ママライフ

歯の生え変わりは何歳?仕上げ磨きはいつまで必要?

乳歯が抜けないことも!?歯科医に聞いてみたら

筆者の息子は6歳。同級生は、乳歯が抜けて永久歯になっている子もたくさん。早い子だと年少さんから抜けていた子もいたとか。でもわが子の歯はいまだ微動だにせず。これ、ほっといていいのかな?と気になったので、歯医者さんに聞いてきました。

先日行われた卒園式でもオール乳歯。ぐらつきも一切なし。結局幼稚園の間には抜けませんでした。

 

歯は6歳ごろから6~7年かけて生え変わります

答えてくれたのは、イーストコアデンタルクリニックの院長、竹田先生。

―― 一般的に何歳ごろから歯が生え変わるのでしょうか?

竹田 乳歯が抜け始めるのは6歳頃から。下の前歯から順次生え変わっていきます。そこから6~7年かけてゆっくりと生え変わります。完全に大人の歯並びになるのは、平均12~13歳と言われています。

―― 6歳過ぎても乳歯が抜けない場合は、どうしたらいいでしょうか?

竹田 乳歯が抜ける時期には個人差がありますので、基本的には経過観察でよいと思います。もし心配であればかかりつけ医に相談してみてください。乳歯が抜けたのに6ヵ月以上永久歯が生えない場合は、永久歯の成長が遅れていたり欠如している場合もありますので、こちらも相談を。レントゲン撮影をして歯の状態などを確認する場合があります。

永久歯が足りない場合は乳歯を使っていくことも

―― 私自身、永久歯が足りなくて、未だに乳歯が3本あるのですが。永久歯が足りているかなどの確認はどのようにするのでしょうか?

竹田 永久歯の成長が遅れている、または欠如しているかどうかは、レントゲン撮影などのチェックによって分かりますよ。なお、お子さんの永久歯が欠如していると分かった場合、乳歯をそのまま使用し続ける場合もあります。その乳歯がいつまで使えるかは、虫歯リスク、かみ合わせなどによって個人差があります。乳歯を長く使うためには、虫歯や歯周病予防のために定期検診を行うこと大切ですね。

仕上げ磨きは小学校低学年までは必ず!場合によっては高学年まで

―― 子どもの歯の健康のためには、いつごろまで仕上げ磨きをすべきでしょうか?

竹田 仕上げ磨きは小学校低学年までは続ける必要があります。高学年でも、子ども本人による歯磨きが不十分である場合は、仕上げ磨きを継続した方がいいいですね。例えば、お子さんの歯磨き時間が1分に満たなかったり、歯磨き後にお口をチェックして磨き残しがあったりしたら、仕上げ磨きを続けてください。

―― 最後に、生え変わりの時期に気をつけることを教えてください。

竹田 生えたての永久歯は虫歯になりやすい歯質をしています。フッ素、キシリトール、CPP-ACP(商品名:ポスカム)などを使用すると歯の質を強化できます。ただし、CPP-ACPは牛乳アレルギーの人は使用できませんので気をつけてくださいね。

歯の生え変わりは個人差のあることなので、気になることがあったら、まずは歯科医に相談するのがおすすめです。わが家も仕上げ磨きをしっかりしつつ、様子を見ていこうと思います。

この記事を書いたライター

清宮(clabocco)さん

出版社勤務を経て、編集・ライターとして独立。clabocco(くらぼっこ)は屋号 です。一児の母。でも家事は永遠に修行中…。趣味は漫画、コスメ、ゲーム、手芸、100均パトロール、ディズニーなど雑多。好きな言葉は、時短、簡単、節約ご飯。子鉄な息子のおかげで、BDレコーダーの中が鉄道番組でいっぱいなのが最近の悩み。

清宮(clabocco)さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。