ママライフ

繊細すぎて理解が…!?なかなか近づけない「AB型っ子」の性格は?

9bf759bab4ab3275ae8a6cf807118e02_s

AB型には、「二重人格?」「天才?」など様々な憶測がついてまわるもの。しかし、AB型は案外、そんな見方に対して冷ややかです。AB型の子どもに対し、「この子は変わり者だから」なんてレッテルを貼るのは望ましくありません。
では、AB型っ子の本当のトコロとは?
今回は、占い師の筆者が、AB型の子の性格や行動、そしてAB型っ子との相性をママの血液型別にご紹介します。

「B型っ子」はこちらhttps://enfant.living.jp/mama/mamnews/588654/

「A型っ子」はこちらhttps://enfant.living.jp/mama/mamnews/609874/

「O型っ子」はこちらhttps://enfant.living.jp/mama/mamnews/631077/

AB型の子どもの性格は?

 AB型は、多角的な見方をすることのできる血液型です。それは、AB型さんの中に流れるA型、そしてB型という2つの血液型要素が、そうさせるのかもしれません。
目の前で起こった出来事に対しても、「こういう考え方ができる。いや、しかし、ああも考えられる」と慎重に分析し、一気に「こうだ!」と決めつけてしまうことをしません。

このことは、AB型っ子に、一種子どもらしくないと思われるような一面を与えている可能性があります。AB型っ子にズバっと物事の核心を突かれて、「うぐぐ…!」とタジタジになった経験のあるママも多いはず。

しかし、成長するにしたがって、こうした多面的な見方が、学力その他のスキル獲得に徐々に効果を発揮するようになり、結果として「AB型=天才肌」というイメージを作り上げていっている可能性があるでしょう。

A型ママ×AB型っ子の相性

A型ママは、人に迷惑をかけず、常識的であることを重んじる傾向が強いようです。そのため、一見しておとなしく見えるAB型っ子を好意的に「良い子」として受け止める人が多いでしょう。

しかし、その反面、AB型っ子が見せる聞き分けの良さをそのまま信じ込んでしまい、AB型っ子がさみしさや、なかなか言えない思いを抱えていても、「うちの子には何の問題もない! 順調だ!」と考えてしまうかもしれません。

実際には、物静かだと思われているAB型っ子も、内心では子どもらしいワガママや欲求を抱え、もんもんと考え込んでいることがよくあります。
A型ママとしては、AB型っ子が「何も気にしていない」という態度を取っていても、「もしかして○○なんじゃない?」など心情を推測してあげると、子どもとしても心を開きやすくなるでしょう。

B型ママ×AB型っ子の相性

B型のママにとって、心の中にあるものは、表現されていて当たり前のもの。思ったことは口に出すし、AB型っ子も当然そうであろうと考えてしまいがちです。

しかし、AB型っ子はそうではなく、どちらかというと本心は口に出さずに隠しておいてしまうタイプ。そのため、AB型っ子のことを「我が子ながら、よくわからない…」と、ママのほうが悩んでしまうことが多いかも!

そんな時は、AB型っ子の行動をママがよく観察してみてください。何に興味があるのか、どんなことをしようとしているのか、言葉ではなく行動から把握するのです。そうすれば、AB型っ子は、ママを良き理解者として受け止めてくれるでしょう。

AB型ママ×AB型っ子の相性

お互いがAB型同士、という場合には、お互いのことがよく理解しやすいものです。AB型には、大人、子どもを問わず、人と接するにあたって適度な距離感を保ちたい…という欲求があるようです。そのためAB型っ子は、相手が自分の親であっても一歩引いた感情表現をしてしまいますが、AB型のママはそこに踏み込みすぎることなく、上手に子どものことを理解してあげられそう。

ただ、AB型ママのほうにも「相手には近づきすぎずに、一歩引いて…」といった気遣いがありますので、お互いが遠慮しすぎてしまうと、いざ、ママに頼りたいようなことがあった時に、AB型っ子が「ママに迷惑かもしれない」と考えてしまうかもしれません。

時にはママのほうから意図的に「あなたのことを理解しているよ!」「困ったときは何でも言っていいのよ」と声をかけてあげることが大切になるでしょう。

O型ママ×AB型っ子の相性

ご縁があれば、ステップファミリーという形で親子になれる可能性がある、O型ママとAB型っ子。しかし、AB型っ子にとっては、O型のママがちょっと苦手な存在になりがち!

なぜなら、O型ママはとってもおおらかで勘も良く、AB型っ子のプライベートな心の中にズバっと切り込んでくる鋭さがあるからです。人との間に一線が引かれていたほうが楽なAB型っ子にとって、O型ママの勘の良さはちょっと暑苦しいのかもしれません。

O型ママとしては、AB型っ子を見ていて感じるものは多々あるのでしょうけれど、まずは口出しをせずに見守る姿勢を大切にしてみましょう。
もし、子どもが何かで苦労しているようなら、「頑張っているね。大変なことがあったら協力するから言ってね」と待ってみるのもいいでしょう。そのうち、AB型っ子のほうから、心の内を打ち明けてくれるようになるかも!

AB型っ子の言葉より行動を見て!

O型ママが、AB型っ子のことを意外に理解できてしまうのは、O型が言葉よりも行動を見るタイプだから。心中をあまり言葉にしないAB型っ子を知るには、行動をよく観察することが近道になりますよ!

ここまで、B型、A型、O型、そしてAB型…と、血液型による子どもの性格や傾向に注目してきましたが、実際には「血液型によって性格が変わる」ことを示す科学的データはありません。
さらに性格を決める要素は当然、血液型だけではなく、占いの分野で言えば生まれた日や星座によっても変化しますし、もちろん、生育歴も大きく関わっています。

大切なのは、母親として、わが子を観察してみること。特にAB型っ子に関しては、ママの観察眼が大きくものを言う、と考えておくのがおすすめです!

<文・写真:フリーランス記者 あん茉莉安>

この記事を書いたライター

あん茉莉安さん
andomarie.jpg

占い師、心理カウンセラー、ヒーラー。年長女子と3年生女子を育てるシングルマザーです。育児の指標は「お金で買えないものを子どもに残す」。2週に1度18冊の本を借り、子どもと読むのが「週課」になっています。

あん茉莉安さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。