ママライフ

靴のプロが伝授!乳幼児ママもオシャレに履けるセレモニーシューズの選び方

卒入園・入学、いよいよセレモニーシーズン直前! 子どものスタイルは決まったけれど、あとまわしになりがちなママのファッション。準備は大丈夫ですか? 特に気をつけたいのは「靴選び」。やはり、ファッションは足元からです。

ダイアナの崎山さん。まさに奇跡の40歳!という美しさとセンスの持ち主。同じ“あんふぁん世代のママ”として、親身に相談にのってもらいました

「スニーカーやぺたんこ靴しか履かなくなったから、ヒールは慣れないし、脱げそう…」
「抱っこしても安全のローヒールがいいけど、見た目は上品にしたいのよね」

そんなママのリアルな悩みに、“靴のプロ”にこたえてもらいました。
オシャレな女性たちに人気のシューズブランド、DIANA(ダイアナ)で商品開発を手掛ける崎山さんは、5歳の男の子のママ。育児の悩みを共有しあいながら、貴重なアドバイスをもらってきたので紹介します。

ママとしての“上品さ”と“安定感”を保ちつつ、おしゃれ心も満たす!

おすすめのヒール高は5センチ程度。高すぎず低すぎず、足のラインもきれいに見えるそう。保護者としての落ち着きや上品さも感じられます。
とはいえ、急に子どもを抱っこしたり、追いかけることがあるかもしれない乳幼児ママ。ヒールの形状には“安定感”が大切。「チャンキーヒール」などとよばれる、ある程度“ボリューム“があるヒールを選ぶのがよいそうです。

絶妙なアシンメトリーカットとヒールのワンポイントのシルバーでアクセントも。安定感あるチャンキーヒールパンプス(G15278)

ただし、妊娠中や、乳児の抱っこが必須でヒールはNGという方には「ドレスフラット」というタイプがおすすめ。パンプスのシルエットをそのままフラットにしたタイプで、フラットシューズながらカジュアルになりすぎず、ママのおしゃれ心も満たしてくれそうです。

ヒールのゴールドが上品な、ドレスフラットタイプ(G41279)

脱げにくい安心感は「足長(そくちょう)」と「返り(かえり)」

パンプスを履く機会が少ない乳幼児ママ。重要なのは、脱げにくい安心感。足にフィットするベストな靴を選びたいものです。
プロの視点からすると、まずは「足長(そくちょう)」をしっかり合わせることが大切。足長とは、足の縦方向、かかとから最も長い指先までの長さのことです。
必ず両足を履いて歩き、かかとが抜けないか、つま先があたっていないか、痛いところはないかなどを確認します。販売員に相談してアドバイスをもらうのもよいでしょう。足長が合っていないと、なじんできた時にかかとが抜ける原因になります(幅の微調整は、店頭で相談すれば足にフィットするように革を伸ばすなどが可能なケースもあるそう)。
フィットする靴は、足に靴がついてきてくれます。ポイントは「返り(かえり)」のよさ。靴底が適度に柔らかく、足に合わせて曲がることだそうです。

「返り」の程度を要チェック!(参考:EM43165)

セレモニーではストッキングを着用するため、足が前に滑りやすくなることにも注意。シリコン製の滑り止めを靴の中に敷くのもおすすめだとか。

数年に一度だけ登場する、“セレモニー専用靴”はもう卒業!?

お気に入りの定番プレーンパンプスを“セレモニー専用”として数年に一度履くために保管中というのはよくある話では? 長く大切に使うという気持ちはステキ。でも、この方法にはリスクも伴うそう。
特に、妊娠出産を経てサイズ変動が激しい女性にとっては、数年後にも同じようにフィットするのは難しいという実情が。また、一見ベーシックで流行など関係ないプレーンパンプスを買ったつもりでも、実は時代によってデザインが異なり、時代遅れ感や野暮ったさがでてしまう…、ということも。これでは、せっかくの靴が生かされず残念。結果、コスパもよくありません。

ちょっと視点を変えて、セレモニーだけでなく、ママ会や習い事の発表会、ちょっとしたお出かけにも使えるような、程よいデザインを選び、機会を見つけてどんどん活用してみては? 今の自分にフィットする靴を履いて颯爽と歩いてみるなど、履く頻度があがれば自然に足なじみもよくなります。

ママだからおしゃれは無理などと諦めず、プロのアドバイスを参考に、前向きな気持ちでセレモニー靴選びにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
大切なお子さんの晴れの日、ママもお気に入りシューズを履いて安心して臨めますように!

<取材協力:ダイアナ株式会社>
ダイアナ株式会社 (https://www.dianashoes.co.jp/index.html
ダイアナオンラインショップ(https://www.dianashoes.com/shop/default.aspx

この記事を書いたライター

石川友美さん
ishikawatomomi.jpg

手先はそこそこ器用、でも子育てはそうそう器用にできるはずもなく。自身も家事育児に奮闘中の一児の母。そんな中で日々考える、「自分らしい彩り」。インテリアコーディネーター&カラーコーディネーターの資格あり。

石川友美さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。