ママライフ

レゴ(R)を英語遊びに活用したら、3歳息子の英語力がどんどん…!

子どもたちに「好きな遊びは?」と聞くと、必ず上位に入ってくるレゴブロック。
最近ではレゴ(R)スクールも街中でよく見かけるようになりましたし、レゴ(R)を使ったロボットプログラミングなど、教育の分野でも注目されています。

筆者はレゴ(R)世代ではないのですが、10年ほど前に幼児教育関連の仕事で「レゴ(R)×英語」のコラボに出合いました。レゴ(R)のデザイン性、そしてバリエーション豊富な色や形は子どもたちに英語を教える上でぴったりの教材です。
今回は知育玩具としても人気のレゴ(R)を使って、自宅でできる英語遊びを紹介します。


どのタイプのレゴ(R)を使うの?

レゴ(R)にはたくさんの種類がありますが、今回の英語遊びにおすすめは、「レゴ (LEGO) デュプロ 基本ブロック (XL) 6176」です。
対象年齢が1歳半~となっており、ブロックが大きめなので、子どものレゴ(R)デビューにはぴったり。
対象年齢4歳~のレゴ(R)クラシックが使えるようになるまでのつなぎかと思いきや、レゴ(R)クラシックとの互換性もあり、現在小学4年生になる息子も長くお世話になりました。
上記製品ではなくても、デュプロシリーズであれば、組み立てやすく、はずしやすいので、英語の指示にすぐに対応できます。

まずは色からはじめよう!

レゴ(R)デュプロの基本ブロックには赤、オレンジ、黄色、黄緑色、緑色、青、白、黒の8色+スカイブルー(透明)(red / orange / yellow / yellow-green / green / blue / white / black + transparent blue)が含まれています。

まずは

“What color is this?” (この色は何色?)
“It’s red!”(赤!)

のQ&Aでリズムよく色の単語のやりとりをしましょう。

次に数を覚えてみよう!

実際に指示を出す時にブロックの数を指定しなくてはいけないので、数の数え方を練習します。1~10までの数でしたら、子どもは歌であっという間に覚えてくれます。
軽快なリズムの”Seven Steps”やジェスチャーが楽しい”Five Little Monkeys”などがおすすめ。動画サイトで検索すると色々なバージョンの数え歌が楽しめます。

最後に大きさを覚えてみよう!

ひと通りの色と数を英語で覚えたら、今度は大きさを覚えます。
形は大、中、小(large / medium / small)の3種類。

“What size is this?” (この大きさは?)
“It’s small!”(小さい!)

こちらも色と同様にリズムよく覚えましょう!

準備ができたらお花作りスタート!

まずは使うブロックの指示をします。今回使うブロックはこちらです。

“Let’s pick up 1 medium green block, 3 small green blocks, 2 medium red blocks, 2 small red blocks, and 1 small yellow block.”
(中くらいの大きさの緑色のブロックを1個、小さい緑のブロックを3個、中くらいの大きさの赤いブロックを2個、小さい赤いブロックを2個、小さい黄色いブロックを準備しましょう)

ゆっくりとわかりやすく、ジェスチャーを交えながら、ブロック選びの指示を出していきます。

“Connect 2 small green blocks.”
(小さな緑色のブロック2個をくっつけて)

慣れてくれば、”Connect”や”Add”などの指示を出してもよいですが、初級編としては、シンプルに次に使うブロックの色と数、大きさを教えて、あとはジェスチャーで伝えるのがおすすめです。

ゆっくりと色と数、大きさを伝えながら組みたてていくと…お花の完成です!

わが家では3歳から英語でのレゴ(R)遊びをスタートさせ、お花から、ゾウ、キリン、トラック、カメラ…小学校入学前には家やドラゴンなどの超大作も作っていました。
息子は、英語で会話をする際に必要とされる基本の単語も英語でのレゴ(R)遊びで覚え、4歳でアメリカへ行った際も、筆者の友人たちと英語でしっかりコミュニケーションがとれていました。

ちなみに作品の作り方は親が動画サイトなどで調べて、先に英語で覚えなくてはいけないので、大人の脳トレにもぴったり。そして、作品が完成したら、その作品で子どもとたっぷり遊ぶことがまた大切! レゴの楽しさも英語の楽しさも広がります。
レゴ(R)と英語のコラボで子どもも大人も楽しく遊んで学びましょう!

<参考商品>
「レゴ (LEGO) デュプロ 基本ブロック (XL) 6176」

この記事を書いたライター

稲井華子さん

foodstylist hanaco代表。高校と大学の7年間をアメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスで過ごし、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業を機に帰国。国際間のコーディネーター、イベントプロデューサーを経て、フード業界へ転身。フードライター、料理講師、英語講師、日英通訳・翻訳など活動は多岐にわたる。

稲井華子さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。