あんふぁんFirststepProjectは幼稚園での体験を通じ、子どもたちの健全な成長をサポートします。

ようちえんイベント

HOME > ようちえんイベント > Vol.100<東京都>サンシティ聖母幼稚園 音楽たいけん

2016.03.04

Vol.100<東京都>サンシティ聖母幼稚園 音楽たいけん

いろいろなものが楽器に変身!

 今回の音楽たいけんの会場は、東京都のサンシティ聖母幼稚園。普段から歌が大好きな子どもたちは、何が起きるのかワクワク顔で待っていました。
 「ターンさ~ん」と大きな声で呼びかけると、愉快な帽子をかぶったターンさんが登場。その姿を見るだけで、園児たちは大笑いです。人気アニメの主題歌を、間違いだらけの替え歌で歌い出し、会場はさらに大爆笑。笑いが落ち着いたところで、みんなで正しい歌詞で歌い直しました。

 続いて登場したのは、かわいい衣装のokapiさん。
ピカピカの楽器は「スティールパン」。初めて聞く、きれいで不思議な音色に驚く子どもたちでしたが、知っている歌が始まると、自然に歌いだしていました。木の実や笛などを使って、季節のイメージを音で表現する“たいけん”も、聞き逃さないように耳を澄ませていましたよ。

 手拍子や、ほっぺ、おなか、お尻、足などをたたいてリズムを取る、リズム遊びも楽しみました。段ボール箱やゴミ箱、机など、身のまわりにあるものが太鼓に変身。
 リズムを取ると、みんな盛り上がって、踊りだしちゃうお友達も。
 新聞で音を出す遊びは発見の連続。たたいてバンバン、破いてビリビリ…いろいろな音が出せることを発見しました。

 最後は、みんなが大好きな、となりのトトロのテーマ曲「さんぽ」を歌いながら、ホールを大行進。体を使ってリズムを取り、音楽を表現することに、喜びを感じた子どもたち。楽しいたいけんのひとときとなりました。

先生から

身近なものが楽器になる発見ができて、子どもたちにとっていい機会となりました。これから、いろいろなものをたたかれそうです(笑)。

子どもだけでなく大人も楽しめる内容。普段と違う先生のノリノリの姿も見られました。想像以上の“参加型”イベントで大満足です。

子どもたちの声

音を出したり、お歌を歌うのが楽しかった。

新聞紙で音を出すのがおもしろかった。

間違いの歌でいっぱい笑ったよ。

お尻を振って踊るターンさんがおかしかった。

たいけんしたこと

音楽(パーカッション)

出演:ターン(サーカス・叶高さん)、Okapi(岡真樹子さん)

プログラム:スティールパンによる「アンダー・ザ・シー」「童謡メドレー」、体を使ったリズム遊びなど

ページトップ