ママライフ

泣いてばかり、いじけてばかりの5歳の息子を変えたのはアレだった

幼稚園に入ってまもなくの授業参観。息子は多すぎるギャラリーに、茫然と棒立ち。先生に質問されても無言。制作の時間になってもまわりを見ながら恐る恐る作る姿を見て、この先どうなるか不安でいっぱいになりました。
年中の授業参観では、少しはリラックスできている様子も見かけましたが、終始まわりを気にしているようでした。
後半からは、活発なお友達にいじめられてしまうようで、帰宅後に泣く日々が増えていきました。

swimming_kou1_4

ある日突然、「ママごめんね」と謝られ…

息子がいじめられたり、悲しい思いをしてないか、毎日不安な日々が続きました。せめて帰宅後は楽しませたいと、いろいろ出かけたり、一緒にお料理をしたりしていました。そしてある日、急に息子が泣いて私に謝ってきたんです。
「ママごめんね。できなくてごめんね」
びっくりしました。
まだ幼稚園生、私自身何かをさせる気もなく、運動会や縄跳び大会はありましたが、できないからと攻めたことなんて一度もなかったのです。息子がなぜ、何の理由もないのに謝ったのか私にはわかりませんでしたが、日々の生活の中で、自信を失っているということを強く感じる出来事でした。

まわりを変えることよりも、本人を強くしていくしかない

年中になっても息子はまわりを気にしすぎて、おどおどしてしまう面が多々あり、まずはここをどうにかできないかと考えました。本人に自信がつけば、堂々と過ごすことができ、いじめられたりすることも減るのではないかなと。

園のイベントで子どもたちを観察すると、小さな男の子の世界でも、やはりスポーツができる子たちは見ていて元気。細かいことも気にしない自分らしさを持っている気がしました。中でもおどおどする息子を心配してくれて、終始よりそってくれている男の子が、ご家族でマラソン大会など出場するスポーツ一家。
本人ものびのびとしていて、何事にも積極的。そこで、まずは息子に運動をさせてみようと考えました。

ガラリと変わった息子。体まで丈夫に

とは言っても、マラソンンは近くに教室もなく、私も運動の経験もないので何をさせるか悩みましたが、ちょうどその頃、近くに水泳教室ができたのを聞いて、とりあえずそこへ通うことにしました。
しかし同じころに入ったお友達にことごとく先を越されてしまい、さらに自信をなくす息子。どうにかできないかと水泳のコーチに相談したところ、水の中は入った回数が重要。毎日来てみますか? と勧められ、毎日1時間、泳ぐコースへ移動することに。

swimming_kou1_1

先生のアドバイス通り、通う回数の多い息子は、どんどんと泳げるようになっていきました。1年通ってできなかったクロールも1か月で25メートル泳ぎ切ることができるように。
初めて25メートル泳げたとき、プールから出てきた息子の顔は本当に晴れやかで、初めてやり遂げる達成感を味わった様子でした。
そこから息子の性格は一変、積極的になったとは言えませんが、人並みにいろいろなことにチャレンジするようになりました。活発なお友達の輪にも入っていけるようになり、前はちょっとでも強い口調で言われるとめそめそと泣いていたのに、気にせずに遊べるようになっていきました。相変わらず体も小さく活躍の場もないのですが、泳げるようになったという自信により、くよくよ悩むようなこともないようです。

そしてうれしいことに、気がついたら1年間、病院に行っていませんでした。3か月に1度は必ず熱を出し、お遊戯会、音楽会などのイベントも出られず、インフルエンザもA、Bともにいつもかかっていたのに本当に驚きです。

くよくよと泣いて、輪の中へ入れない息子に不甲斐なさを感じたり、まわりの子がもっと優しくしてくれれば…と悩んだ時期もありました。
でも強くなった息子の変化とまわりの関わり方の変化を見て、息子自身もまた弱すぎたのだと思い知らされました。キツイことを言われたりしても、受け取る側が気にせずに返せれば、遊びは続いていくのです。今までの息子は、自信を持てるものがなかったから、それができなかったのです。
ほかの子に比べれば、体格もパワーも劣っている息子ですが、気持ちひとつで対等に渡り合っていけるようになるんだと私も教えられました。

この記事を書いたライター

あんぱんだYOさん

8歳の息子と10歳の娘を持つママ。お母さんとしてはもちろんですが、時には友達のように一緒に考え、遊びながら日々を送っています。子どもたちと一緒に美術館や博物館へ行ったり、ワークッショップに参加するのが最近の趣味です。

あんぱんだYOさんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。