ママライフ

HKT48 指原莉乃「私の意志を尊重してくれる両親に そろそろ親孝行がしたいな」

あんふぁんママインタビュー

あんふぁんママインタビュー/HKT48 指原莉乃
ヘアメイク/天野優紀 スタイリスト/梶原浩敬(Stie-lo)

私の意志を尊重してくれる両親に
そろそろ親孝行がしたいな

HKT48 指原莉乃

国民的アイドルグループのメンバーとして活躍し、場の雰囲気を明るくする飾らないキャラクターが人気の指原莉乃さん。
そのマルチな才能を見いだされHKT48の劇場支配人に抜てきされるなど、目が離せない存在の指原さんに会いに行ってきました!

幼少期は大分の神童!?目立つのも好きでした

―――子どものころは、どんな女の子でしたか?

 小中学生のときは暗かったんですけど、幼稚園時代は目立つのが好きな、明るくて活発な子でしたね。ピアノが得意で、地元の大分では「神童」と言われるほどだったんですよ! 私、よく話を盛りがちなんですけど、これは本当です(笑)!
 でも、母が気合いを入れて立派なピアノを買ってくれて、毎日「練習しなさい」って言われていたら、だんだん嫌になっちゃって。小学生になるときにはやめてしまったんです。今ではもう、片手で弾くのがやっと。だから、あんふぁんを読んでいるお母さんたちにはお願いしたいんです…あまりお子さんに厳しくし過ぎないでください!

―――それは気を付けないと…。
ピアノをやめたいと伝えたとき、お母さまは?

 無理にやりなさいとは言いませんでした。基本的に、私の気持ちを尊重してくれるんです。このお仕事をしたいと言ったときも受け入れてくれました。
 両親のそばにいるときはあまり考えなかったのですが、離れている時間が長くなってきて、「ちゃんと親孝行したいな」って、最近思い始めました。休みが取れたら、一緒に温泉旅行とかに行きたいです。

―――指原さんは、将来はどんなママになりたいですか?

 女の子を産んで、かわいい洋服を着せたい! おそろいの服を着たりとか…いいですよね。だから、自分もきれいなママでいたいですね。

子どもたちに好かれたいんです!

―――今後挑戦したいことは?

 やらせていただけることは何でも! でも、あえて言うなら、子どもたちに好かれたいですね。私自身は子ども大好きなんですけど、なぜか子どもと動物に好かれないんです(笑)。

―――プライベートで挑戦してみたいことはありますか?

 料理を頑張りたいです。そろそろやらなきゃなって思っています。まずはお菓子から始めて、ゆくゆくは和食とか。今は恋愛禁止ですけど、将来的なことも考えて、男心をつかめる料理を…肉じゃがですかね(笑)。

―――今回声優のお仕事に挑戦してみて、いかがでしたか?

 なんと「14歳のメキシコ人の少女」の役だったんですよ。「指原さん、14歳です!」って何回も注意されて。頭では分かってるんですけど、そのころのことはすっかり忘れていて苦戦しました…。少しでも14歳の気持ちに近付くために、後輩の顔を思い浮かべたりしました。

―――(読者の聖愛ちゃんから)どうしたらAKB48に入れますか?

 大丈夫! 絶対入れるよ。いつも笑顔でいることが大切!…って、私もそれに気付いたのは最近なんだけど(笑)。だから、私も頑張らなくちゃね。

あんふぁんママインタビュー/HKT48 指原莉乃

町田恵さん[33歳]
聖愛(のえる)ちゃん[4歳]

昔からファンで、ライブもよく見に行っていました。指原さんは人柄の良さがにじみ出ていて、親近感を抱いていました。実際にお会いしたら思っていた以上に気さくで明るく、トークで場を盛り上げてくださって、とてもいい雰囲気でお話が聞けました。今まで以上に応援していきたいと思いました!娘の幼稚園でも指原さんは人気があるので、ぜひ子ども向けの番組などにも出てほしいです。

指原さんがゲスト声優で出演している「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜」は全国東宝系で公開中!父・ひろしがメキシコへの転勤を命じられ、引っ越しを決意した野原一家。カスカベのみんなと涙のお別れをし、たどり着いた町で待ち受けていたのは…。メキシコでのご近所さんで、いつもスマホばかり見ている「スマホちゃん」を指原さんが演じています!

あんふぁんママインタビュー/HKT48 指原莉乃

©U/F・S・A・A 2015

●PROFILE

指原莉乃(さしはらりの)さん

●1992年11月21日生まれ。大分県出身。アイドルグループHKT48、チームHメンバー。HKT48の劇場支配人も兼務している。2013年6月に行われたAKB48の32ndシングル選抜総選挙では1位を獲得し「恋するフォーチュンクッキー」でセンターを務める。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。