ママライフ

敏腕トレーナーが伝授!運動会までにかけっこが速くなるコツ

かけっこが苦手、かけっこが得意でもっと速くなりたい…。どんな子でもタイムが伸びるかけっこのコツがあると聞いて、伝授してもらいました。教えてくれたのは、「体育指導のスタートライン」リーダーの永野佑一先生。今から特訓すれば、運動会を楽しく迎えられること間違えなしです。

まずは、腕ふりと姿勢が正しくなればO.K.!

永野先生は、小学生の頃から学内で断トツ足が速かったそうですが、本格的に陸上を始めたのは、高校に入ってから。大学でも陸上を続け、国内大会・国際大会での入賞経験も多く、指導者としての実績と実力もある敏腕トレーナーです。ご覧の通り、イケメン。

IMG_9357

そんな永野先生に、息子(9歳)と娘(5歳)を相手に、かけっこ指導をしてもらいました。速く走れるフォームには、いくつかポイントがあるそうですが、永野先生は、「正しい腕ふりと姿勢ができれば、それだけでタイムが上がります」とのこと。
腕ふりからフォームを確認していきましょう。

1.手のひらは、軽く握る。子どもへの伝え方は、「優しく握った手を目に当てて、穴からのぞいたときに、向こうが少しだけ見えるぐらい」。

IMG_9371

2.ひじを後ろに当てるイメージで走る。大人が後ろに立ち、ひじで大人のお腹をパンチしてみるとイメージしやすいそうです。

IMG_9362

3.「できるだけ速く振ってみよう」と伝え、振りやすい角度を確認します。

次に姿勢です。姿勢で大事なのは、前傾であること。

小さい子は前傾のイメージがつかめないので、頭の前に手のひらを出し、「頭を手のひらにつけて」と伝えるとよいそうです。

IMG_9366

スタートからゴールまで、まっすぐ走り抜くには⁉

スタートの模範的な姿勢はこちら。出遅れないためのポイントは3つ。

IMG_9328

1.後ろ足は下げすぎない。足を下げすぎると、スタートしてから一度、体が沈んでしまうので注意。
2.肩はつま先より前に出す。
3.かかとを浮かす。

スタートの感覚を覚えるために、直立したまま体を前に倒していき、後ろから押されたら(あるいは自分の体重で)足が前に出てしまうぐらいまで耐える、足が前に出てしまったらそのまま走る、という練習も有効です。
大人が押してあげる場合は、背中ではなく、腰のあたりを押すように意識しましょう。

IMG_9364

スタートしてから真っ直ぐではなく、斜めにゆがんで走ってしまう子がいますが、これは腕を横に振っていたり、下を向きすぎてレーンがわからなくなってしまっていたりが原因のことが多いそうです。またO脚やX脚が影響している場合も。
後半は、疲れて腕の振りが大きくなってしまいがち。「最後まで腕をしっかりと小刻みに動かす」ことを意識しましょう。ゴール前で失速しないように、最後までしっかりと走り抜けましょう。

そうそう、かけっこのコツなのに、まだ脚のことが出てきていませんでしたね。脚を速く動かすためにも有効なのが、縄跳び。できるだけスピードアップして跳ぶように練習するとよいそうですよ。本番までに、毎日の縄跳びを習慣にしてみてはいかがでしょうか?スキップやケンケンも、リズム感を養うのに役立つそうです。

何よりも、自信をもって、楽しむことが大事

永野先生は、子どもを指導する際、最初に良い点を褒めてから改善点を伝えるなど、子どもが自信を持てるように意識しているそうです。「人と競争するのは本番だけで充分だと思っています。普段の練習では、人との比較的ではなく、自分のタイムをのばすことを楽しんで欲しいですね。子どもには『できるよ』という言葉をかけることで、自信をつけてあげることを意識しています。子どもの可能性を広げてあげたいので」と言います。
ちなみに永野先生は未熟児として生まれ、「身体を強くしてあげたい」と願う両親に、とにかく外で遊ぶように促されたと言います。「幼児期に、おもちゃやゲームなど家の中ばかりで遊んでいる子と、外で思い切り走り回っている子では、その後の運動能力に差がでると思います」と永野先生。普段から体を動かす時間を作ってあげることも大事ですね。
永野先生は、子ども一人ひとりの特徴を把握し、適切なアドバイスをするのが得意。「子どもたちとの会話が弾むように、子どもたちが好きな番組を見たりしています」というステキなトレーナーです。永野先生のレッスンは、国立競技場等で受けられるほか、出張家庭教師の依頼も1回から可能。今からレッスンを受ければ、5月の運動会には余裕をもってのぞめそうです。

 

体育指導のスタートライン http://start-line.net/
永野佑一先生のブログ『かけっこでヒーローに』http://blog.livedoor.jp/start_line_nagano/

<文:フリーランス記者 鯰美紀>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。