ママライフ

ソーイングって難しい?手作りにやる気が出るポイント5つ!

01

新年度が近づくにつれて、園や学校で新しい袋モノや小物が必要に。そんなときに手作りのものを作ってあげたいな…と思うことも。しかし反面、ソーイングなんてムリムリ!と尻込みしてしまう人も多いのでは。
今回は、ソーイングの経験ゼロから2人の子どもを手作り小物で通園させ、そろそろ2人目が卒園を迎える心理カウンセラーの筆者が、ソーイングを気軽なものに変える、5つのメンタルポイントをご紹介します。

1.完璧を目指さない

もっとも大切なことは、完璧を目指さないということです。

大人は、いろいろなことがちゃんとできます。それだけに、ちゃんとできないことに関しては「それではダメだ」と思ってしまいがちです。
しかし肝心なのは、たとえばお道具袋ならお道具を入れて持ち運べればよいのであって、寸法が1ミリの狂いもなく図面と合っていることが大事なのではありません。入れたいものが入る袋ができれば、それでいいのです。

2.凝った飾りは不要

2色の布でできていたり、ポケットがついていたり、レースで飾られていたり…世の中には、いろいろなソーイングの作品やレシピがあります。見れば大人だってうらやましいと思うもの。
しかし結局、お道具袋にポケットがついていても、子どもはそれほど物を入れません。布が2色でもレースがついていても、それらは役には立ちません。

ソーイングに慣れた頃、いつのまにか凝った飾りの付け方がわかってきます。それまでは「いらないものは、つけない!」を貫いて。

3.子どもの好きな色柄を選ぶだけでワンステップクリア

子どもにとって、興味があるのは、できあがった物の形よりも布の色、柄であるといってもよいでしょう。そういった意味で、作成するよりも前に布選びが勝負を握っているとも言えます。
手芸店へ行くと、キャラクターから乗り物、動物まで、さまざまな色柄の布が並んでいます。ぜひ、わが子の好きな色柄の布地を選んでください。たったそれだけで、ハンドメイドの最初のワンステップはクリアです!

4.作ってくれたというだけで子どもはうれしい

子どもの目線は、時に大人が「ええっ」と驚くほど厳しいことがあります。だから、いい加減なものは出せない…とママも緊張してしまうのかも。
でも、子どもって、単純さや純粋さというよさも持っています。たとえどんな物ができあがったとしても、「自分のために作ってくれた!」というだけで、子どもはうれしい気持ちになるのです。だから、作らなきゃ…と思うなら、出来は二の次と考えて大丈夫!

5.結局布は紙と同じ!「測って切ってくっつける」

ソーイングを気軽に行うために、覚えておきたいこと…それは、「布って結局、紙と同じ」だということ!
紙の長さを測って、ハサミで切ることはできますよね。それをのりで、好きな形に貼り付けることも、大人には簡単です。布もこれと同じで、「測る→切る→くっつける」の3ステップを行うことで、作りたいものができあがるシステムになっています。ところが、なぜか実際にソーイングをやってみるまでは、そのことに気づかないので、とても難しいもののような気がしてしまいます。

また、ミシンを高いハードルのように思う方も多いでしょう。しかしこれも、実際にやってみるとボタンを押すだけで縫ってくれる便利な道具に過ぎません。ミシンは、キッチンで言うフードプロセッサーによく似ています。

ボンドも使える!切り貼りを気軽に楽しんで

やっぱりミシンが難しいなら、布をしっかりと貼り付けてくれる、裁縫用のボンドといったものも販売されています。あとは布と紙の違いだけ!そう思えば意外に、やっていることは子どもと変わらないのかもしれません。
なにより、新しいことを学んだり、1枚の布地から形あるものを生み出すのは楽しいですよ。

やってみようかな、と思ったときが始めどき。子どもに手作り小物をプレゼントしてみませんか?

この記事を書いたライター

あん茉莉安さん
andomarie.jpg

占い師、心理カウンセラー、ヒーラー。図書館司書、司書教諭の資格も持つ。年長女子と3年生女子を育てるシングルマザーです。育児の指標は「お金で買えないものを子どもに残す」。2週に1度24冊の本を借り、子どもと読むのが「週課」になっています。

あん茉莉安さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。