ママライフ

やっぱり便利!お弁当作りが楽になる3つの基本アイテム

子どもが幼稚園や保育園に入園し、ただでさえ時間がない朝に、慣れないお弁当作りも加わって大忙し! なんていうママも多いのではないでしょうか。そこで、お弁当作りがちょっと楽になるグッズを紹介します。

チーズや海苔、薄焼き卵からご飯まで! 何でもかわいくなる「型抜き」

子どもの小さいお弁当箱は、あっという間にいっぱいになってしまい、なかなかアレンジが難しいもの。そこで便利なのが、子どものお弁当向けの型抜き。クッキーなどに使えるシンプルな型抜きだけではなく、最近は海苔用やおにぎり用、野菜用、ハム・チーズ用、パン用などさまざまな型抜きが販売されています。時間がなくても、例えば人参だけ型抜きを使って花の形にするだけで、ぐっとかわいくなるので、とても便利。
新幹線や猫の顔、パンダなどの形になっているおにぎり用は、窓や目鼻口などになる海苔用の型抜きとセットになっているものが多いですが、キッチンで案外場所を取るので、まずは子どもが好きなものを1つ買うのがオススメですよ。

1

色々な型抜き。振るだけで一口サイズのおにぎりになる型抜きは、あっという間に子ども向けのおにぎりができるので便利!

ケチャップだけとは一味違って子どもも大満足! 「ナポリタンソース」

最近、マ・マーやオーマイから発売されているナポリタンソース。すでに具材が入っているうえに、冷めても固まりにくくて食べやすいので、ケチャップを使って味付けするより簡単です。これがあれば、チキンライスやナポリタン、オムライス、ハンバーグやフライのソースなど子どもが好きな定番レシピに使えるので、本当に便利。優秀な時短グッズです。

IMG_6129

マ・マーの具入りケチャッピーナポリタン。ケチャップのようなチューブ型なので使いやすい

紙からシリコンまで、形も柄もさまざまな「お弁当用カップ」

昔は銀色のアルミカップしかなかったお弁当用のカップですが、最近はさまざまな柄や形のカップがあり、お弁当に1つ入っているだけでぐっと明るくなるスグレモノ。紙タイプのカップはカラフルでかわいいデザインのものが豊富です。
また、最近流行りのシリコンタイプのカップは、おかずを入れた状態で冷凍ができ、電子レンジで温めるだけでお弁当に入れられます。清潔なスプーンでおかずを入れたシリコンカップをタッパーに並べて冷凍すると、衛生的に保存できますよ。そのほか、大豆や海苔でできた、食べられる変わり種のカップも。おかずが同じでも、カップを変えるだけでお弁当の雰囲気が変わるので、お弁当作りビギナーさんには強い味方です。

IMG_6363

シリコンカップは色も形もいろいろ。重ねてタッパーに入れて収納しておくと便利です

ママもお弁当作りを楽しめるように

ついついろんなアイテムを使いがちな子どものお弁当ですが、ピックやキャラクターがついたものを禁止している園もあるので、しっかり把握しておきましょうね。
お弁当作りが上手なママをうらやましく思ったり、好き嫌いがない子とわが子を比べてしまったりして、ヘコむことも多いお弁当作りですが、大事なのは、子どもがお友だちと先生と一緒に、楽しくお弁当の時間を過ごせること。上手にグッズを利用しながら、ママもお弁当作りを楽しんで、育児のいい思い出になるといいですね!

<文・写真:フリーランス記者 芳賀 千歳>

この記事を書いたライター

芳賀 千歳さん
hagachitose.jpg

都内で夫と息子(5歳)と3人暮らし。趣味は旅行。アラフォーだけど新しいもの好き。家事や育児が楽になるものを日々探求中。

芳賀 千歳さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。