ママライフ

セブ島へ3歳児と3週間の親子留学へ行ってみた!

小学校からの英語授業が始まったりと、グローバル教育が叫ばれる中、英語教育に関心をもつママやパパも多いですよね。また、自分自身が英語を学びたい!と思っている人も多いのでは。
今回は、子どもの英語教育と自分の英語の勉強、両方を叶えることができる「親子留学」を紹介します。

フィリピン・セブ島での親子留学って何が魅力?

2018年9月、私と3歳の娘の2人でフィリピン・セブ島へ3週間の親子留学に行ってきました。
最近人気のセブ島での語学留学。その理由は…
・安い。物価がまだまだ安く、学費も滞在費も安い
・近い。直行便なら4時間半で到着
・英語の先生の質が高い。フィリピンの公用語は英語。発音も綺麗でネイティブレベルの授業が可能。マンツーマンレッスンが充実
・フィリピンの中でもセブ島は年中温暖で、ショッピングやスパ・プールなど遊び場も充実

また、「親子留学」が現実的な理由は、
・家政婦さん(滞在中の家事とベビーシッターどちらもやってくれる)がいる
・なんといっても日本からの近さ。子連れで海外に行くとなると、飛行機に乗ってる時間は極力短い方がいい

フィリピン・セブ島での親子留学手配の方法と内容は?

今回は私自身も初めての留学ということもあり、資料請求をした留学エージェントを通じて手配してもらいました。

・親子で留学する学校(親子留学専門の校舎を持つ日本人経営の学校)
私も娘も午前中のみレッスンで、親4コマ・子ども3コマでお願いしました(1コマ50分)。
親は4コマすべてマンツーマンレッスン、子どもはグループレッスンです。

・滞在するコンドミニアム
親子留学では学校から徒歩3分ぐらいの高級コンドミニアムが滞在先でした。
セキュリティも厳しく、駐車場も入口もガードマンが常に警備しています。

・家政婦さん
基本の勤務時間は8時〜17時、月~金が出勤日で土日はお休み。
掃除や洗濯、ご飯作りなどの家事全般に加え、ベビーシッターもお願いできます。
DSC_0280

料金は、選ぶ学校やコマ数、コンドミニアムのレベルや広さによって変動しますが、私たち親子の場合あ、3週間で約35万円でした。
それとは別に、航空チケット代や空港税、あとは学生証の発行手数料など現地で学校に払う費用、毎日の食費や生活用品などの雑費が必要になります。

学校に通っている間の1日のスケジュール

6:00 起床
7:00 朝食・着替え
8:00 家政婦さん出勤 → 学校へ出かける準備
9:00 家政婦さんと一緒に登校
11:00 娘のレッスン(3コマ)終了。家政婦さんと一緒に帰宅
※私と娘のレッスン中は、家政婦さんはコンドミニアムに帰って家事
12:00 私のレッスン(4コマ)終了
※午後はフリータイムなので、娘を家政婦さんに任せて1人で買い物に行ったり、娘とお出かけしたり。家政婦さんは食事の準備
17:00 家政婦さん帰宅 → 作ってもらったご飯で夕食
18:00 シャワー・就寝準備・親子の遊び時間
20:00  娘就寝

DSC_0284

親子留学してよかったこと

同時期に同じ学校に通っていた親子8組は職業も年齢もさまざまでしたが、母親ひとりで子どもと海外生活している共通点もあり、すぐに仲良くなれるのも親子留学の特徴かもしれません。
2〜6か月の長期滞在者もいれば、仕事の休みを取って1〜2週間来ている人や育休期間を使って来ている親子もいましたが、普段知り合うことのない人たちと知り合えるのも、留学の醍醐味ですね。
肝心の英語のレッスンの方ですが、親子ともに3週間でも変化が得られたと思います。
私の場合は、何といっても発音でした。実際に発音がしっかりできるようになるには3週間は短すぎましたが、初めて「正しい発音」を学び、自分のどの発音が「間違っている」かを知れたことは、大きな収穫でした。

そして、英語をまったく知らない状態で英語レッスンに放り込まれた娘は、レッスンの中で毎日歌う「お片づけの歌」や「天気の歌」「曜日の歌」を口ずさむように。
英語にも興味をもったようで、日本に帰ってからもアルファベットの歌を歌ったり、書こうとしたりしています。
親にとっても子どもにとっても、世界が広がる親子留学でした。

すっかり魅力にはまってしまい、また時間を見つけたら、同じ学校へも、そしてほかの国にも行ってみたい、と毎日のように思っています。
DSC_0250

この記事を書いたライター

自由気ままにサラリーマンさん

3歳の女の子と愛犬を愛でるワーキングマザー。夫の突然の転勤によりただいまワンオペ生活中。仕事も家事も「時短」が命。最近は、親子2人で旅するのがマイブーム。初めての親子留学をきっかけに、おうち英語にも挑戦中です!

自由気ままにサラリーマンさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。