ママライフ

PR/栗田工業

身近な水の「ふしぎ」について楽しみながら学び、考えるイベント【ふしぎなふしぎな水の世界】体験レポート

水のナゾを解いてふしぎな水の世界を脱出しよう!

夏休みの2日間にわたり、栗田工業主催の水について楽しみながら学べるイベント『ふしぎなふしぎな水の世界』が日本科学未来館で開催されました。7月27日・28日の2日間で総来場者数約1400人(大人+子ども)となりました。

会場は、だれでも参加できる体感型ミッションクリアゲームがある展示エリアと、事前予約が必要な実験教室の2つのエリアに分かれていました。

展示エリアは、水のトリビアがひそむふしぎなお家になっていて、魔法の入り口をくぐると、あれれ!?身体が小さくなっちゃった!見渡すと大きなトイレに冷蔵庫、洗濯機。日常の生活の中には水に関するトリビアがたくさんあります。

「洗濯物が乾くと水はどこにいくの?」「お風呂の鏡が曇るのはどうして?」そんな日常の水に関するナゾを、ふしぎなお家を回りながら解いていくミッションゲーム。
お家の中は通常の2~3倍もの大きさのモノばかり。すべてがカラフルポップでフワフワ!見た目もかわいく、子どもと並ぶとさらに大きく見えます。

またエリア内には、ミニ実験コーナーもあり、1日数回クリタグループ社員による実験デモンストレーションが開催されました。

すべてのミッションをクリアした人には、熱中症対策にも嬉しい、水で濡らしてヒンヤリするオリジナルクールタオルまたは、「保存水 水野クリタのうまい水」が全員へプレゼントされました。

出口にはミッションをクリアしたお友達のメッセージがいっぱい!

チームのメンバーと協力しながら、水のふしぎな実験を体験しよう!

小学3年生から6年生を対象とした実験教室では、参加者が6人1組のグループにわかれ、水に関する45分間の科学実験を体験しました。

大盛況となった実験教室は、開催2週間前ですでに全枠満席に。

教室では子どもたちがかわいい白衣姿に変身して、研究員として参加し、7日27日は「ナゾトキpHz」をテーマに、参加者は水にかくされた暗号をときながら、水の性質、試験紙の使い方、なぜ試験をしなければならないのかを学ぶことができ、また7月28日は「水の正体は?」をテーマに、液体を混ぜることによる水の変化を観察しながら、水の種類や違いを実験を通してみんなで学んでいました。

キッザニア東京で期間限定「宇宙 水再生研究所」がオープン

8月26日(月)~9月1日(日)にはキッザニア東京でパビリオン「宇宙 水再生研究所」がオープンします。
宇宙と水に関する実験やクイズなどを実施。この機会に体験してみて。

期間限定「宇宙 水再生研究所」の詳細はコチラ

あんふぁんWebは子育てママを応援しています。