手作り・レシピ

春のごちそう 鶏肉の八幡巻き定食

伝えたい和食 家族の輪食 今夜のわごはん

春のごちそう
鶏肉の八幡巻き定食

鶏肉を使い、ふっくらと焼き上げた八幡巻きで、ごちそう感がアップする華やかな定食が完成。季節を感じる食材・タケノコが春らしさを添えてくれます。

※材料の分量は、4人家族(大人2人・子ども2人)を想定しています。
子どもの大きさや食べる量で調整してください

春のごちそう 鶏肉の八幡巻き定食

[主菜]
鶏肉の八幡巻き

鶏もも肉 2枚
ニンジン 縦1/2本
インゲン 6本
だし汁 1/2カップ
酒 大さじ2
A みりん 大さじ2
  砂糖 大さじ1
  しょうゆ 大さじ2
  サラダ油 少々
塩・こしょう 適宜
サラダ油 少々

[作り方]

1. ニンジンは太さと長さをインゲンにそろえて細長く切り、インゲンと一緒に塩ゆでしておく。

2. 鶏もも肉は余分な脂を除き、厚い部分に切り込みを入れて厚みを均一にする。を並べて端から巻き、たこ糸で縛る。表面に塩・こしょうをすり込む。

3. フライパンを中火にかけてサラダ油を熱し、を入れて焼く。転がしながら全面に焼き色を付け、余分な脂をキッチンペーパーでふき取る。酒、だし汁を加え、ふたをして火を少し弱め、7〜8分蒸し焼きにする。

4. ふたを外してAを加え、煮汁にとろみが付くまで転がしながら煮絡める。

5. たこ糸を外し、食べやすい大きさに輪切りする。

[副菜1]
若竹煮

タケノコ 200g
生ワカメ 40g
A だし汁 1カップ
  酒 大さじ1
  みりん 大さじ1
  しょうゆ 大さじ1/2
  塩 小さじ1/2

[作り方]

1. タケノコ、生ワカメは食べやすい大きさに切る。

2. 鍋にタケノコ、Aを入れて中火にかける。沸いてきたら火を弱め、そのまま15分ほど煮る。ワカメを加えてひと煮立ちしたら火から下ろす。

[副菜2]
卯の花

※作りやすい分量
おから 250g
ニンジン 1/3本(50g)
シイタケ 3個(50g)
ゴボウ 100g
長ネギ 50g
A だし汁 2カップ
  酒 大さじ1
  みりん 大さじ1と1/2
  砂糖 大さじ1/2
  しょうゆ 大さじ1
  塩 小さじ1/2
ごま油 大さじ2

[作り方]

1. ニンジン、シイタケ、ゴボウ、長ネギは5㎜角に切る。

2. 鍋にごま油を熱し、を炒める。しんなりとしたらおからを加えて炒め合わせる。おからがぱらっとしてきたらAを加え、沸いてきたら火を弱める。煮汁が少なくなってきたら木べらでゆっくりと混ぜ、好みの固さになるまで煮詰める。

[汁物]
アサリとキャベツの味噌汁

アサリ 200g
キャベツ 2枚(100g)
水 2と1/2カップ
みそ 大さじ1と1/2

[作り方]

[下準備]アサリは海水程度の塩水に一晩漬けて、砂出ししておく。

1. 鍋に洗ったアサリと水を入れて火にかける。沸いてきたらあくをとり、食べやすい大きさに切ったキャベツを加えて煮る。

2. キャベツがしんなりとしたらみそを溶き入れ、沸騰直前で火から下ろす。

[主食] ご飯

八木佳奈さん

レシピ・料理制作・スタイリング
八木佳奈さん あんふぁんサポーター

フードスタイリスト。雑誌や書籍などでスタイリングや料理制作を手掛ける。共著「子どもといっしょにおもてなしと持ちよりレシピ&アイデア150」(朝日新聞出版)が発売中! 6歳と2歳の女の子のママ。

桃の花をイメージしてニンジンとインゲンを巻いた八幡巻きは、お祝い感がぐっと増すのでひな祭りのお祝いにもいいですよ。今が旬のタケノコは、ぜひ生のものを使いましょう。

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。