手作り・レシピ

旬のおいしさを包んだ サケのホイル焼き定食

伝えたい和食 家族の輪食 今夜のわごはん

旬のおいしさを包んだ
サケのホイル焼き定食

「ホイル焼き」はとってもシンプルな調理法だからこそ、旬の素材のおいしさを存分に楽しめます。ご飯のお供になるきんぴらやなめたけは、作り置きができて便利!

※材料の分量は、4人家族(大人2人・子ども2人)を想定しています。
子どもの大きさや食べる量で調整してください

旬のおいしさを包んだサケのホイル焼き定食

[主菜]
サケのホイル焼き

生ザケ 3切れ
玉ネギ 1/2個(100g)
ニンジン 1/3本(50g)
インゲン 8本
バター 15g
ポン酢しょうゆ 適宜

[作り方]

1. 生ザケは、両面に塩(分量外)をふって15分ほど置き、出てきた水気をキッチンペーパーでふき取る。玉ネギは薄切り、ニンジンは8㎜厚さに切り、花型で抜く。インゲンはあれば筋を取る

2. 鍋に湯を沸かし、ニンジン、インゲンをゆでる。インゲンは長さを3等分に切る。

3. アルミホイルを広げ、玉ネギ、生ザケをのせる。インゲン、ニンジンを盛り、バターをのせて包む。同様にあと3つ作る(子どものサケは半切れずつ)。トースターの受け皿に並べ、1000Wで15分ほど焼く。

4. 器に盛り、ポン酢しょうゆをかける。

[副菜1]
レンコンの塩きんぴら

レンコン 300g
A 酒 大さじ2
  みりん 大さじ1
  塩 小さじ1/2
  昆布茶 小さじ1/4
白炒りゴマ 大さじ1
ごま油 大さじ1

[作り方]

1. レンコンは皮をむき、5㎜厚さのいちょう切りにする。

2. フライパンを中火にかけてごま油を熱し、を炒める。フチが透明になってきたらAを加え、ふたをして弱火で3分煮る。ふたを取って煮汁がなくなるまで炒め煮にし、仕上げに白炒りゴマをふる。

[副菜2]
なめたけ

エノキ 200g
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 小さじ1
しょうゆ 大さじ2

[作り方]

1. エノキは石づきを取り、1.5㎝長さに切る。

2. 鍋に材料をすべて入れ、中火にかける。あくを取りながら、煮汁がほとんどなくなるまで5〜10分ほど煮る。

[汁物]
白菜と油揚げのみそ汁

白菜 2〜3枚(150g)
油揚げ 1枚
だし汁 2と1/2カップ
みそ 大さじ2

[作り方]

1. 白菜はざく切りに、油揚げは細切りにする。

2. 鍋にとだし汁を入れ、強火にかける。沸騰したら中火にし、白菜に火が通るまで5分ほど煮る。みそを溶き入れて、沸騰直前で火を止める。

[主食]ご飯

八木佳奈さん

レシピ・料理制作・スタイリング
八木佳奈さん あんふぁんサポーター

フードスタイリスト。雑誌や書籍などでスタイリングや料理制作を手掛ける。著書に「バムとケロのおいしい絵本」(文溪堂)、「毎日おいしい 幼稚園のおべんとう」(大泉書店)がある。6歳と2歳の女の子のママ。

ホイルのままでは子どもが食べづらそうな場合は、お皿に出して盛り付けてもいいですね。レンコンの塩きんぴらには、たたいた梅干しを加えてアレンジしてもおいしいです!

関連記事

関連記事

キーワード検索

公式キャラクター

公式キャラクター

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。