました。
“分けること”は整理収納の基本でもあります。また、“グループ分け”の考え方は子どもの学習にも役立つのでgood!
時には、「パパのシャツ、おっきーい!」とかぶってみたり、「あ、コレ、ママのおっぱい守るやつでしょ?」なんて言われ、一緒に大笑いすることも!(下着を子どもに頼むことに抵抗がある人は別にしておいてください^^;)

「食」 キッチンばさみで青ネギを大量にカット

料理をしたいという娘。でも包丁を持たせるのは、ママにゆっくりと見守る余裕のある時でないとムリ。そこで、キッチンばさみの出番です。工作ではさみを使うことに慣れてきた頃なら、キッチンばさみで食材を切ることにトライ。

オススメの食材は、青ネギ! お豆腐の薬味や味噌汁の仕上げにちらしたりと、便利で栄養価も高い青ネギ。細くて中が空洞なので、少しの力でも切りやすく、カットする長さが不揃いでもあまり気になりません。面白がって、ずーっと切っていたらかなり大量に(笑)。そんな時は密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存すればOK。

青ネギのカットに、楽しそうにハマる娘

まだ手が小さくて心配という場合には、100均にもあるグリップの小さい子ども用はさみを。

100均セリアの「こども用キッチンはさみ」

「住」 フローリングウェットシートで床拭き

自分たちの住む家は、自分たちでキレイにする!そんな心構えを子どもにも持ってほしいですね。
掃除のお手伝いに選んだのは、フローリングウェットシートで床を拭くこと。大人用のワイパーを使う場合には、柄の長さを短く調節してあげましょう。CMでもよくみるフローリング掃除の光景は、どうやら子どもがマネしたい動作のよう! うちの娘も大喜びであちこち拭いてくれていました。隅は、シートを手にもって直接ゴミを拭いてもらうとスッキリです。

せっかくのお手伝いも、ママの期待度と子どもができるレベルがずれてしまうと、お互いにストレスがたまり、もうイヤ!となりかねません。だからこそ、うまくできたらラッキー&失敗してもあまり気にならない、とママが思えるものからお願いすることがポイントです。
子どものレベルに合ったお手伝いで、本人が成功体験を積むことができ、ママも本当に助かる! そんな経験がたくさんできるといいですね。

この記事を書いたライター

石川友美さん
ishikawatomomi.jpg

手先はそこそこ器用、でも子育てはそうそう器用にできるはずもなく。自身も家事育児に奮闘中の一児の母。そんな中で日々考える、「自分らしい彩り」。インテリアコーディネーター&カラーコーディネーターの資格あり。

石川友美さんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。