ママライフ

5歳の息子が時計を読めるように!きっかけは「ポケモン」と「ここたま」

新学期が始まると、生活リズムが変化するため、時間を常に気にして動くことが増えると思います。「もう〇時だよ!」と子どもに急かすことが増えていませんか? 時間の感覚がまだつかめていない子どもが、時計を読めるようになることで、時間の感覚が芽生えます。今回は、5歳の息子へのアプローチ方法を紹介します。

まずは、時間を意識させることからスタートする

時計を読む練習は、数字が読める・数えられるようになったタイミングで始めることがポイント。また、時計を読めるようにするためには、親子間での約束事に「朝は8時までに着替えをする」、「夕方の6時になったらテレビを観るのをやめる」というように、生活の中で子どもに時間を守ってもらうことからスタートします。そうすると、「今、何時?」という質問が返ってくることが増えてくるはず。

そこで、わが家ではまず2つのことから時計を意識させてみました。

絵本からのアプローチ
時計に関する絵本は多くあります。中には、自分で針を動かす時計つきのものもあるので、より効果的です。

クイズ形式にする
「今、何時?」と聞かれたときに、「何時だと思う?」と聞き返していました。時々、突拍子もない答えが返ってきてビックリすることもありますが、何を理解できていないのかを確認するチャンスです。
幼稚園に行き始めるころには、1日の中で、生活リズムが大体決まっていると思うので、「〇〇くんが今日起きた時間は何時だったかな?」など、クイズ形式にして遊びの中に時間を取り入れていました。

教える順番は、「短針」から「長針」で

時計の読み方を教える順番は、
1.短針と長針の違いを教える
2.短針からマスターするために、“〇時ちょうど”を教える
「短針が1を過ぎても、2を抜かすまでは1時だよ」ということもプラスしておきます。
3.ちょうどが理解できるようになったら、長針の向きに注目してもらう
まずは、〇時30分、次に15分と45分を加え、長針の向きは12・3・6・9の4つのポイントを押さえます。
4.学習用時計があれば、普段目にする時計を見ながら同じ時刻にしてもらう
時計の針を自分で動かしてみることで、長針が12を過ぎると短針が進むといった時計の仕組みが把握しやすくなります。

完璧にマスターするまでは少々時間がかかります。わが家では、1~2カ月かかって、8割ほど読めるようになりました。はじめは大体の時間を理解してもらえたらOKだとしておくほうがいいと思います。

わが家で一番効果的だった方法はアニメ!

時間を意識させるようになり、子どもから「今、何時?」と尋ねられるのは、“おやつの時間の前”と“好きなテレビアニメが始まる前”が多いことに気がついた私。子どもに何かを教えたり、覚えたりしてもらうときには、子どもが興味のあるテーマから入ると何事もスムーズにいくことは経験上わかっていました。

わが家で一番効果的だったのは、好きな番組が始まるのを楽しみにしている子どもに「今、何時?」とこちらから聞くこと。日曜の夕方6時から始まるアニメ『ポケットモンスター』や、木曜の夕方5時55分から始まる『キラキラハッピー☆ひらけ!ここたま』をきっかけに、数字と針の向きで時計の読み方を覚えたようでした。好きなものが関係してくると、子どもは本当にいつも以上のパワーを発揮してくれます(笑)。
親子間の約束事も、“〇時ぴったり”ではなく、“〇時35分”など半端な時間に設定してみるのもおすすめです。

子どもが自分で時計を確認して行動ができるようになってくると、「〇時までにはコレをしなきゃ!」という意識が芽生え、私が「〇時だから早くして!」というセリフを言うことが減ってきました。おかげで親子ともに気持ちにゆとりがでてきたように感じています。

この記事を書いたライター

郡司 佳奈さん
gunzikana.jpg

夫・幼稚園生(年中)の長男・2歳の次男の4人家族。 流行り物は試してみたい!フットワークの軽いミーハーママです。 何事もチャレンジがモットー。 会社員時代に繊維製品品質管理の資格取得、ママになってからリフレクソロジストの資格を取得しました。 お料理、キャラ弁作りが好き。

郡司 佳奈さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。