ママライフ

夫の気持ちがわかるパパエッセイ3選!パパってこんなこと考えてるの!?

パパに対して「なんでそんなこと言うかな?」「なんでこれができないかな!?」と思ったことがあるママ、多いですよね。筆者も何百回思ったか知れません…。パパって子どもやママをどう見てるんだろう? そんな疑問に楽しく答えてくれるのが、パパが描いた「パパエッセイ」! 中でもオススメの3作をピックアップしてみました。パパにイライラした時に読むと、ちょっと優しい気持ちになれるかも?


 

大人気絵本作家・ヨシタケシンスケの『ヨチヨチ父』

512gYPICSDL
972円(税込)/赤ちゃんとママ社

『りんごかもしれない』や『もうぬげない』といった大ヒット絵本を連発する、今をときめく絵本作家ヨシタケシンスケさんのイラストエッセイ。二児の父でもある著者が、陣痛中の声にドン引きしたり、横に大きくなっていくママに思うところあったりなど、パパの本音をコミカルに描いています。ママとイチャイチャしたいのにバッサリ断られたり、風邪をひいて邪険にされ「心配してもらったり、看病してもらったり。パパの世界ではそれらはもうすでにファンタジーの領域なのです」としょんぼりしたり、なんだかパパがかわいく見えてきちゃうシーンも。子育ての心配や辛かったことなど、親としてのあるあるネタもおさえてあるので、パパもママも笑いながら大きくうなづいてしまう一冊。

ベストショット1

ベストショット2

ベストショット3

ベストショット4

(C)2017 Shinsuke Yoshitake

 

妻(伊藤理佐)のエッセイと対をなす、吉田戦車の『まんが親』

61q+R2KEbcL

全5巻/各802円(税込)/小学館

『伝染るんです。』で一世を風靡した吉田戦車の育児エッセイ漫画。同じく漫画家の伊藤理佐と結婚し、それぞれがそれぞれのエッセイで娘を描いています。『まんが親』はパパ目線。幼児ならではの語彙や言いまわしを気に入ってるシーンや、娘の鼻歌をBGMにしたお散歩など、日常の何気ない家族の幸せがつづられています。たまにダークな面が出てきたり、娘の突然の小芝居やごっこ遊びに戸惑いながらも全身でつき合う姿がパパならではかも? 伊藤理佐が描くママ目線の『おかあさんの扉』と一緒に読むと楽しさ倍増です。

まんが親2

(C)吉田戦車/小学館

 

 

SNSでバズり中! 横山了一の『きょうの横山家』

71iNcKtEN+L

既刊1巻/594円(税込)/KADOKAWA

こちらも夫婦で漫画家の横山了一による『きょうの横山家』。息子の理不尽な対応を描いた『息子の俺への態度が基本的にヒドイので漫画にしてみました。』が人気となり、育児・家族エッセイがライフワークに。ゲームや漫画大好きな両親のもと、同じように育った息子と娘とともに送る、楽しくオタクな賑やか生活。調査兵団(『進撃の巨人』に登場する兵団)より念入りにパパのうなじを切る息子、「パパのみためはきらいだけど、あそんでくれるところはすき」と女子全開の娘。時として子どもたちより子どもかもしれないパパは、ブログやSNSで積極的に漫画をアップ中(@yokoyama_bancho)。よくバズっています。

P50

(C)横山了一/KADOKAWA

 

ついつい視野が狭くなりがちな育児期、パパエッセイで楽しく視点変換できたら夫婦間にも笑顔が増えるかも!

この記事を書いたライター

清宮(clabocco)さん

出版社勤務を経て、編集・ライターとして独立。clabocco(くらぼっこ)は屋号 です。一児の母。でも家事は永遠に修行中…。趣味は漫画、コスメ、ゲーム、手芸、100均パトロール、ディズニーなど雑多。好きな言葉は、時短、簡単、節約ご飯。子鉄な息子のおかげで、BDレコーダーの中が鉄道番組でいっぱいなのが最近の悩み。

清宮(clabocco)さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。