あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

ようちえんイベント

HOME > ようちえんイベント > Vol.126<愛知県>桃花台ひまわり幼稚園 影絵たいけん

2017.12.21

Vol.126<愛知県>桃花台ひまわり幼稚園 影絵たいけん

どうなってるの? 不思議な形の影にびっくり!

 今回、影絵劇団「かしの樹」が“影絵たいけん”を実施したのは、桃花台ひまわり幼稚園(愛知県小牧市)です。大きなスクリーンが用意された2階のホールに、140人の園児が集まりました。いつもとは少し違う部屋の様子に、ワクワクドキドキ。お話おじさんが登場し、影絵を見るときの注意事項を説明しはじめると、子どもたちはとても静かになって、真剣に聞いていました。

 前半は、ワークショップ形式の「シルエットファンタジー」。スクリーンの向こうに現れたMr.マジックが、「これ、な~に?」のクイズを出します。Mr.マジックが手を使って、やかんや白鳥などの影を作ると、その度に子どもたちは大きな拍手をして喜んでいました。怪獣が登場し、その影がスクリーンを横切ったり、2つになったりすると、ワーッと歓声が上がりました。普段見ることがない不思議な動きの影に驚いたのですね。

 次にお話おじさんが、「大魔術にかかってみたい人は?」と聞くと、ほとんどの園児が手を挙げました。おじさんが「ちょっぴり怖いかもしれないよ」と言っても、みんな元気に手を挙げ続けています。選ばれた男の子が先生と一緒にチャレンジ。スクリーンの向こうでいろいろな動作をしました。見ている子どもたちは、手が長く伸びたり、体がくるくる回ったり、空を飛んでいるような影に大興奮。「いいな~」「やりたいな~」の声が上がっていました。

 後半は、影絵のお話「おかあさんのたんじょうび」の上演です。主人公ダニーが、仲良しの動物たちと一緒に、お母さんへの誕生日のプレゼントを探すストーリー。お話おじさんの「一緒に歌ってくれるかな?」の問いかけに応えて、みんなは物語に登場する歌を熱心に練習。ダニーや動物のコミカルな動きに合わせて、楽しんで歌っていました。

 お話おじさんともすっかり仲良くなり、とても盛り上がった“影絵たいけん”。子どもたちは、影が作り出す、不思議で幻想的な世界を堪能しました。素敵な思い出になって、よかったですね。

先生から

本格的な影絵で驚きました。2人で演じているとは思えないほど、見事でした。

子どもたちがとても楽しそうで、良かったです。

子どもたちの声

いつもの部屋に大きなスクリーンがあって、びっくりした。

Mr.マジックの動きがとっても面白かった。もっと見たかった。

たいけんしたこと

出演:影絵劇団「かしの樹」

プログラム:影絵「シルエットファンタジー」「おかあさんのたんじょうび」

ページトップ