ママライフ

怖いっ!川遊びのヒヤッと体験と知っておきたい危険な場所とは

USitadorigawa_TP_V

夫婦で溺れる!?まさかの事態

夏の暑さも佳境に差しかかったころですが、まだまだ水遊びが楽しい季節。プールなどの比較的安全性の高い場所とはまた違った楽しみがある川遊び。しかし、その一方で気をつけたいのが川遊び中の事故。

夏になると毎年キャンプに行くわが家。もちろん、子どもたちが大好きな川遊びもたくさんします。そして川遊びで一番印象に残っている出来事が、「夫婦で溺れたこと」です。

2年前、川の危険を全く知らなかったわが家は、事前準備もほとんどせず、急な川の流れも全く把握していないまま川遊びをしました。そして、子どもたち3人が乗ったボートが流されてしまったのです。子どもたちを守るため、必死にボートをつかんでいた私。川の流れが予想以上に激しく、足をとられてボートはどんどん川の奥へ。最終的にボートは岩にぶつかり止まり子どもたちは無事でした。しかし、川の奥は私の足がつかないほど深く、水泳が得意で水に自信があったのに、溺れてしまいました。そして溺れた私を助けようと飛び込んだ主人も(ちなみに全く泳げない)もちろん溺れました。私は自力で岩の上に上がり、主人は近くにいた女性の浮き輪につかまり無事でした。

もしもあの時、子どもたちが溺れていたら、と思うと今でもゾッとします。この怖い出来事があってから、わが家は帰宅してすぐに川遊びのためのグッズを準備し、川遊びの危険について情報収集をしました。

楽しく、そして安全に遊ぶためにも、川遊びの危険性をしっかり把握しておくことはとても大切です。今回は川遊びでの持ち物や注意点などを紹介します。

安全に楽しむために「川の危険性」について知っておこう

川はとても楽しくおもしろいところですが、上流や近くで雨が降ると川の水が急に増えて流されてしまうなど、時として怖い場所になることもあります。

川遊びは急な増水に気をつけて! 天気予報を常にチェック

川遊びをする際は気候の変化にも注意が必要。雨による増水の影響で水の流れの強さが変化し、ついさっきまで入ることができていた場所でも足をとられ流されてしまう危険性があります。雨が降ってきたら一度川から上がり、安全を確保できる場所で様子をみるなどの対策をしましょう。

また、水が濁りだし落ち葉や流木などが流れてきたら上流ではそれ以上の雨が降っている可能性が高いので要注意。

雨が降っているのに水かさが徐々に減ってきている場合や、山鳴りがする場合は土石流の前兆なので、ただちに安全な場所へ避難するようにしましょう。

山の天気はとても変わりやすいので、川遊びポイントでは天気がよくても、いきなり鉄砲水にあう危険性も。あまり深いところに行かずに、周りに注意しながら遊ぶようにしてください。常に天気予報が確認できるように、ラジオやスマホを準備しておきましょう。

川遊びで気をつけたい危険な場所

川に入ると急な深みがあり、浅いと思ってそのまま進むと足がつかなくなって流されてしまうことがあります。川底の変化に注意しながら遊びましょう。また、川は複雑に流れが変化しているので、少し流れに変化を感じたら進まないように気をつけましょう。今までゆるやかな水の流れだったポイントが、急に流れが速くなることもあるので、流れが速かったり、深くなっているポイントを事前に知ることが大切。そして、川の奥深くには絶対に行かないこと。川幅が狭くなっているところは流れが速いと言われているので要注意。

特に怖さを知らない子どもたちは誤って、奥に入りこんでしまうこともあるので注意が必要です。周囲の大人が常に気をつけて、絶対に目を離さないようにしましょう。また、家族やグループで遊びに来た場合は別々に行動するのではなく、はぐれないように常に一緒にいるようにしてください。とにかく、「誰かが見ていてくれるはず」という甘さは禁物。川遊びだけではなくアウトドアに行く際は、必ず子どもの居場所を常にチェックしておく必要があります。

【早瀬】

流れの速くなるところを「早瀬」といいます。足を取られて転倒し、流されて溺れるというケースが多く報告されています。

【川底】

岩や流木、瓶や缶など怪我につながる物も多く存在します。また、川底の危険は物だけではなく、急に足がつかなくなるほど深くなる「淵」にも要注意。「淵」とは川のなかで急激に深くなる場所のことで、川のカーブの外側に多くあります。浅瀬から歩いていくと急に深くなり、子どもであれば全身が沈むこともあるため、溺れたり流されたりする原因になります。大きな岩の周囲も流れが変わることから、深くなっています。

【流れが速くなっている場所】

淵の手前や大きな岩などの障害物の影響で川の流れが急激に速くなっている場所があります。少しでも水流の変化を感じたら、それ以上近づかないようにしましょう。強い流れに足をとられてしまい流されてしまう危険性があります。
また、川の流れはその時の水量や地形で変化するので、常に一定ではないことを頭に入れておきましょう。

【中州】

中州(なかす)とは、上流から供給された土砂などが堆積し、陸地となっている地形のことです。急なゲリラ豪雨などで水かさが増して取り残されるといった危険なケースが起こりますので、中洲にテントを張るのは絶対にやめましょう。ニュースなどでよく目にするのが中州での孤立事故です。上流は山など天気の変わりやすいところにあるので、急な豪雨やダムの放水などで増水してしまい一気に川の水位が上がることがあります。

ジーンズは絶対NG。川遊びに適した服装は

【服装】

子どもと川遊びをするならライフジャケットを必ず着用させましょう。川は海と違い浮かないのと、子どもは体が小さいので、川の流れに飲みこまれやすい危険があります。

そして、絶対にNGなのがジーンズ。水をたっぷり吸いこんで歩くのも困難になってしまいます。

初めて川遊びをする人はどうしても軽装になりやすいのですが、プロや自然に慣れている人は、ライフジャケットやウェットスーツを着用しています。川はプールと違って、流れ、水深、水温も不規則で、急変することも多々ありますし、障害物も多いです。危険をはらんでいる場所なのだと強く意識しましょう。

毎年夏になると子どもの川の事故がニュースになりますが、その多くが「ライフジャケット」(救命胴衣)を着用していれば防げたはずともいわれています。ライフジャケットは安全面だけでなく、浮き輪代わりに楽しむこともできるとても便利なアイテムです。

・ライフジャケットは派手なものを選ぶ
事故の時は子どもを素早く視認できることが何よりも大切。カラフルな目に付きやすいものを選びましょう。

・ライフジャケットは正しく着用しましょう
ライフジャケットを買っても、正しく着用しないと意味がありません。体の前面にジッパーがあり、側面には余り分を絞るベルト、前面から背面に伸びる股下のベルトがあります。着用を子どもに任せると、股下のベルトを忘れがちです。この股下ベルトはライフジャケットが頭からすっぽ抜けるのを防止する非常に重要な役割を持っています。

・ラッシュガードなど化繊の服 
川にある障害物から肌を守ってくれるので安全性にも優れています。綿製品の服は水を含んで重くなり動きにくくなるだけでなく、乾きにくいために体温も奪われやすくなります。吸水性があり乾きやすい化繊の服やラッシュガードなどを着ましょう。

【靴】

河原はごつごつした石や岩が多く、素足で滑ると危険。とがった部分があるとケガの危険も。足をしっかりと保護し、グリップ力のある脱げにくい「ウォーターシューズ」や「スニーカー」が必要です。ただしスニーカーなどヒモのある靴は、ヒモを靴の内側にしまってください。外側にヒモが出ていると、川底の石や沈んでいる釣り針などの異物に引っかかることがあり危険です。また、ぶかぶかしていて脱げやすいサンダル類は危険なので避けましょう。

29736761665_bf51ea2e33_k

川遊びは安全に楽しくがモットー。しっかり安全対策をしてから、川遊びを楽しむことが大事。情報・服装を事前に準備して楽しみましょう!

この記事を書いたライター

朝ごはん ママさん。さん
aokimami.jpg

"アウトドア大好き! 年子三姉妹の母してます。 趣味は食べる、寝る、イラストを描くこと。 よろしくお願いします! https://twitter.com/asameshiclass http://asameshi.club/ https://www.instagram.com/asameshiclass/"

朝ごはん ママさん。さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。