あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

ようちえんイベント

HOME > ようちえんイベント > Vol.132<愛知県>第二富士幼稚園 影絵たいけん

2018.07.12

Vol.132<愛知県>第二富士幼稚園 影絵たいけん

「どうなってるの?」影って不思議だね!

 第二富士幼稚園(愛知県名古屋市)に、影絵劇団「かしの樹」による“影絵たいけん”を実施しました。280人の園児が、遊戯室に集合。先生の「影絵うれしい人?」の声に、「はーい!」と元気な声で答え、ワクワクしながら始まるのを待ちます。

 前半は、「シルエットファンタジー」。スクリーンに現れたMr.マジックが、手を使ってハトやヤカンなどの影を作ります。おはなしおじさんが、「こうやって作るんだよ」と影の作り方を説明すると、園児たちはすぐに把握し、手で同じように作って見せ合っていました。

 体験コーナーでは、園児や先生が、スクリーンの裏側に入り、影絵がどのように作られているか体験。ライトを当て、手の影が伸びたり、大きくなったりするたび、「すごい!」と声が上がります。

 後半は、アンデルセン童話「おやゆびひめ」の影絵劇を上演。色とりどりのシルエットに、引きこまれていきます。ヒキガエルに連れていかれたおやゆびひめをお魚たちが助けるシーンでは、歌を一緒に歌って応援します。ラストシーンで、おやゆびひめと王子様の結婚が決まると、「よかった」と拍手が。

 初めての“影絵たいけん”を笑顔いっぱいで楽しんでいました。思い出に残るステキな体験ができたね。

先生から

影絵の作り方を教えてもらい、ヤカンや白鳥など、さっそくマネをしていました。初めての体験を笑顔いっぱいの子どもたちとともに、私たちも楽しみました。

イベント終了後には、自分たちで考えてカブトムシやクワガタを手で作り、光を当ててみるなど、新たな遊びに発展させていく姿も見られました。

子どもたちの声

Mr.マジックさんと影に映ったものを当てっこするのが楽しかった。

「おやゆびひめ」がおもしろかった。おはなしおじさんが、おやゆびゆめと男の子の声を両方出しているのがおもしろかった。

たいけんしたこと

出演:影絵劇団かしの樹

プログラム:シルエットファンタジー“これなーに?”、“体験コーナー”、影絵劇“おやゆびひめ”

ページトップ