ママライフ

千切りキャベツの切り方を変えたら、子どもがパクパク食べてくれた!

冷蔵庫の中にあると便利な野菜のひとつであるキャベツ。切り方や調理法により、食感や味の変化も楽しめるので、たくさんのレシピがありますよね。

そこで今回は、二児の母である筆者が実際に家で試して、子どもが喜んでパクパク食べてくれた、キャベツの切り方や調理法を紹介します。

キャベツは季節によって種類がある

1年を通してスーパーで見かけるキャベツですが、じつは時季によって種類が違います。今は春キャベツが出回っています。葉がやわらかいのが特徴でそのまま切って、サラダにしても食べやすいです。

簡単にうまくいく千切りキャベツの切り方

糸のように細くてフワフワとした千切りキャベツは、口当たりがよく食べやすいため、そのままサラダにしても子どもがパクパク食べてくれます。

でもキャベツの千切りって意外と難しくて、太さで食感も変わってしまいます。そこでスライサーなどの特別な道具がなくても、やり方さえ覚えれば簡単に上手に千切りする方法を紹介します。

・キャベツの芯を切り取る
キャベツは千切りに限らず、硬い芯の部分を切り取って調理するとよいでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・キャベツの葉を折りたたむ
千切りにする2~3枚のキャベツの葉を、まるめるようにして折りたたんでいきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・同じ部分を切るくらいの感覚で包丁を動かす
とにかく包丁をゆっくり横に動かしていくことが、細かく切るためのポイント。切り終わったらお好みで、水にさらしてシャキッと感をだします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

揚げ物をしたときに、添えていた千切りキャベツ。お店で出されたときは残さず食べるのに、家ではいつも残していました。ですが、上手に切れるようになってからは、子どもたちがパクパク食べてくれるように! 揚げ物を挟んだサンドイッチを作るときも、レタスよりも千切りキャベツの方が食べやすいようです。

子どもが喜ぶように!調理方法を変えてみる

子どもが喜んで食べてくれるかどうかは、その子の好みの味であること、好みの食感であることがポイントになります。シャキシャキとした食感が好きなら、先ほど紹介した千切りキャベツ。逆にそれが苦手なら、柔らかくなるように蒸したり煮たりすればいいのです。

・レンジで温めて柔らかくしてから調理する
生のキャベツが苦手なら、ちょっと加熱するだけで食べやすくなることも。スチームケースや耐熱皿にキャベツを入れてラップをして、レンジで温めれば葉が柔らかくなり、生で食べるよりも甘みが増します。

そのときに、一緒にキノコ類や豚ひき肉などを入れてレンジで加熱調理すれば、おかずが一品増えますね!

・調味料で味を楽しむ
キャベツは、どんな調味料にも合わせやすいので、ソース、ケチャップ、マヨネーズ、めんつゆ、かつお節など子どもが好きな味付けをしてあげるのもおすすめです。

子どもが苦手だと思っていた野菜も、ひと工夫すれば好きなおかずに変身。また、同じ食材でも切り方や調理法でこんなに変わるんだ!ということを子どもと一緒に調理しながら楽しんでみるのもいいですね。

<文:フリーランスライター やまさきけいこ>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。