ママライフ

おままごと遊びで我が家の男子2人に明らかな効果が!

男の子が好きな遊びの代表と言えば、プラレール、トミカ、戦隊ヒーロー系。幼稚園内でも男の子遊びと女の子遊びに分かれていることが多いようですが、最近になって我が家の男の子2人が最近夢中になっているのが“おままごと遊び”。実は男の子もしっかりと楽しめます。
実体験を通じて感じることができた、おままごと遊びが子どもにもたらす効果を3つ紹介します。

おままごと遊びに夢中になったきっかけ

長男が1歳を過ぎたころに、木製の野菜や包丁、まな板などのおもちゃを少しだけそろえていたのですが、しばらくすると興味が別の遊びに移り、一時はしまった状態に。やっぱり男の子は身体を動かす遊びの方が好きなのだとずっと思っていました。
その後、次男がキッチンの調理器具に興味を持つ月齢になり、私の調理中にあれこれと出してひっくり返す(1~2歳のあるあるですよね)ので、子ども用のキッチンを用意してみよう!とキッチンおもちゃを購入。一度はおままごとから離れた年中さんの長男も再び遊ぶようになったのです。

イケアのキッチンおもちゃがすごい!

我が家が使っているのは、イケアで販売されている「DUKTIG ドゥクティグ おままごとキッチン」です。
securedownloadイケアキッチン
別売りのキッチン用品を付けると、本物さながらのクオリティ。自分用のキッチンができた子ども達は大喜びでした。
子ども部屋ではなく、あえてリビングダイニングに置くことで、私の料理中に真似がしやすいようにしています。
securedownloadイケアキッチンディティール
子ども達が遊んでいる間に見せてくれた仕草や聞こえてくる言葉を観察していると、面白いポイントが見えてきました。

おままごと遊びで鍛えられる3つのポイント

securedownloadイケアキッチン子ども達
1.観察力の確認
調理器具を使ってママの真似をし、作り方、盛り付け方、彩りのこだわりなどをよく観察していること。
プラスチックのお皿に赤や緑、黄色の食材のおもちゃを並べて、「ママいつもこうやってるよね」と真似をしてくれました。軽くプレッシャーにもなりますが(笑)、よく見てくれていることがわかり、うれしくなります。

2.応用力のアップ
キッチンが家庭内のシチュエーションなのか、お店屋さんのものなのかによって役回りに変化があるので、その立場になったときにどういう行動をするのかを考える力が鍛えられること。
例えば、お店屋さんのキッチンのシーンだとすると、「いらっしゃいませ」の挨拶から始まり、注文を聞く、調理をして「お待たせしました」と持って来る、そして最後にお会計をするという流れの一連をおままごとで学ぶことができます。1の観察力にも通じることですが、真似をすることで人がどういう動きをしているのかを理解するチャンスになります。

3.本番を迎える前のイメージトレーニング
本当の料理をするにはまだ早いかなというメニューは、遊びながら作り方を説明することでスムーズに本番を迎えやすくなります。「このお野菜で何が作れると思う?」と質問すると、いろいろな答えが返ってきて面白い! 想像力のトレーニングになるはずです。

“まね(真似)ごと”が学ぶことの始まり。おままごとは最適な遊びです。
将来の料理男子育成のためにも、今からおままごと遊びを取り入れてみませんか?

<文・写真:フリーランス記者 郡司 佳奈>

この記事を書いたライター

郡司 佳奈さん
gunzikana.jpg

夫・幼稚園生(年中)の長男・2歳の次男の4人家族。 流行り物は試してみたい!フットワークの軽いミーハーママです。 何事もチャレンジがモットー。 会社員時代に繊維製品品質管理の資格取得、ママになってからリフレクソロジストの資格を取得しました。 お料理、キャラ弁作りが好き。

郡司 佳奈さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。