手作り・レシピ

おいしさプラス わが家の定番

鶏の照り焼き

定番のおかずメニューを、ちょっとした工夫でもっとおいしく!
今回は、甘辛さが食欲をそそる「鶏の照り焼き」です。
しょうゆをベースにした日本ならではの味付けをマスターしましょう。

材料(4人分)

  • 鶏もも肉 大2枚(600g)
  • A しょうゆ、酒、水各大さじ2

    みりん、砂糖各大さじ1

  • アスパラガス 1束(4本)
  • サラダ油 小さじ1

作り方

  1. 鶏もも肉はフォークで皮に数カ所穴をあけ、筋切りをして余分な脂肪を取り除く。アスパラガスは根元の硬い部分(1㎝程度)を切り落とし、下5㎝ほど皮をむいて長さを4等分に切る。Aを合わせてよく混ぜる。
  2. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、鶏肉の皮目を下にして並べ入れる。フライ返しなどで押し付けながら、あまり動かさず5分ほどじっくり焼き、裏返して2分焼く。
    空いた所にアスパラガスを入れ、転がしながらさらに2分焼く。
  3. 全面をキレイに焼くと焼き上がりがふっくら!

    押し付けながら焼くことで、皮全面がフライパンにくっついて香ばしく焼ける上、余分な油も抜けて身がふっくら仕上がります。キレイな焼き色を付けるには、あまり動かし過ぎないことがコツです。

  4. 火を止め、キッチンペーパーで余分な油を吸い取る。Aを回し入れ、中火にかける。Aを肉にかけながら、とろみがつくまで2~3分ほど煮からめる。少しおいて、肉汁が落ち着いてから、食べやすく切る。

とりわけレシピ

1歳半頃~とろっと食べやすいあんかけ卵とじ丼

①で、鶏もも肉の筋の少ない部分の皮を除いて2~3切れ分(60g)そぎ切りにし、②でアスパラガスと同時に加える。③でアルコールが飛ぶほど煮たら、アスパラガス2切れと切り分けた鶏肉を取り出して小さめの一口大に切り、小鍋にだし汁1/2カップ、同量の水で溶いた片栗粉小さじ1/2とともに加える。とろみがついたら、溶き卵1/2個を回し入れる。器に盛ったごはんにのせる。

レシピ・料理制作・スタイリング
髙山かづえさんあんふぁんサポーター

料理研究家。家庭でも作りやすいレシピを日々研究し、雑誌や広告のレシピ開発に携わる。著書に「作りおきスープの素」「作りおき野菜スープの素」(ともに文藝春秋)など。

関連記事

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。