ママライフ

今が始め時!?小玉スイカの空中栽培に挑戦してみた記録

いよいよGWも後半。あと何をしよう…という人、親子でガーデニングはいかがですか? 5月は苗植えのチャンス。ホームセンターであれこれ準備する買い物も楽しいものです。
そこで、昨年5~8月にわが家でチャレンジした、小玉スイカの空中栽培を紹介します。

娘が「スイカ育てる!」と言い出したけれど… ウチで育てられる?

ホームセンターで、庭に植える植物の苗を選んでいたときのこと。あまり手のかからない定番のミニトマトと、私の好きなハーブ数種をカゴに入れていたら…娘が「スイカがいい!」「スイカ育てる!」と言い出したのです。
確かに、実がなるものは楽しそう。でもスイカ!?ウチで育てられるの…?と躊躇(ちゅうちょ)した私。
でも、小玉スイカの苗がたくさん売っているし、どうやらプランターでも育てられるらしい。調べてみると、“空中栽培”という方法があることを知ったのです。これは面白そう。ちょっとチャレンジしてみよう!と奮起して、新たな試みを始めたのでした。
娘には「育てたいのなら、ちゃんとお世話をするんだよ」と約束をして。

どんどん伸びるツル、一方で実は全然大きくならず…

スイカの栽培は初めてのわが家。いろいろな壁にぶちあたりました。
まず、どんどん伸びるツル。あちこちにたくさんのツルが伸びて、どこを剪定したらよいかわからない…。ツルがどんどん伸びるので、支柱が必要、そして支柱の長さばかりが足りなくなる。生い茂る葉とツルの勢いはすごいのに、実が全然膨らまずにダメになってしまうのです。
まあ、そんなに簡単にスイカは実らないよな~、と少しずつ勉強を開始。小1の娘は図鑑で調べ、私もネットなどで情報収集です。
すると、親ヅル・子ヅル・孫ヅルの伸ばし方(摘芯)などがだんだん分かってきました。実際にやってみると、無事に受粉が進み、実が大きくなり始めたのです。

最強の天敵は「ハモグリバエ」

スイカの匂いに誘われてか、虫や鳥などがたくさん寄ってくるようになりました。
中でも、かなりてこずったのは「ハモグリバエ」。それまでは名前すら知らなかったのに、私たち親子にとって最強の天敵となりました。目に見えないほどの小さな虫ですが、葉に白い這いあとを残していき、葉や茎を枯らしてしまいます。
アルミホイルを茎に巻いたり、黄色い粘着虫よけシートをつけるなどして対策。食われた葉は早めに摘んだりと、攻防の連続です。

ハモグリバエの幼虫が這った跡の例 ※写真の葉は小玉スイカではなくミニトマトです

とっても甘い! めでたく2つの実が出来て、感動を味わった

伸びるツルや天敵と格闘しながらがんばった甲斐あって、夏には2つの小玉スイカが丸く実りました。空中栽培なので、重くなってくると落ちてしまうため、ネットで実を支えることに。100均でネットを買い、大切な実を守ります。

しかし、いつ収穫してよいかも分からないという…。熟しすぎたのか、気づけばひとつの実が割れてしまい、慌てて収穫となりました。

あっ! 割れてる…(泣)

トライ&エラーの連続だったけれど、思えばこの数か月はとても楽しかったです。何といっても、味わった小玉スイカが甘くておいしかった! 種もきちんととっておきました。

もうひとつは割れないうちに無事収穫!

親子で感じた!“育てる”ことの難しさと楽しさ

“育てる”って難しいけど楽しい。母としては、どこか子育てとリンクしてしまいました。ちゃんと気にかけ、適切に手をかければ、しっかりと育つのかな? 大変だけど、その過程での学び・楽しみ・喜びは格別ですね。

娘にとっては、様子をよく観察する、分からないことは調べるということを学ぶきっかけになった様子。毎日水やりをしたり、虫よけをしたり、お世話することの大変さと、大切さも感じたようです。
最後は、「めちゃくちゃ甘いよ!ちゃんとお世話してよかったね!」と、うれしそうに小さなスイカを味わっていました。

ちょっと手間はかかりますが、収穫するときの感動はひとしおです。自由研究にもなりそうな、小玉スイカの空中栽培。親子でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたライター

石川友美さん
ishikawatomomi.jpg

手先はそこそこ器用、でも子育てはそうそう器用にできるはずもなく。自身も家事育児に奮闘中の一児の母。そんな中で日々考える、「自分らしい彩り」。インテリアコーディネーター&カラーコーディネーターの資格あり。

石川友美さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。