ママライフ

ママにかまってほしい「中間子」に、自信を持たせてやる気を引き出すヒケツ

fade5cd083a2d2e8723b3c53ba7148d2_s

長子、中間子、末っ子にひとりっ子。それぞれの特徴をとらえて活かすことで、子どももママもよりハッピーに過ごすことができるようになるかもしれません。
それぞれの「あるある」を心理カウンセラーの筆者が紹介する、第2回は「中間子」。相手に「とらえどころがない」と感じさせてしまうこともあるようで、ママの中にも対応に悩むという声が少なくない中間子の性質と関わり方を紹介します。

しつこくてトラブルになりがち

最初の中間子「あるある」は、そのしつこさ! 中間子は自分の主張と相手の主張が食い違った時、自己主張を曲げることができずに、きょうだいやお友達とトラブルを起こしがちです。

ただし、こだわりが強いように思われがちな中間子のしつこさですが、しつこくする目的は、相手を自分の思うとおりに動かすことによって、自分が相手から愛されていることを実感したいだけ。自分の主張について「こうでなければ許せない」というほどのこだわりはありませんので、ちょっとしたキッカケで言うことが180度変わることも。

基本的に、理性が働き親から認められやすい長子と、年齢が幼く何でも許されがちな末子に挟まれ、中間子は「自分の主張が認められない」という経験をたくさん積んでしまいがちです。相手から認められたい気持ちが中間子のしつこさを作り上げています。

やればできるのにやらない

中間子は、「やればできるのにやらない」子になってしまうことがよくあります。長子や末子と同じく、中間子にも、努力次第でどれだけでも羽ばたける素質は備わっています。むしろ、初めてのチャレンジで失敗しがちな長子をよく見てきただけに、長子よりも要領よくこなす力を持っている中間子も多いはず。

にも関わらず中間子がチャレンジを嫌がることがあるのは、親の期待を感じにくいきょうだい順だからかもしれません。
自分よりも学力や生活力のある長子を見ると、中間子は「年齢が違うから当たり前」とは思えず、「自分はできない子だ…」と劣等感を覚えてしまうことがあります。反対に、幼く、親から面倒を見てもらえたり、小さなことでも褒められる末子を見ては、「同じことをしても自分は褒めてもらえない」とやはり劣等感を覚えます。

結果として、「自分は親に期待されてないんだ…」と勘違いをしてしまうことも多く、中間子は「やればできるのにやらない」子になりがちです。

周囲の空気を読みすぎる

中間子には周囲の空気を読みすぎるところがあるようです。相手が望んでいることを叶えようとするあまり、自分の意見を定めず相手に従うことを優先させてしまいます。
この性質は、時として「相手によって態度や意見を変える」という性質にあらわれてくることがあります。本人には悪気はなく、むしろ相手にとって都合の良い自分でいたいと思うあまりの行動なのですが、八方美人とか、意見が一貫していないと評価されてしまうこともあるでしょう。

その根底にある心理は、やはり相手に気に入られたい、認められたい、相手にとって一番の人になりたい…という欲求です。中間子がしつこく振る舞っているうちは、なかなか八方美人にはなりません。しつこくすることで親から怒られる経験を重ねると、今度は相手の言うことを聞くことで好印象を勝ち取ろうという発想の転換が起こってしまうのです。

「あなたはあなたでいい」と伝えて

中間子の基礎になるのは、ママやパパの関心がほしい!という欲求です。もちろんより幼い子に手が掛かるのは仕方ありませんが、一番下の子がいるにしても、中間子に毎日、一定の気持ちを割くことを決して忘れないでください。

そして無理をしなくても、ありのままのあなたを愛していること、あなたの頑張りに期待していることを伝えましょう。見てくれている、期待されていると感じることで、中間子は自分の実力を余すことなく発揮します。そして他人の意見を尊重しつつも、左右されることなく自分自身で判断できる大人へと成長していくことでしょう!

この記事を書いたライター

あん茉莉安さん
andomarie.jpg

占い師、心理カウンセラー、ヒーラー。図書館司書、司書教諭の資格も持つ。年長女子と3年生女子を育てるシングルマザーです。育児の指標は「お金で買えないものを子どもに残す」。2週に1度24冊の本を借り、子どもと読むのが「週課」になっています。

あん茉莉安さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。