あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

ようちえんイベント

HOME > ようちえんイベント > Vol.133<大阪府>第二すみれ幼稚園 影絵たいけん

2018.07.13

Vol.133<大阪府>第二すみれ幼稚園 影絵たいけん

「不思議っておもしろい!」影絵の世界に夢中

 影絵劇団「かしの樹」による“影絵たいけん”を第二すみれ幼稚園(大阪府大阪市)で実施。遊戯室に106人の園児が集まりました。ワクワクドキドキ、始まる前から遊戯室は大盛り上がり!

 前半は、「シルエットファンタジー」。スクリーンの向こう側に現れたMr.マジックが、体を使って、さまざまな動物の影を作ります。その場でマネっこをする園児もチラホラ。

 Mr.マジックがスクリーンに映し出したモノを当てる「これ、なーに?」のコーナーでは、卵に見えていたモノが、映し方を変えるとバットに見えるなど、影の不思議さを体感しました。

 後半は、「はらぺこプンタ」の影絵劇を上演。いつもはらぺこのいたち・プンタが、食べ物を探して森や野原をウロウロしていると、鳥の卵を一つ見つけます。「動物の卵をたくさん集めて、ヒナをかえして食べよう」とプンタは思いつきます。鳥のほかにもワニやペンギンなど、いろいろな卵をかえしました。しかし、育てているうちに、愛着がわき、生まれた動物たちを食べず、結局プンタははらぺこのまま…。プンタのおなかが鳴るたびに、園児たちは大笑いしていました。

 初めて体験する影絵の世界に、園児たちは終始引き込まれていましたよ。

先生から

おはなしおじさんの話し方が、流れるようで聞きやすく、保育にも取り入れたいと思いました。

影絵で使っている人形を動かす難しさにビックリしました。

子どもたちの声

自分も影絵の体験をしたかった。

まだもっと見たかった!

たいけんしたこと

出演:影絵劇団かしの樹

プログラム:シルエットファンタジー“これなーに?”、“体験コーナー”、影絵劇“はらぺこプンタ”

ページトップ