ママライフ

【運動会】カップと空箱で!?簡単華やかお弁当アイデア

子どもたちが楽しみにしている秋の運動会の季節となりました。運動会といえば、家族で囲む楽しいお弁当ですが、朝5時起きで作ったのに家族の反応が…なんてことはありませんか?
今回は忙しいパパやママにおすすめ、簡単にできて、見た目もバッチリの運動会のお弁当アイデアを紹介します。

取り分けの紙皿は使わない!カップ使いの達人になろう

運動会のお弁当は家族が多ければ多いほど、取り分けスタイルが一般的だと思います。
でも、平らな紙皿での取り分けは子どもにとって意外とむずかしいもの。
うっかり落としたり、こぼしたりで慌てることも…そんなときは手軽に食べられるように、最初からカップや紙コップに盛り付けるのがおすすめです。
私は主宰している料理教室で材料分けに使う透明のプリンカップを使っていますが、かわいい浅めのカップや、洗う手間いらずの紙コップも。
紙コップの場合はお弁当箱の高さにカットして。切り口にマスキングテープを巻けば、手を切る心配もありません。浅めのカップにはピンチクリップなどをつけると子どもも取り出しやすいですよ。

わが家は揚げ物やマリネなどのおかずをカップに詰めますが、友人はそうめんやちらし寿司を詰めて家族に大好評だったとか。
子どもが大好きなカレーや焼きそばを詰めたり、アイデア次第で色々な使い方ができるのもカップの魅力です。

お重はいらない!お気に入りの空箱をみつけよう!

運動会のお弁当というと、お重を使う人も多いと思います。
近年はおしゃれお重もあり、時間をかけて盛り付けるのも楽しいと思いますが、私が毎年使っているのは「空箱」。
いただきもののお菓子が入っていた大きめのステキな箱が家に眠っていませんか?
その箱にお気に入りのペーパーナプキンを敷いて、カップを並べていけばあっという間に運動会のお弁当のできあがり。
お重の盛り付けに悩む必要もなければ、重いお重を持ち帰る手間もいりません。
ペーパーナプキンの代わりにワックスペーパーやソフトペーパーを使っても。子どもと一緒に選ぶと運動会のワクワク感もアップします。

お手伝いにもぴったり!フラッグピックをつくろう!

子どもが大好きなお弁当ピック。色々な種類がありますが、ピックに統一感があると、お弁当がぐっとおしゃれになります。
でも、年に一度の運動会のためだけに大量のピックを購入するのはもったいない。そんな時に活躍してくれるのが、マスキングテープとつまようじを使って作るフラッグピック。
つまようじのもち手にマスキングテープをくるりと貼るだけの簡単作業なので、わが家では運動会前日の恒例の息子のお手伝いでした。
子ども向けのクッキングクラスでもフラッグピック作りは大人気です。

ハチマキおにぎりで運動会気分アップ!

お弁当の定番メニューのおにぎり。運動会気分が出るおにぎりを作りたいけど、キャラ系は苦手というパパやママに簡単に出来るハチマキおにぎりを紹介します。

【材料】(10個分)
ごはん…500g
かにかまぼこ…5本
のり…2枚
塩…少々

【前日準備】
・前日にかにかまぼことのりでパーツを作る。まず、かにかまぼこを開いて、赤い部分と白い部分に分け、それぞれ割いて赤いハチマキ5本と白いハチマキ5本を作る
・残った赤い部分のかにかまぼこをタピオカ用ストローで抜いて、頬を10組作る
・のりは1/8枚を10枚用意し、それぞれはさみで切り、前髪のパーツを作る。余ったのりで目、鼻、口の顔のパーツをのりパンチで抜いて10組分を準備する
※密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存する

【作り方】
1. ご飯は10等分(1個当たり50g)にし、塩をふったラップで包み、平らなだえんににぎる
2. 前日に準備しておいた前髪のパーツののりをはりつけ、ラップで包んで10分程度おいてなじませる
3. のりがなじんだら、ピンセットを使ってのりの顔のパーツをはり、マヨネーズを接着剤代わりにかにかまぼこの頬をのせていく。最後にはちまきをのせてできあがり

ポイント
・のりの前髪のパーツ部分は全体に切り込みを入れておくと、食べやすくなります
・目のパーツは少し左右離れ気味に、鼻のパーツは目の高さに、口のパーツは鼻のすぐ下に、できるだけ全体を中心よりにのせていくとかわいい顔ができます
・マヨネーズが使えない場合は短く折ったパスタを使って頬を固定します。おにぎりを食べる頃にはご飯の水分でやわらかくなっています

定番のから揚げやおにぎりも、箱とカップとフラッグピックの組み合わせで華やかに。
頑張る子どもたちを応援するお弁当で、運動会を盛り上げましょう!

この記事を書いたライター

稲井華子さん

foodstylist hanaco代表。高校と大学の7年間をアメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスで過ごし、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業を機に帰国。国際間のコーディネーター、イベントプロデューサーを経て、フード業界へ転身。フードライター、料理講師、英語講師、日英通訳・翻訳など活動は多岐にわたる。

稲井華子さんの記事一覧

 

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。