ママライフ

実録!わたしのママ友

[今回のテーマ]
怒りすぎ?ほめ下手…ママ友の言動にヒントあり!
今すぐマネしたい!「ママ友の声掛け&しつけエピソード」

わが子への声掛けやしつけ…これでいいの?と悩んだことのあるママも少なくないのでは。ちょっと言い過ぎたかな、あのときこうすればよかったかな…と反省することもしばしば。そんなとき、ママ友の子どもへの接し方がヒントになることってありますよね。今回は、思わず感心&マネしたい「ママ友の声掛け&しつけエピソード」を紹介します。

2018年12月12日〜2019年1月15日、あんふぁんWebでアンケートを実施。回答数:158件

イラスト:たかはしみき

子どもの目線に合わせる

  • ママ友は子どもに注意するときや慰めるとき、必ずしゃがんで子どもの目線に合わせて話をする。それは下の子が生まれて抱っこをしていてしゃがむ体勢が辛くなっても変わっていない。自分はつい楽をして大人からの目線で話を進めてしまいがちなので、見習わなければといつもハッとさせられる(10969、32歳)
  • 叱るとき、ちゃんとしゃがんで目線を同じ高さにしていて素晴らしいと思った(たらちゃん、45歳)
  • 頭ごなしに怒鳴ったり、叩いたりはせず、目を見て叱るのを意識しているママ友。理由もすごくわかりやすくて、なにが悪かったのかを子どもに答えさせる。本当に理想的だなと感心した(あやちゃん1935、27歳)
きちんと叱れるママってステキ!
  • 普段はやさしいが、ビシッと言うときは言うママ友Aさん。息子さん(4歳)が友達と喧嘩になり相手を押してしまったとき、Aさんは「押したらダメでしょ! 謝んなさい!」と一喝。「だって○○って言ってきたもん…」と言い訳をする子どもに、「言われたって手を出したらダメなの!」と叱り、押してしまった友達に一緒に謝って帰っていった。今どき我が子を叱れないママが多いのに、すごいなーと感心した(ぴっころりん、40歳)
  • 友達のおもちゃを奪おうとした息子くんに対して「ダメ!」と叱るだけではなく、自分がされたらどんな気持ち?などゆっくりとわかりやすくみんなの前で諭すママ友。そこにいた子ども達みんなにも響いたようで、親からの好感度も大(たか、43歳)
  • 児童館などで、他の子どもにもしっかりと叱ったりするなどの対応ができるママさん。素晴らしい!(葉月、40歳)
楽しませ方が上手!
  • 明るくて元気な元保育士のママ友は子どもに対するリアクションや楽しませようとする話し方がとても上手。私もマネしようと頑張るが到底及ばない…。そのママ友が息子に構ってくれると大喜びし、キャッキャと楽しそうにする(ぺこ、37歳)
  • いとこの家に行ったとき、部屋中に「よくがんばりました!」と書いた紙とシールが置いてあった。トイレにも貼ってあったのでよく見てみたら、「トイレよくできました!」とかわいいイラストが描かれた紙があり、子どもが上手にトイレができたらシールを貼れるようになっていた。トイレにこんなかわいいイラストとシールがあったら子どもはトイレ行くの楽しみだろうなーと思った。見習いたい気持ちになった(りーり、36歳)
  • 朝、保育園での支度がなかなか進まず「早く」と子どもをせかしてしまう私。しかしママ友は、「どっちがはやいかな〜♪」と歌ったり、「じゃあ10数えるからね! 1〜2〜…」と数えたりと毎回楽しい雰囲気で声をかけている。子どもは遊び感覚でしかも素早く動いていて、見習いたいと思った(ママママ、31歳)
子どもの自主性を尊重する
  • 子どもがやる前から「ダメだよ」とつい言ってしまう私…。ママ友はものすごい大怪我しそうなこと以外は止めないので、不思議に思って聞いてみたら、「失敗してわかるもんだから」とさらり。すごいなーと思った瞬間だった(ちょこ、34歳)
  • うんていや鉄棒、ジャングルジムなどうちの子がすぐに「できないー」というので、私もすぐ手を出して手伝ってしまったり諦めさせてしまう。でも、ママ友はできるように励まして、ここはこうしたら?と的確にアドバイスをするなど、ちょっと危険かなと思うことにも挑戦させていた。子どももそのサポートのおかげで「できた!」と自信がつき、次にまた挑戦しようという気持ちになれたようだった(さんじのママ、36歳)
  • 幼稚園の友達で遊んでいたとき、道具が柵を越して水辺に…。思わず、私ともう1人のお母さんが柵を越えて取りに行こうとしたら、道具の持ち主のお母さんに止められた。「大人か柵を越えて行っては、子どもがマネします。上手く遊べなかった子どもたちに注意が足らなかったんですし、安全1番なので」とにっこりやさしく言われ、なるほど、これも教育!と目からウロコだった(びゅう、42歳)
むやみに怒らず冷静に諭す
  • ママ友が家に遊びに来たとき、子ども達が郵便屋さんごっこをし始め、「郵便屋でーす」といって物を投げてきた。ママ友が「○○ちゃん、郵便屋さんはどうやって荷物渡すかな? 郵便屋さんみたいに荷物渡してみて」とやさしく伝えたら、子ども達が本当の郵便屋さんを思い出しながら丁寧に物を扱いだしたので、さすがだなーと感心! 私だったらつい怒ってしまっていたかも。見習いたい(みー、33歳)
  • 子どもがおもちゃの取り合いをしていたときに、そのママが「これ、小さいお友達に譲ってあげようね」と言うと、その子はおとなしく譲っていた。「やめなさい!!」と一喝するのではなく、そういう言い方のほうがいいなと思った(ふな、36歳)
  • 子どもが間違ったことをしてたとき、怒鳴る、怒るのではなく、ひとまず自分のほうに呼んで、今自分がしたことが正しかったか?どこが間違ってたと思うか?を問い、答えさせる。そして間違ってたことと理由を認識させてから、謝るようにしていたこと(みーきんぐ、27歳)
褒めて子どもの能力を伸ばす
  • お友達になった双子ちゃんのママさんは、子どもの良いところを見つけるのが上手。うちの長女も「字が上手ね〜」と誉めてもらいご満悦。それがきっかけで字を書くのが好きになり、学校に行き始めたら賞をもらうまでになった。あのとき、気がついて誉めてくれたことに今でも感謝している。私には当たり前に見えたことも、特技になるほどだったなんて…それからは見習って少しでも誉めることにしている(あゆあま、43歳)
  • 「褒めて育てる」育児が理想。だけど褒め下手な私。娘のお友達のママはそれがとても上手で、「ココが素敵だねえ!」とか「ココがかわいくて、ママは好きだな!」というように、具体的に褒めていた。ただ「すごいね」と言うだけじゃなく、本当に感動して言ってる感じがして、見ているこっちまで嬉しくなってしまった!(あゆたか、43歳)
  • 子どもが幼稚園に行くのを嫌がって、毎日私にしがみつくのを先生がなんとか引き離してくれていることに正直うんざりしていたら、あるママ友が「○○ちゃん、頑張っているんやね!」と言ってくれてハッとした。他のママ友は「大変やね!」と親目線で同情的でしたが、そのママさんは子ども目線で子どもを褒めてくれたので、それからは子どもの立場になって物事を考えようと思った(ごんちゃん、42歳)
ナイスアイデア!
  • 下の子が生まれたときのことを考えて、第一子の時からおもちゃは第一子のものではなく家族皆のものと教える(まいくま、35歳)
  • 子どもがお店で騒いでしまったとき、私なら「うるさい!静かにしなさい!」と言ってしまうところを、「◯◯さん、皆さんの邪魔になるので静かにしてください」と冷静に叱ったママ友。常に我が子へも敬語で接しているママ友に、なぜそうするのかを尋ねると、「腹が立ったときでも冷静にいられるよ。親子共々イライラすることが減って、円満でいられるから」と。子どもも普段から敬語を耳にしていれば、自然と身につくと思うので見習うべきだと思った(まつぼっくり、37歳)
  • 子どもが年中のときからお小遣いを毎月10円渡しているママ友。貯金するなど自分でお金の管理をさせたり勉強をさせているので、すごく見習いたいと思った(ノンノン、40歳)
ぜひともマネしたい声掛け!
  • 子どもの意見をじっくり聞き、すべてを受け取ってから声掛けをしているママさん。素晴らしいと思った(eminy、34歳)
  • 年少のお子さんがお友達同士のケンカを見て近寄って来たとき、ちゃんと話を聞いてあげて、「そっか〜じゃあ“◯◯ちゃんが一緒に謝ってあげるから一緒に謝りにいこう”って言ってあげたら?」とアドバイスをしてあげていた。私にはない発想の声掛け! 素敵だなと思った(さやえんどう、33歳)
  • 帰ろうと行っても帰ろうとしない子どもに対して、「よーし、じゃあ○○まで競争だ!」と自分の子だけではなく、うちの子も一緒に声を掛けてくれ、うまく帰れるようにしてくれるママ友。さらに、うちの子も一緒に「よく頑張った!」と言ってハグしてくれる姿に、とてもおおらかだけど子ども達と楽しみながら子育てをされているなーと思った(みそしる副大臣、41歳)

次回のテーマ

商品券2000円分を3人に!

ママ友を「神っ!」と思ったエピソードを大募集!

あなたは「ママ友」という言葉にどんな印象がありますか。面倒な人間関係を想像する人もいるかもしれませんが、実際には同じ年代の子どもを育てている中で、助け合ったり救われたりすることも多いのでは。
そこで今回は、ママ友を「神っ!」と思ったエピソードを大募集!

・遠方の実家の母が急病。帰省をしなくてはならなくなった次の日が息子が楽しみにしていた園のお誕生日会でした。それを知った園のママ友がすぐに「私に任せて!」と。息子を2日間お泊まりで預かってくれて、お弁当や送迎も含めてすべてケアしてくれました。感謝と感動で後光が差して見えました(笑)

など、そのときの状況や気持ちを教えてね。

当選の発表は、賞品の発送をもって代えます。

応募は終了しました

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。