ママライフ

冬の電気代を抑えたい!エアコン暖房を上手に使う4つの方法

71f6363bb5020c2520ec4c51421c3c99_m[1]

冬は外気が寒く、子どもとは室内で過ごす時間が増えますよね。快適に過ごしたいと思ういっぽう、電気代も気になってしまうのではないでしょうか?
冬は夏よりも電気代がかさみがちですから、少しでも料金を抑えたいところ。そこでファイナンシャルプランナーである筆者が、この時季のエアコン暖房の電気代を抑えるポイントを紹介します。

1:「こまめにオフ」はNG!

エアコンは電気代が高くつくため、あまり使わないようにしようとこまめに点けたり消したりしていませんか?
実はこのオン・オフを繰り返すのはNG。エアコンは起動してから設定温度になるまでに、多くの電力を使用します。設定温度になってしまえばそこからの消費電力は少ないため、設定温度に達したからと言って一度オフにして、また寒さを感じたらオン…といった具合にオン・オフを切り替えると、かえって電気代がかかってしまう結果に。
エアコンを使用する場合には、点けっぱなしにしておくほうが節電になります。部屋が暖まってきたと感じたら、オフにするのではなく温度調節をすればOK。設定温度は1℃下げると約10%の節電効果があります。
なおエアコンはオフにしてもすぐに室温が変わるわけではないので、例えば外出するときなどは直前にオフにするのではなく、30分前にオフにするなど、使用時間を短縮するのは節電に効果的です。

2:エアコンの風量設定は「自動」に

こちらも電気代節約のために「微風」や「弱風」などで運転させる方がいるかもしれませんが、やはり設定温度に達するまでに時間がかかってしまうのでかえって電気代がかかります。
自動運転は効率的な運転で室温を上げてくれますので、使用時には「自動」を選ぶようにしましょう。
一方、風向きは「下向き」がおすすめ。自動でもいいのですが、暖かい空気は天上に向かって上がっていきますので、快適に過ごすためには下向きに温風を出すほうが効果的です。
とはいえ、赤ちゃんが寝ているところにエアコンの風が直接当たらないようには心がけてあげてくださいね。

3:エアコンフィルターはこまめに掃除を

518461952d8a25936109ded3f24f2b87_s[1]
エアコンフィルターに埃が溜まると、暖房効率が悪くなり電気代を高くするばかりでなく、使用時に埃やカビをまき散らす原因となります。
家計に加えて健康被害にもなりかねませんので、2週間に1度を目安にフィルター掃除を行うようにしましょう。

4:カーテンは厚手のものを使用

暖めた空気を維持させるために、カーテンは厚手のものや断熱のものを使用しましょう。
よく日の当たる部屋であれば、日中はカーテンを開けて暖かい空気を取り込み、夕方くらいにカーテンを閉めて取り込んだ暖かい空気を逃がさないようにするのも一つのテクニックです。
なおロールスクリーンやブラインドにも断熱タイプがありますが、チェーンを使って上下するものは子どもの首に引っかかるなどの事故につながりかねませんので、使用の際には十分に注意が必要です。

電力自由化で見直すべき電気料金

54ccd0dacf99b7e8a9f4c2b39482a654_s[1]
エアコンに限らず、そもそもの電気料金が安くなるといいですよね。今は電力自由化になって、電力会社を自分で選ぶ時代になりましたから、変わりなく電力が使えて家計を抑えられるのであればそれに越したことはありません。
しかし家庭によって電気の使用量やライフスタイルも異なりますから、全員が全員「この電力会社がいい」こともありません。単純に料金比較することも難しく、そのためみなさんも頭を悩ませているのでしょう。
選ぶポイントはいくつかあるのですが、「家計を抑える」ということにのみ特化してみると以下が選ぶポイントとなります。

(1)ポイントが貯まる
電力会社によっては、TポイントやPontaポイントなど、利用料金に応じてポイントを貯めるシステムを導入しています。電力を使えば自動的にポイントが貯まるので、日常的にポイントを使用する方にとっては家計にとってお得になる可能性大です。
(2)セット割がある
電力と別のものをセットにして、合わせて割引にするというサービスを行っている電力会社があります。
セットになる対象はガス、携帯電話、ケーブルテレビなど日常に使用するものですから、電力との窓口が一本化されて便利にもなりますし、検討対象になりえるでしょう。
注意点としては、多くの場合契約期間が設定されており、契約期間中に「ほかの電力会社に変えたい」と解約してしまうと違約金や解約金が発生してしまいます。そうなった場合無駄な出費となりますので、慎重に選ぶようにしたいところです。
(3)オール電化はひとまず現状維持を
電力会社の新規参入が相次いでいるものの、オール電化向けのプランを組んでいる会社は少ないのが現状です。
電力自由化が始まったのが2016年4月ですので、今後お得なプランが出てくる可能性は十分に考えられます。今のところ、様子見といったところでしょうか。

家族が増えるほど家計はかさみがち。節電や固定費を下げるなど、上手なテクニックを知っておけば主婦としてレベルアップできそうですね。ぜひ参考にしてみてください。

<文・写真:フリーランス記者 沖田かへ>

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。