ママライフ

半年でマイナス10キロダイエット!ハードな運動、ストイックな食事制限なし!

2715167ad107982190de65bc144102f5_m

自己紹介と体重変動

小学1年生から3年生の年子三姉妹の母。アラサーの専業主婦です。

長女が幼稚園年長の時にうつ病になり、抗うつ剤の副作用による過食で体重は47キロから65キロへ。
現在うつ病は落ち着いていますが、ADHDの治療のためメンタルクリニックに通院中。

過食症に陥り体重が増えてしまっただけでなく、顔までが別人の様に激変してしまった事から本格的なダイエットを決意。「ダイエットをするなら、無理なくストレスも少なく、健康的に痩せたい」という強い思いを胸に、まずはダイエット研究から開始。食事法・運動法などについて調べ、その中から最適と思える方法を自ら実践した結果、バストサイズをまったく落とさずに65キロから53キロの減量に成功しました。

ダイエットは2018年1月ごろスタート、半年で55キロまで落としました。現在は53キロ。ゆっくりペースでダイエット継続中。

体型はずっと痩せ型で身長162センチ、太る前の平均体重は47~49キロ。独身時代一番痩せていた時は42キロ。
今までのダイエット経験は、独身時代(22歳くらい)と、三女出産後の計2回。当時のマックス体重は53キロ。ヨガとジム通い、食事を変えて、53キロから45キロまで落としました。リバウンドの経験はありません。
現在の目標体重は47キロ。

【体重の変移】

1か月マイナス2キロペース。少しずつ確実に減らし、リバウンドしないように急激に体重を落とさないよう気をつけました。

太っていた時の写真です(完全な黒歴史)。オバサンを通り越して後姿はまるでオジサンですね。

DSC_0346

あんふぁんダイエット

ダイエット中に一番効果が感じられたのは…

効果があったのは圧倒的に食事ですが、食事の次には姿勢を正す、便秘を治すというののが効果がありました。
私は子どもの時から猫背と便秘がひどかったのですが、猫背と便秘を改善するだけでダイエットには効果がある、と今回のダイエットを通して実感しています。

【猫背改善】

姿勢正しく生活するのって、思っているよりもずっと筋肉を使います。よい姿勢をとってみるとわかりますが、腹筋だけでなく、普段は鍛えにくい背筋も使います。だから下腹部も背中も同時にスッキリしていくのです。また、かかとや膝がピッタリつくように立てば、太ももの内側にも力が入ります。よい姿勢で1分ほど立ってみると、結構疲れると思います。

よい姿勢で立つだけで、立派な運動になるんです。これを1日続けていたらカロリー消費にも期待大! 座っている時も立っている時も、姿勢自体がダイエット! という気持ちを常にもっていると、全身の筋肉に意識がいくようになり、徐々に基礎代謝もアップしていくと思います。簡単なので今日からでも実践できますよ。

【便秘改善】

便秘が太る原因のひとつに「消化吸収の悪化」が考えられます。便秘中は消化のスピードが遅いため、余計な糖や脂質を腸が吸収してしまいます。スムーズに排便できれば吸収せずに済むものまで吸収してしまうため、太りやすくなってしまうようです。

便秘は、腸内に古くなった食べ物が残っている状態。腸内で食べ物のカスが腐敗すると、血液までドロドロにしてしまい、血流の流れが悪くなるため代謝が落ちてしまいます。ドロドロになった血液をキレイにしようと肝臓などの臓器が頑張ってくれるのですが、本来代謝に使われるはずのエネルギーが不足するために代謝が落ちてしまうのです。

また、腸内に溜まった便の中には脂肪が残りやすくなります。本来は必要な栄養を吸収したら速やかに排出するはずの便が腸内に残ると、余計なものまで体内に吸収してしまいます。腸内に溜まりやすい脂肪を吸収して、結果として皮下脂肪として体に蓄えられてしまいます。

便秘によるストレスが自律神経を乱して、止まらない食欲増加の原因となることも。便秘中の食欲増加はニセモノの食欲なので注意が必要です。

【食事】3食きちんと。間食も我慢せずひと工夫

【ダイエット前の食事の好み】

・ジャンクフード
・冷たい飲み物(ジュース類)
・油っこい食事
・甘いもの
・パン
・チーズなどの乳製品
・パスタ、ピザなどのイタリアン
・洋菓子類
・外食やコンビニ弁当

【ダイエットを開始してからの食事】

・腹八分目の食事
・ジュースは飲まず、お茶か水(できれば常温)
・野菜多め、肉はなるべく鶏のむね肉
・3食きちんと食べて、20時以降は食べない
・朝食はたっぷり食べて、昼はふつう、夜は少なく。できれば夜は炭水化物抜きがよい
・外食するときは我慢しないで好きなものを食べる。その代わり、前日の夜や当日の朝の食事の量とカロリーを調整する
・砂糖と小麦粉、乳製品はダイエットする時には避けたほうがよい
・油はなるべくオリーブオイルを使用(オリーブオイルを多用する地中海料理は体によいそうです)
・発酵食品を多く摂る(納豆、キムチ、ぬか漬け)

【ダイエットを開始してからの間食】

・間食は我慢すると反動があるため、時間を決めて適量にする。ミニトマトやきゅうり、こんにゃくゼリーがおすすめ
・また、どうしても甘い物が食べたい時は手作りスイーツがおすすめ(油と砂糖の量を調節できるから)
私はにんじんケーキや、豆腐ドーナツ、ゼリー、豆乳を使ったスイーツを作りました

【運動】小さなことをコツコツと。毎日の継続が大事

・朝6時台にNHKで放送しているラジオ体操がおすすめ
・なるべく歩く。

わが家は家族で定期的にウオーキング大会へ出場していて、だいたい20キロコースを歩いています。たまに登山もします。ウオーキングのポイントは、ダラダラ歩きは効果がないので早歩きで。しかも姿勢よく歩くとなお効果的! しかしいきなり20キロを歩くのはハードなので、例えばエスカレーターやエレベーターを使わないようにするとか、一駅分歩いてみる、スーパーまで軽く歩いてみる、など最初は少しの距離から始め、徐々に距離を増やしていけばよいと思います。

・ヨガ

1日ワンポーズでOK! 毎日継続するのが痩せるコツ。私は本を買って独学しました。教室に通わなくても、本やネットで調べて気軽に始められます。ポイントは正しいポーズと正しい呼吸で行うこと。一番大事なのは、毎日継続すること!

・ストレッチ(寝る前がオススメ。)

・隙間時間を有効利用

【例】

・ストレッチしながら洗濯物を畳む
・歯磨きしながらスクワット
・背筋を伸ばして生活するだけて割とすぐ痩せます(私的にこれが一番効果大。昔から病的な猫背なので)
・階段を使う
・入浴しながらマッサージ。リンパを中心に行います。ふくらはぎや二の腕、デコルテがオススメ。シャワーの水圧を利用し鎖骨のリンパを流すのもお気に入り
・手や足裏のツボ押しでデトックス
・ダイエットスリッパもおすすめ(最近は100均でも売っています)

【メンタル】毎日体重計に乗る、食べ物系のテレビ・ネットはNG

・なりたいイメージのモデルさんや芸能人の写真をみる
・着たい洋服をイメージする
・痩せたらしたいことを書き出す
・毎日体重計に乗る(これが一番効果大)
・自分の裸を鏡でチェック(全身鏡がオススメ)
・家族や友人、SNSなどでダイエット宣言をする
・食べた物を毎日記録(有名なレコーディングダイエットですね)
・ダイエット成功者の本やブログを読みマネする
・お腹が空いたら歯磨き(意外と効果あり。口の中がすっきりして食欲が減ります)
・食べ物系のネット記事やテレビはみないようにする(特に夜中は要注意!)

半年前の生活と今の生活で、大きく違うこと。そしてこれから

太っていた時はすっぴん、髪はボサボサ、ラフな格好ばかりでしたが、オシャレに気を使うようになりました。食べること以外でストレスを発散できるようになり、腹八分目で満足できるように。

ダイエット方法には様々なものがあり、また個人差もあるので、私と同じ方法をとったからといって必ず痩せるという保証はできません。自分に合った方法を見つけ出し、それを継続していくことが一番大事なのだと思います。

ダイエット後、現在の全身写真です。ウエスト部分をもっと絞りたいのと、二の腕も細くなりたいです。これからもダイエットは継続予定です。

ダイエット4

cof

この記事を書いたライター

朝ごはん ママさん。さん
aokimami.jpg

"アウトドア大好き! 年子三姉妹の母してます。 趣味は食べる、寝る、イラストを描くこと。 よろしくお願いします! https://twitter.com/asameshiclass http://asameshi.club/ https://www.instagram.com/asameshiclass/"

朝ごはん ママさん。さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。