ママライフ

上の子かわいくない!から早期に脱出できる方法とは

e8529ebe6639b7e8fae696e76d034427_s

下の子が生まれてから、以前にも増して慌ただしい日々。気がついたらいつの間にか上の子をかわいく思えない…。そんな心の動きに戸惑ったり、困ったり、悲しい思いをしたことがありませんか?
このような心の動きは「上の子かわいくない症候群」と呼ばれています。ママたちは、「こんなことを感じる私は母親失格だ…」と落ち込んだ気持ちで悩んでいることが多いのです。
今回は、心理カウンセラーで、2人姉妹の母である筆者が、「上の子かわいくない症候群」の原因と対策をレクチャーします。

ママが「上の子かわいくない症候群」になる原因

まずは「上の子かわいくない症候群」の原因をお話ししましょう。「上の子かわいくない症候群」は、いくつかの要因が絡まって生じてしまう、ほとんど自然現象のようなものなのです。

下の子が生まれてしばらくは、天使のような赤ちゃんが家の中にいるので、幸せな気持ちになりますね。しかし同時に、赤ちゃんに手がかかり、上の子の面倒までなかなか見きれないのが実情です。

いっぽうで上の子から見れば、今まで自分ひとりに手間を注いでくれたママが、急に赤ちゃんにかかりきりになってしまう状態は、寂しくて仕方ありません。ママに自分の方を振り向いてもらおうと、わざと反抗したり、トラブルを起こしたり、自分でできることもママにやってもらいたいとダダをこねたり…。そうでなくても、下の子が生まれるころ、上の子には自主性が芽生えたり、自我が強くなったりして、第一次反抗期を迎えていることが多いものです。

赤ちゃんのお世話も加わり、忙しいときの反抗は、ママにとって当然イライラのモトになってしまいます。せめて自分でできることは自分でやってもらいたいのに、できるはずのことを「できない! やって!」なんてグズグズと言われるのはつらいですね。
さらに、赤ちゃんには、本能的に大人に「他のものより優先して守りたい」と感じさせるかわいさが備わっています。このかわいさは、他の動物に比べても無力で何もできないヒトの赤ちゃんが、自分を守るために身につけている能力の1つ。同時にママの側にも、産んだばかりの赤ちゃんを守ろうとする本能が働きます。反対に上の子は元々持っていたはずの赤ちゃん特有の能力を失っていますので、優先順位が下がるというワケ。

こうした複合的な要因から、下の子が生まれて何年かの間は、本能的な「上の子かわいくない症候群」にとらわれて悩むママがたくさんいるのです。

比べるからかわいくない!比べることをやめて

「上の子かわいくない症候群」で悩むママの多くが、「下の子は何も言わないのに、上の子は口答えばかり…」と、いつの間にか上の子と下の子を比べています。
でも、上の子にも何年か前に、そんな時がありましたよね。ここで上の子と下の子を比べることは無意味です。思い切って比べることをやめましょう。上の子は上の子、下の子は下の子と自分によく言い聞かせたうえで、意識して別々の視点で2人の子どもを見るように努力することが大切です。

上の子と2人きりの時間を作りましょう

「上の子かわいくない症候群」を乗り越えるためにとても大切なことは、下の子抜きで、上の子と2人きりの時間を作ることです。

上の子と2人きりで時間を過ごすと、これまで2人の子どもを同時に視界に入れ、いけないとわかっていても比較してしまっていた自分の気持ちが、一気に解放されます。ママだって比較してはいけないことくらい、分かっていることがほとんど。でも、目の前に2人の子どもが並んでいたらどうしても比べてしまうんです。

下の子と比べたら大きな上の子だって、客観的に見ればまだまだ小さな子ども。上の子と2人だけで過ごすことで、ママは「上の子も守ってあげるべき小さな存在なんだ」ということを実感するでしょう。
さらに、ママと2人きりで過ごすことで、上の子はママの愛情を一時的にでも独占できます。ママが自分のことをちゃんと見てくれている、愛してくれていると感じると、ダダをこねることが減り、ママにとっても扱いやすいおにいちゃん、おねえちゃんに変化する…なんて効果もありますよ。

「下の子が生まれたら、上の子ってこんなもの」という開き直りも大事!

「上の子かわいくない症候群」は、これまでお話してきたように、本能的な心理の働きによって引き起こされる一面があります。それを、ママが「自分の弱い心のせいだ」と思ってしまうことで、心の負担が大きくなり、「このように感じさせる上の子はかわいくない」と余計に思わせる心理が持ち上がってしまうのです。

こうならないためには、「下の子が生まれたら、上の子ってこんなもんよね」という開き直りがある程度大切です。上の子の赤ちゃん返り、ダダこね、口答えは、まさに「上の子あるある」。あって普通のものだと思わなくてはなりません。
そのうえで、上の子をできるだけ褒めたり、抱きしめてあげましょう。だって上の子は、「ママを独占したい」という気持ちと、「おにいちゃん、おねえちゃんになったのだから、それは許されない」という気持ちを両方抱えながら、自分自身の幼稚園生活や学校生活を一所懸命に頑張っているのですから。

最初はママの気持ちが伴わなくても大丈夫。まずは口と態度だけでいいから、上の子とスキンシップをとり、「頑張っているね! ありがとう!」と認めてあげてください。そうすることで上の子の態度は少しずつ変化します。ママに反抗することでこちらを向いてもらう必要がなくなり、もっと褒めてもらいたいとママに協力的な姿勢を見せるようになるでしょう。
上の子の態度が反抗的でなくなれば、ママが上の子をかわいくないと思う気持ちがどんどん小さくなります! 気持ちより、口と態度を先に変化させることで、「上の子かわいくない症候群」から早期に脱出できる可能性が高まりますよ。

<文・写真:フリーランス記者 あん茉莉安>

この記事を書いたライター

あん茉莉安さん
andomarie.jpg

占い師、心理カウンセラー、ヒーラー。図書館司書、司書教諭の資格も持つ。年長女子と3年生女子を育てるシングルマザーです。育児の指標は「お金で買えないものを子どもに残す」。2週に1度24冊の本を借り、子どもと読むのが「週課」になっています。

あん茉莉安さんの記事一覧

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。