ママライフ

小さい子でも使えるカッター登場!新商品「キッター」を使ってみた

「わたしも、カッター使ってみたい!」「危ないからまだダメ!」
わが家でも、以前はこんな会話が当然のように繰り広げられていました。
しかし! 小さな子どもでも安心して使えるという画期的なカッター、「キッター」が新登場。実はこのカッター、第27回日本文具大賞2018の機能部門グランプリに輝いた商品。さっそく先行販売中のLOFTに行き、購入。実際に、親子で使ってみました。

KITTER2

刃の露出が本当に少ない! なるほどケガのリスクが軽減

「え! カッター使っていいの? やったー!」「なんかコレ、かわいいね」と言いながら、嬉しそうに手に取った小学1年生の娘。
たしかに、イメージは“かわいいたまご”。オフホワイト&イエローの明るくやさしい色と、丸みのある刃折り器がとてもキュートです。
まずは、説明書をよく読み、子どもに注意点をわかりやすく伝えます。特に、切るときの手の位置はしっかりと教える必要があると感じました。
準備ができたら、いよいよチャレンジ。
安心設計とはいえ、カッターを初めて使わせるとなると、やはり不安。「気をつけてね!」を連発してしまう母。さて使用感はいかに?

最初は、色画用紙にえんぴつで直線をひき、その通りにまっすぐに切る練習です。何度かやってみるうちに、慣れてきた様子。スーッと切れるのが気持ちいいようです。次第に安心して見ていられるように。

HAJIMETE2

刃の露出は、実寸でほんの3㎜程度。刃のほとんどがプラスチックで覆われているため、ケガのリスクが低くなっているのです。なるほど、これはいい!

HA3mm2

カッターを使って何をつくりたい? 子どもの思いに任せてみると…

ある程度安心して見守れるようになったら、「何をつくりたい?」と子どもの思いに任せてみてはいかがでしょうか。子どもの自由な発想は、とても面白いものです。
ちなみに、わが娘が一番最初にカットしたのは、ハート型。そして次は、意外にも文字! 「ままへ」と、グリーティングカードを作るようなイメージだったようです。
切り抜きができたり、ハサミよりカット面を滑らに仕上げることもできるカッター。「キッター」を使えば、子どもの工作の世界がどんどん広がります。

HEART2

MAMA2

安定感があり、切れ味も満足 大人にもオススメ!

実は、説明書きの中で、少し気になったことがありました。
・硬いもの、厚いものを切らないでください
・切る際は、普通紙2枚ぐらいの厚みを目安にしてください
という2文。「ん?それって普通のカッターのようには切れないということ?」と疑問がわき、実際に試してみることに(注:メーカー推奨されていないもののカットは、お奨めはしていません)。
結果は、折り紙・コピー用紙・画用紙は子どもでも問題なし。牛乳パックは大人なら切れますが、子どもではちょっと難しいレベル。気になった段ボールですが、薄め~普通程度の厚さなら大人は切れます。子どもでは無理でした。

キッズカッターとされていますが、もちろん大人もOK。刃がプラスティックで覆われているので安定感があり、使い易いです。小さな子どもがいる家庭では、大人用でもこちらの方が安心なのではないでしょうか(幼い子どもが誤って触りケガをするリスクが軽減)。

難点は…? というと、やはり価格でしょう。店頭価格は本体1296円、替刃2枚セット519円(各々税込)。本体には刃折り器が付属しているとはいえ、一般のカッター本体が200円程度なのと比べるとかなり高い印象。今後、商品の普及に伴ってリーズナブルに改善されることを期待しています(笑)。

誕生日やクリスマスのフラッグガーランド、年度末や卒園時に先生へお渡しするカードなど、「キッター」を使って、親子での製作がより楽しくなりそうですね。

※発売日は2018年11月1日。8月より、一部店舗(アマゾンジャパン合同会社、伊東屋、大丸藤井セントラル、東急ハンズ、LOFT)にて先行販売中

<オルファ株式会社 「キッター」Webサイト https://www.olfa.co.jp/kitter/index.html

この記事を書いたライター

石川友美さん
ishikawatomomi.jpg

手先はそこそこ器用、でも子育てはそうそう器用にできるはずもなく。自身も家事育児に奮闘中の一児の母。そんな中で日々考える、「自分らしい彩り」。インテリアコーディネーター&カラーコーディネーター資格所有。

石川友美さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。