ママライフ

話題の磁器用ペンで、息子が父の日用に似顔絵皿を作ってみた

IMG_9017
数年前からネットやSNSで話題になっている、磁器食器に書いてオーブンで焼き付ける磁器用ペン! カフェ風のオリジナル食器が作れると大人気ですが、パパの似顔絵を描けば父の日のプレゼントにも最適です。

今年の父の日のプレゼントは「似顔絵皿にしよう!」と思い、磁器用ペンを買ってきました。作成のポイントを交えながら、似顔絵皿づくり体験をレポートします。

用意するのは磁器用ペンとお皿だけ

IMG_8832
用意するものは、磁器用ペンとお皿だけ。少ない材料で作れるのも嬉しいですね。

磁器用ペンは『らくやきマーカー』や『おえかきペン』という商品名で各メーカーから販売されています。8色セットのものから1本単位でも購入することができますよ。

食器は、素材のところに“磁器”と書いてあればOK。オーブンで焼き付けますが、オーブン非対応でも大丈夫です。色付きのものはペンの発色が悪くなるので白いものを用意しましょう。今回は100円ショップのお皿を使いました。

簡単に消せるから失敗しても安心

IMG_8946
いよいよ子どもに似顔絵を描いてもらいます! 息子は「お皿に描いてもいいの?」と普段できない体験に目を輝かせていました。

「失敗したらどうしよう」と心配していましたが、焼き付け前は水で洗えば簡単に消せるということで安心しました。

部分的に消したいときはウェットティッシュや湿らせためん棒を使うのがおすすめです。濡れたままペンを使うとにじんでしまうので、消したあとはしっかりティッシュで拭いて、乾かしてからお絵描きを再開しましょう。

オーブンで焼き付け後は2時間放置

IMG_8990
絵が完成したら、230度で20分(200度の場合25分)焼き付けます。

焼き付けが終わったら庫内で1時間以上放置、取り出してからもインクを定着させるため1時間放置します。完全に冷めたら水で洗って完成です。

パパも感動!出勤前に元気が出るように玄関に飾ってみた

IMG_8977
父の日よりひと足早いですが、早速パパに渡してみると「ありがとう!すごいね!」と、お皿に自分の顔が描いてあることに感動した様子でした。

似顔絵皿を食器として使いたかったのですが、磁器用ペンは「食品や口が触れる部分への色付けはしないでください」とのことで、今回は飾って楽しむことにしました。磁器用ペンで書いた食器は、オーブンやレンジでの加熱調理、冷蔵庫での保存は向かないそうなので気を付けてくださいね。

次は食器として使えるように「マグカップの外側におじいちゃんとおばあちゃんの似顔絵を描いて敬老の日に贈りたいね」と話をしました。磁器用ペンは普通の油性ペンとしても使えます。プレゼントを作って余ったペンでお絵描きも楽しんでくださいね。

<文・写真:フリーランス記者 三浦麻耶>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。