ママライフ

0歳からの英語教育は、自宅でできる「英語遊び」

「子どもには英語を話せるようになって欲しい…。英語教室に通わせた方がよいのかしら…」

これからの英語教育に不安をもつママは多いと思います。2020年度からセンター試験に代わる「大学入学共通テスト」が導入され、英語の試験では「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能が問われます。それにともない、小学校では高学年から英語が教科として正式にスタート、中学校では英語の授業を英語のみで行い、高校では生徒自身が英語で発表・討論・交渉などの活動を行う予定です。

幼児期からの英語教育が当たり前になりつつある社会ですが、何から手をつけるべきか悩みますよね。そんなお悩みママに手軽にできる自宅での英語遊びを紹介します。

英語遊びは何歳から?

brothers-457237_1280

自宅での英語遊びには年齢制限がありません。0歳からでも、幼稚園に入ってからでも大丈夫。思い立ったが吉日で、親子で楽しむことが何よりも大切です。なぜなら、将来的な目標は「バイリンガルな子どもを育てる」なんて大それたものではなく、「英語を嫌いにならない子どもを育てる」ですから。ゆったり構えましょう。

具体的に何をするの?

kermit-1673471_1280

幼児期はこれから問われる英語の4技能のうちの「聞く」と「話す」がとても得意な時期です。
まずはわが子が好きな絵本を用意しましょう。日本語、英語、どちらでも構いませんが、ひらがなが読めると日本語の絵本だと読み始めてしまうので、英語の絵本がおすすめ。「私には英語での読み聞かせはムリ!」というママ、ご安心ください。読み聞かせではなく、絵本を使って質問遊びをしましょう。

“What’s this?”から始めよう!

“What’s this?”(これなーんだ?)
“It’s an elephant!”(ぞうさん!)

絵本に出てくる動物やモノを指さして、お子さんに問いかけてみてください。最初は「ママ、何言ってるの?」と思っているお子さんも回を重ねるうちに「エレファント!」と元気よく答えてくれると思います。
ここでママがやらなくてはいけないことは、”What’s this?”の正確な発音を覚えること、そして、絵本に載っているモノをすべて英語で覚えること。子どもは数回聞けば、あっという間に覚えてしまいます。お子さんに負けないように頑張りましょう!

慣れてきたらほかの質問もしてみよう!

“What color is this?” (この色は何色?)
“It’s red!”(赤!)

お子さんが好きなモノを英語で言えるようになったら、色も一緒に覚えてもらいましょう。これは絵本がなくてもできるので、おやつの時間、お風呂の時間などを利用して遊ぶこともできます。
色を覚えたら、次は形(shape)という感じで、日本語と同じように英語でもどんどん質問遊びをしましょう。子どもは大好きなママと英語でコミュニケーションをとることで、「英語って楽しい」と思ってくれます。

英語遊びのポイントは「続けること」!

learn-2706897_1280
子どもが大好きな遊びを英語でやる、ただそれだけです。でも、ここで重要なポイントは「続けること」。幼児期は覚えるのも早いですが、忘れるのも早い時期。自宅で英語遊びを続けることで、「英語=遊び=楽しいもの」と脳に記憶され、小学校からの英語教育にも抵抗なく取り組めると思います。

そして、「英語を嫌いにならない」子どもは将来的に英語力を身につけることができます。これは私の実体験からの感想ですが、長くなるのでまた今度。お手軽な英語遊び、ぜひ一度親子で楽しんでみてくださいね。

この記事を書いたライター

稲井華子さん

foodstylist hanaco代表。高校と大学の7年間をアメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルスで過ごし、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業を機に帰国。国際間のコーディネーター、イベントプロデューサーを経て、フード業界へ転身。フードライター、料理講師、英語講師、日英通訳・翻訳など活動は多岐にわたる。

稲井華子さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。